家族3人イオンスマホ 1か月の利用料金は3台合わせてもiphone1台分より安かった

スポンサーリンク

高校生の娘がスマホデビューして1か月。
現在3人家族の我が家は、これで全員イオンスマホ持ちとなりました。
DSC07777 (1)
来月から、娘のスマホ代金が引き落としされます。
私と夫とそして娘。3人のスマホ料金を合わせても、長男や次男が使っているiphone 1台分より安かったという事実。
そして、私がスマホに変えてから、わかったことについて。


【ガラケー生産終了】
2017年以降、国内メーカーがガラケーの生産を中止するというニュースが流れました。
あと2年もしたら、ガラケーは本当にガラパゴス諸島と化すのかなぁ・・・?
私の周りにもガラケーユーザーはたくさんいます。
そもそも私のように、ガラケーはメールが中心、電話はほとんどかけない、ネットはみないという使い方をしている人にとっては、スマホに変更する意味が見いだせない。
一生ガラケーでいいや・・・って思っていた私が、昨年サクッとスマホに乗り換えたのは、ガラケー利用料金よりも安く使えるということがわかったからでした。
それにしても、時代の流れというのには、もはや逆らえないんでしょうか。
薄型テレビが発売されても、うちはブラウン管で十分観れるからいらないよ!と思っていたところに、アナログ放送が終了し、いやおうなしにデジタル放送しか観れなくなったというパターンにも似ています。
で、実際にデジタル放送を観てみると、その画像のきれいさに驚愕し、アナログ放送の画質は二度と観る気がしない。
ガラケーで十分と思っていた私がスマホを使ってみると、その便利さに今後はガラケーに戻る気はさらさら無くなった・・・という状況と同じような気がします。
スマホはとても便利なツールです。
それがガラケーよりも安く使えるのだから、もう言うことないです、はい。
まだまだ大手携帯会社のスマホは、びっくりするほど月額利用料金が高い。
もっともっと格安スマホが出回って、自分が使う機能を選択することができるプランが拡大し、サービスが充実してくれればいいのになぁ・・・と願うばかりです。
【我が家のイオンスマホ月額利用料金】
私と夫は、イオンスマホgeaneeを使っていますが、娘の端末はidol2s。
私の端末よりも月額利用料金が少しばかり高くなります。
イオンスマホデビューした娘も、まったく問題なくスマホを利用しています。
大手携帯会社のスマホを持つ友人と比べたら、バッテリーの減りは早いようですが、学校では電源は切って放課後しかスマホは使えない状況なので、これも問題ありません。
通信量も月に5Gまで使えるので、動画をみても問題なし。
もっとも、外出先で動画をみるようなことはないですし、家に帰ればWi-Fi接続できるので、これも問題なし。
我が家の来月のスマホ利用料金請求額です。
3人スマホ代
夫のスマホ代が高いのは、楽天でんわアプリもBIGLOBEでんわアプリも経由せずに、フツーに電話発信したためだと思われます。
今後はBIGLOBEでんわを使っていくので、通話料金も半額になるかと思います。
そして3人合わせてのスマホ代は、5,340円。
長男と次男の2台分のiphone請求額が、今月は13,912円だったので、1台あたり7,000円弱。
3人でスマホを使っても、iphoneの利用料金よりも安いなんて、その名の通り格安スマホでありました。
嗚呼・・・。
長男が高校生になるころに、格安スマホの時代だったら年間いくら得したかしら・・・。
【イオンスマホプラン拡大】
イオンスマホの料金プランの選択肢が広がりました。
私がgeaneeを買ったときは、通信量は1Gと決まっていましたが、今は1G、6G、12Gの中から選べます。
私はスマホで動画は見ないので・・・、と言うとなんだか颯爽としていてカッコよく聞こえますが(えっ?ちがう?)、スマホの小さな画面でわざわざ動画を見る気になれない・・・、いや、ちがうな。
スマホの小さな画面で動画をみると、目が疲れるのです。
ええ、ええ。更年期ですからね。←ほっとけ。
スマホはラインとメールと1日数ページのネット閲覧程度。
こんな使い方をしていると、1か月の通信量は1Gの半分程度で済んでしまいます。
自宅にWi-Fi環境があるので、家にいるときは通信量がかかりませんし。
DSC07861.jpg
日常的には1Gの通信量で十分なのですが、たまーに旅行など遠出をしたときには、いろいろネットで調べたりすることも多く、こうなると1Gではちょっと不足かなぁ・・・と感じることもあります。
が、しかし、そんなにそんなに旅行しているわけではないですし、東京などの都会では無料Wi-Fiスポットがたくさんあって、よくつながるので、問題ないかなぁ・・・。
数か月に1度くらいの遠出ならば、娘のイオンスマホのidol2sは通信量が5Gもあるので、ちょっとシェアしてほしいわ・・・と思っていたら、なんとまぁ、願ったり叶ったりで、通信容量を家族でシェアできる「シェアSIMカード追加オプション」のサービスも始まりました。
これは新規でイオンスマホを買ったユーザー向けなので、私の場合は対象ではないのですが、どんどんサービス内容はグレードアップしているんですね。
【40代からのスマホデビュー】
スマホなんて使いこなせないわぁ・・・と思っていた私ですが、使ってみたらまったく問題なし。
いや、ラインとネット閲覧とたまーに電話・・・という機能しか使っていないのだから、使いこなすもなにもないのですけどね・・・。
DSC07875 (1)
スマホになってよかったと思う点は、通信量が基本料金の中に含まれるので、何通メールを送受信しても何回ラインでやりとりしても、加算される料金が発生しないということ。
ガラケーでは、最低の料金プランにしていてパケ放題は利用していなかったので、メールの送受信をすればするほど、料金が高くなっていました。特に写真などの画像を送受信すると、けっこうな料金になります。
ガラケーだった時の月々の利用料金は、3,000円。子どものスポ少で連絡係をしていたときには、メール一斉送信をすることが多々ありましたので、4,000円以上になった月もあります。
イオンスマホには無料通話分はありませんので、電話をかけた分だけが加算されます。
しかし、もともとガラケーでも電話をすることがあまりなかったので、スマホになってもほとんど基本料金で済んでいます。
相手もスマホでラインをしているのであれば、ライン電話は無料で使えるので、先日は長々と1時間近く、友人とライン電話で話をしてしまいました。
安く使えて便利な格安スマホですが、短所を上げるならば基本的に設定は自分でやらなければならないってこと。
大手携帯会社でガラケーを買っていたときは、設定から何から何まで、担当の方へ丸投げしていましたからね。
しかし、自分でやらなければならないゆえに、自分でいろいろ調べて試行錯誤をしているうちに、今まで知らなかった(知ろうとしなかった)携帯電話のいろんなことがよく見えてくるようになりました。
これはこれで、私にとっては収穫でした。
40代でスマホデビューした私は、おそらく50代、60代、70代とスマホを使っていくのですよね。
大手携帯会社のスマホ料金は、いまや月に8,000円!?
8,000円×12か月×30年=280万円!!
私のスマホの料金は月に1,500円。
1,500円×12か月×30年=54万円
その差額220万円以上!
220万は老後の費用にまわせるってことですよね。
こんな考え方ができるようになったのも、大きな収穫でした。
格安スマホもかなり広がり、いろいろな方たちがネットで情報を提供しているので、本当に助かります。
私も、自分が使ってみてわかった情報は、ブログにアップしていきたいと思っています。

タイトルとURLをコピーしました