全機種対応のスマホカバー 格安イオンスマホももちろんOK

スポンサーリンク

この春、イオンスマホカバーを新調しました。
春らしい、見ていて元気になれる花柄で、かわいいー!
お気に入りです。
DSC07859.jpg
イオンスマホなど格安スマホがだいぶ出回ってきたので、それに合わせてスマホカバーもいろいろ選べるようになりました。
でも、大手携帯3社のスマホに比べたら、まだまだ選択肢は少ないように思います。
そんな中で、娘のイオンスマホカバーは、本当に全機種対応の万能手帳型スマホカバーでありました。


【格安スマホカバー】
昨年、ガラケーからイオンスマホへ変更したとき、ちょっとばかり困ったことがありました。
それは・・・、スマホカバーがない!ということ。
全機種対応と書かれていても、実際には大手3社(au、docomo、softbank)がメイン。
イオンスマホに合う気に入ったスマホカバーを探すのに苦労しました。
私が使っているイオンスマホは、geaneeという機種ですが、これに合うスマホカバーがなかなか見つからない。
イオンでは、geanee専用のスマホカバーが売られていましたが、これがプラスチックケースのカバー。
液晶画面を覆えるような手帳型のスマホカバーが欲しかったので、最終的にはgeaneeの縦横厚さのサイズを計測し、大手3社から出ているスマホで最もサイズが近いものを選び、それに対応した手帳型スマホカバーを購入しました。
ちなみに、イオンスマホgeaneeと最も似たようなサイズだったのは、auのSOL23 Xperia Z1 という機種。
DSC05593.jpg
⇒イオン格安スマホでちょっと苦労した話
キルティング素材のやわらかな感じが好きだったのですが、使ってみるとキルティング素材って意外ともろい。
半年ほど使ったところで、外側のキルティングが剥がれてきていまいました。
DSC07864.jpg
【手帳型スマホカバーで丈夫なもの】
2代目となるスマホカバーは、表面がツルっとした素材のものを選びました。
なぜなら、1代目のキルティングカバーと同時期に買った夫のスマホカバーは、いまだになんらくたびれることなく丈夫で長持ち。

しょっちゅう手でさわる表面は摩擦によって劣化しやすいと思うので、表面も凹凸のないもののほうが長持ちするんだなぁ・・・ということがわかりました。
そして2代目はレザーの手帳型スマホケース。しかも花柄。

しかし、相変わらずイオンスマホgeanee専用ではなく、、auのSOL23 Xperia Z1 専用。
よって、カメラの穴が合いません。
↓ ↓ ↓
DSC07863.jpg
でも全然かまいません。
だって、スマホで写真は撮らないですから。
ところが、娘がスマホでやりたかったことは、いろんな写真を撮りたいことだったんですよね。
【格安スマホ対応のスマホカバー手帳型】
娘のスマホはイオンスマホidol2s。
娘が選んだスマホカバーは、写真も難なく撮れるタイプ。
DSC07899.jpg
*↑私のスマホカバーより地味
DSC07901.jpg
こんな風に手帳型になっています。
中にちょっとしたメモもはさめるようになっていて便利。
実は、この手帳型のスマホカバー、カメラの穴はあいていません。
DSC07902.jpg
スマホ本体に、特殊吸着パットを貼りつけて固定してます。
大丈夫なの?スマホが落っこちたりしないの?という心配もありましたが、全然平気。
ほんとに吸着パットはびくともしないので、スマホで写真を撮る場合は、パカッと手帳を開いて撮影すればOKなのです。

ただ、スマホ本体に吸着パットを直接くっつけるのはちょっと抵抗があったので、イオンからidol2s専用のプラスチックカバーを購入し、それをスマホに取り付けた上に吸着パットをつけています。
つまり、娘のスマホは二重のスマホカバーで守られているという状態。
これで、多少の衝撃には耐えられる・・・かも・・・。
これまで格安スマホというのは、韓国製だったり中国製だったりしましたが、今は日本製の機種もどんどん出てきています。
格安スマホカバーの選択肢がもっと増えたらいいなぁ・・・と思っています。

タイトルとURLをコピーしました