SBIネット銀行 家賃自動振り込みサービスの終了日を設定して感極まった話

スポンサーリンク

大学生の長男の家賃は、銀行口座から大家さんが指定する口座へ自動振り込みをしています。
今まで自動振り込みをした回数は、40回となりました。
DSC00044.jpg
そろそろ振込終了日を設定したいと思います。
今まで終了日は「未定」としていましたが、いよいよ終了日のゴールがみえてきました。


【家賃振込手数料】
4年前、関東の大学へ進学した長男は、アパートで一人暮らしを始めました。
家賃は、大家さんが指定する口座へ毎月振り込まなければなりません。
最初は、長男へ家賃の振込をさせようと思いました。
そのほうが、お金のありがたみもわかるし、自分でお金の管理もできるいい機会だと思ったからです。
しかし、大家さんが指定する銀行口座は、都会のハイカラチックな銀行で、長男が住む近くにはその銀行はもちろん、ATMすらありません。
当然、他の銀行から振り込むとなれば、他行振込手数料がかかります。
電車で一駅隣の駅前には、その銀行があるのですが、わざわざ電車賃をかけて振込に行くのは無駄だなぁ。
その前に、長男が毎月忘れずに家賃を振込をするか、不安だなぁ。
どうせ振込手数料がかかるのなら、私がこちらから振り込んでも同じだよなぁ・・・。
そんな理由で、長男のアパートの家賃は私が振り込むことにしたのですが、最初に振り込んでみて、その手数料の高さに驚きました。
他行振込手数料 420円!
高っ!
いえね、1回なら目をつぶりますよ。
しかし、これから大学4年間で毎月毎月、他行振込手数料が発生するなら、いったいいくらになるの!?
420円×12か月×4年=20,160円
これぞ無駄!
振込手数料は、必要経費ではなく、無駄なもの。
友人から、住信SBIネット銀行なら、他行振込手数料が月に3回まで無料だと聞き、即座に口座開設しました。
【住信SBIネット銀行】
早いものです。
あれからもう4年近くが経つなんて。
長男が大学1年生の5月から、住信SBIネット銀行で家賃は振り込んでいますので、これまで振り込んだ回数は、40回となりました。
420円×40回=16,800円
住信SBIネット銀行の存在を知らなければ、私は16,800円ものお金を無駄に払っていたんでしょうね。
劇団四季S席の会員価格で2回も観れるわ!
・・・と、劇団四季のチケット代換算すると、がぜん、鼻息が荒く奮い立ちます。
【SBIネット銀行で得したこと】
■他行振込手数料が月3回まで無料
他のネット銀行では、口座入金額によって、手数料無料回数が異なったりしますが、SBIネット銀行は口座開設するだけで他行振込手数料が月3回は無料となります。
現在は、長男の家賃と次男の家賃の振込に利用しています。
残り1回は、急きょ何かに使う時のために残しています。
■定額自動振り込みサービス
振込口座、振込日、振込金額を指定すると、定期的に自動で振り込んでくれます。
振込を忘れるということがなく、家賃を滞納することもありません。
■口座引き出し限度額
先日、SBIネット銀行口座から、長男と次男の大学の授業料を引き出しました。
それぞれの授業料が引き落とされる口座に入金するためです。
授業料後期分 267,900円×2人分=535,800円
ふつう、銀行の1回の引き出し限度額は、最初50万円と設定されています。
50万円以上引き出すためには、限度額を変更しなければならないのですが、SBIネット銀行はHPで簡単に変更できるので助かりました。
ゆうちょ銀行は、わざわざ窓口に出向かなければ、限度額の変更はできません。
限度額50万円となっているのは、口座から不正にお金が引き出されないようにするための最小金額を設定しているわけですが、SBIネット銀行から授業料を引き出したあとは、自宅に戻って限度額を再び50万円に戻しておきました。
これも自宅のPCで簡単に変更できるので助かります。
【定額自動振り込みサービス終了の時】
長男の家賃を自動振り込みにして、毎月月末に大家さんの口座へ振り込んでいましたが、終了日は「未定」にしていました。
4年前の大学入学時には、このアパートに4年間住むのかどうかもわかりませんでしたし、大学だって順調に進級、卒業できるかどうかもわかりませんでしたから。
まさに未定だったわけです。
このたび、自動振り込みの終了日を、「2016年3月」と設定しました。
就職も内定し、授業の単位もほぼ取り終えていて、あとは研究と卒論のみとなった長男。
いよいよ、アパートを出る時が見えてきました。
4年前の春、見知らぬ街にやってきて、家族みんなで引っ越し作業をしたのが、ついこの間のことのよう。
このアパートで、この街で、長男がこれからお世話になるんだなぁ・・・と思ったら、アパート周辺の景色がすべて愛しく目に映ったものです。
6畳一間の狭いアパートだったけれど、きっと長男にとっては、かけがえのない思い出がギュッと詰まっていることでしょう。
そして私も、長男のアパートを訪ねたさいに、ついでに観た劇団四季に、まさかここまでハマるとは、あの時夢にも思いませんでした。
私にとっても、長男のアパートは劇団四季を観る拠点となった思い出の場所。
今はもう、感謝しかありません。
来月、また長男のアパートへお世話になります。
4年間の感謝の気持ちを込めて、アパートをきれいに掃除してこようと思っています。
もちろん重曹持参です。
ああ・・・。
なんか泣きそう・・・。
SBIネット銀行の自動振り込みサービスの終了日を設定しただけで、涙が出そうになるなんて・・・。
年々、涙腺はもろくなっていくものですね・・・。

タイトルとURLをコピーしました