レタスの保存 つまようじを刺すだけで驚くほどの長持ち!理由が知りたい

スポンサーリンク

びっくりしたなー、もう。
こんなレタスの保存方法があったなんて!
DSC08709.jpg
今までいろんな方法を試してきたけれど、これは最強な保存方法なんじゃないかしら。
レタスとつまようじ。
これで決まりです。


【レタスの保存方法】
■レタスの芯をくりぬいて濡らしたキッチンペーパーを詰める
レタスは芯から傷んでくるので、その芯をまるごと除去し、レタスの葉っぱに水分を補うという目的で濡らしたキッチンペーパーをつめておく・・・ってことらしいのですが。
私はダメでした。
濡らしたキッチンペーパーは毎日取り換えたほうが衛生的なんでしょうけど、これがめんどうだった。
そして、芯をくりぬいた部分の葉っぱから、どんどん茶色に変色していき、思ったほど長持ちしませんでした。
ふつうにレタスをまるごと冷蔵庫保存しているほうが、まだよかったような気もしました。
■レタスの芯に濡らした小麦粉をぬる
芯から失われる水分を小麦粉でフタをする・・・ってことらしいです。
ドイツでは一般的な保存方法なんだとか?
これもダメでした。
まず、小麦粉をわざわざ水でといてぬるという方法が、めんどうだった。(なんでもめんどうって・・・すみません)
芯の部分がぬるぬるとしていて、あまり好きな状態ではなかった。
そして、やはり思ったほど長持ちしなかった。
以上、2つの方法を試してみたことがあります。
私のやり方が悪かったのかもしれません。
が、レタスをまるごとビニール袋に入れて保存する方法と比べて、日持ちには大差がなかったので、やめてしまいました。
もっとも、家族が4人も5人もいた当時は、レタス1個もすぐに使い切ってしまいましたし、多少茶色く変色した部分はちぎってすてていましたし。
特に困るということもなかったので、レタスの保存についても深追いしていませんでした。
【レタスにつまようじ】
夫と娘との3人家族になってから、レタス丸ごと1個も無駄なく使い切ることが難しくなってきました。
で、いろいろ調べてみたら、レタスにつまようじで驚くほどレタスが長持ちするという情報をみつけ、びっくり!
DSC08710.jpg
レタスの芯につまようじ3本刺すだけ。
あ、私は勢い余って4本も刺しましたけど。
Cpicon レタスの保存法 つま楊枝編 by まえっちの食卓
あとはビニール袋に入れて冷蔵庫で保存するだけ。
たったこれだけで、最長2週間も長持ちするらしいとは!!
まさに目から鱗!
DSC08750.jpg
↑つまようじを刺して3日後のレタス。
本当にみずみずしいまま!
何もせずにビニール袋で保存していたときは、3日めにはそろそろ葉っぱがくたっとなってくる頃です。
DSC08751.jpg
↑芯の部分は少し茶色になってきていますが、レタスの葉っぱはぜんぜん茶色にもなっていません。
なぜ、つまようじを刺すだけでレタスが長持ちするかというと・・・
「つまようじを刺した部分の穴から水分を吸って長持ちする」らしいのですが
うーん。
なんだかスッキリしません。
だったら、芯をくりぬいて水を含ませたキッチンペーパーを詰めるのだって同じ原理なのでは?
いや、葉っぱは芯から水分を補っているのだから、その芯自体がなくなってしまったら、キッチンペーパーから水分を補うのは難しいってことかな?
「レタスの芯にある”生長点”をつまようじを刺すことで破壊する」
そんな記載も目にしました。
私としては、こっちの理由のほうがしっくりきます。
成長点を壊してしまえば、レタスが成長するために必要な水分や栄養分を、これ以上芯から補う必要がなくなるので、レタスも老いない・・・そんなところでしょうか。
でも、レタスの成長点って・・・ナンダ?
ま、細かいことは気にしない。
レタスがどのくらい長持ちするか、楽しみです。
野菜を大切に丁寧に最後まで食べきる。
こんなことも節約に大切なことですよね。

我が家の1週間節約晩ごはん
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

タイトルとURLをコピーしました