大学生2人に高校生1人で教育費のピーク!今年1年でかかるお金と節約の基本

スポンサーリンク

子どもが大学生になると、教育費はピークを迎えます。
増して我が家は大学生が2人に高校生1人。
DSC08763.jpg
今年度1年間でかかる教育費のまとめ。
支出を把握すると、節約効果抜群です。


【教育費のピーク】
子どもが大学生になると、一気にまとまったお金が飛んでいきます。
高校生までは、毎月の収入の中でやりくりできていたのに、大学生ともなればそうはいかない。
大学の授業料はたいてい前期後期の年に2回の納付。それが数十万円単位なのですから、せめて授業料だけでもまとまったお金は貯めておきたいところです。
今年度は、我が家の家計で最大の教育費ピークであります。
大学4年生、大学1年生、そして高校1年生。そんな子どもたちにかかる今年度のお金をまとめてみました。
年間教育費
今年1年で400万円!
ええ、ええ。想定内ですとも。
とにかく多額のお金が飛んでいくことはわかっていました。
が、こうして数字に出してみると、あらためて教育費にかかるお金の多さに震えるばかりなり・・・。
長男、次男とも学校諸経費とは、授業料です。
長女は、授業料はかかりませんが、学校に納める諸経費が月に1万円ほど。年間12万円の概算です。
生活費とは、一人暮らしをする長男と次男の家賃+生活費。
毎月仕送りをしています。
長女の場合は、塾代、部費、おこづかいなどで月に18,000円。年間216,000円。
その他の支出は、長男次男ともにスマホ代、大学学生共済掛金など。
長女は予備費として月2,000円積立しているもの。
あくまでも概算なので、実際にはもっと細々とした出費があると思われます。
つまり、我が家は今年1年で400万円以上がぶっ飛んでいくことが、よーくわかりました。
【支出の把握は節約の基本】
長男が大学生になってから、その出費の多さに将来の不安を覚え、節約を意識するようになりました。
ブログを書くという手段も、節約の継続につながっているのですが、自分なりに節約とはなんなのかが見えてきたように思います。
節約を始めたころは、とにかく切り詰めることだけを意識していましたが、間もなくそうではないということに気づきました。
生活の無駄を省くこと。
まずはここから見直しました。
食費や生活費の無駄は、買い物回数を減らす、買った食材は最後まで使い切る、ネットでまとめて注文し不要なものは買わないなどで、比較的すぐに成果が現れました。
イオンの株を買って買い物をイオン一点集中買いにしたことも大きかったです。
携帯電話の固定費も見直し、格安スマホへ乗り換えたことで、通信費は半分に減らすことができました。
子どもが離れて暮らすようになったことで、銀行の振込み手数料の無駄を省くため、ネット銀行の口座も開設しました。
車の税金や車検代、生命保険代など出ていくことがわかっているものは、毎月積立をすることにより、毎月の支出が平均的になり精神的なストレスがありません。
出ていくお金がわかっているから、毎月使えるお金もわかり、無駄な出費がなくなるのです。
節約の第一歩は、家計の支出を把握することなんだと、最近思うようになりました。
家計の支出を把握するためには、私にとっては家計簿は必要不可欠なものですが、家計簿をつけてなくても、年間のおおまかな支出を概算すると、決して無駄なお金は出してなるものか!という気持ちが高まります。
節約の基本は、お金を使わないことでもケチることでもなく、自分の家計の支出を把握すること。
ここがスタートなんじゃないかな・・・と思ってます。
今年1年、確実に400万円以上の支出があるということを頭において、さらには老後を見据えた家計を築いていくことが目標です。
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

タイトルとURLをコピーしました