部活は入らないって言ってたのに・・・高校生 部活費用で予算組み直し

スポンサーリンク

おかしいな・・・。
「高校では吹奏楽部は絶対に入らない」って言っていたのに、フタを開けてみれば入部していた娘。
DSC08135.jpg
高校での部活費用は予算に含めていませんでしたので、教育費として再度予算を組みなおさなければなりません。


【部活賛成派な理由】
私は部活は大賛成です。
長男も次男も高校ではサッカー部に入っていました。
部活をやって勉強もして、最初は体がついていかず、朝死んだような目で学校へ行っていた息子たちの姿を今でも思い出します。
勉強と部活をやるのは大変だったと思いますが、卒業式の日に校門で一緒に喜びあっていたのは、やっぱり部活仲間。
そんな長男と次男をみてきたので、部活っていいなぁ・・・と思うのです。
同じ目標に向かって練習してきた仲間とは、時にはぶつかり合い、時には思いやり、多くの時間を共有するからこそ生まれる連帯感。
試合に勝ったときは肩を抱き合って喜びあい、負けたときはお互い無言で涙する。
そんな、生涯忘れられない思い出を持って、高校を卒業していきます。
やっぱり部活のつながりってとっても強いし、とってもいい!
そんな部活大賛成の私。
実は、高校時代は部活には入っておらず帰宅部でした。
中学では「バレーボール部に入りたい」と言ったら、母から
「あんたみたいなチビは無理。あんな厳しい練習についていけるわけがない」と頭ごなしに反対され泣く泣くあきらめ、演劇部に入りました。
高校に入って「演劇部に入りたい」と言ったら、母から
「あんたは将来役者になるのか?演劇部に入ってどうするの!」と、これまた大反対され、結局入りたい部活を見つけられないまま帰宅部へ。
高校時代、何をしましたか?と聞かれたら、私には答えることができません。
ただ学校と家との往復。しかし、時間があるからといって勉強を一生懸命がんばったわけでもない。
淡々と過ごした高校生活の思い出は、寂しいかな・・・なんにもないのです。
私って、母にはさからえない子どもだったなぁ。
母がダメといったものには、強引に自分の意見を押し通すってことができなかったなぁ。
自分の子どものころのことがリンクするので、ことさらわが子には自分の好きなことをやってほしい、どんなときでも全面的に応援するから・・・そんな気持ちが強いのでしょうね。
もちろん部活も大賛成、いやむしろ絶対に入ってほしいのです。
【高校の部活にかかる費用】
「吹奏楽はぜーったいやらない」と言っていた娘が、どんな心境の変化があったのか、入学式の翌日には「吹奏楽部に入る」と言ってきました。
もちろん私は大賛成。娘が音楽が好きなことも楽器を演奏することも大好きなのはよくわかってますから。
これであなたは、高校生活で生涯大切な仲間と思い出を得ることができるのね・・・と、ちょっぴりうらやましく思ったり。
そういうことなら、教育費の予算も修正しなければなりません。
先月は、部活に入らないという前提で予算を組んでしまったので。
次男がサッカー部で3年間にかかった費用は、約25万円。
部費や遠征費のほかに、ユニフォームや練習着、スパイクなどなどかかりました。
その他、練習試合や大会では昼食や飲み物など細々とした出費もあります。
毎月1万円を部活費用として積み立てていました。
⇒高校サッカー部でかかったお金 25万円で得たものはなんだろう
さて、娘の吹奏楽部の部費は年間18,000円。
中学の吹奏楽部の部費が年間24,000円でしたから、以外と少ない。
公立高校は、文化後援会がしっかりしていて補助があるので助かります。
それでも数年前と比べて、後援会の予算もだいぶ減らされてきていると聞きました。
吹奏楽部は、サッカー部のようにユニフォームやスパイク代はかかりません。基本制服でいいのですから。
定期演奏会でおそろいのTシャツをそろえると言っていましたが、それも2~3,000円くらいでしょうか。
全県大会などバスで移動するような場合も、後援会の補助でまかなうようなことを言っておりました。
ということで、娘の部活予算は毎月5,000円を積み立てることに決定しました。
【まさかの楽器替え】
DSC08134.jpg
小学校からずっとクラリネットをやってきた娘。
高校生になったのでリードケースを買いました。
今までリードはプラスチックのケースに入れていたのですが、木製のしゃれたリード入れで、ちょっとだけ背伸びをしたい模様。
「高校でもクラリネットをがんばるよ!」と意気込む娘。
しかし、ここでまさかの展開が!
部活で新1年生たちが楽器決めをしたさいに、娘はオーボエをやることになったそうで。
「お母さん!お母さん!オーボエやるんだよ!すごいよ!まさかオーボエふけるなんて夢みたい!」
大喜びする娘。
オーボエ・・・?
どんな楽器だっけ?
どんな音色だっけ?
もしや、蛇使いのような音色のやつ?
吹奏楽に無知な母でごめんなさい。
そして、入学早々に買ったクラリネットのリードやリードケースはいったいどうするんだい?
「大丈夫!オーボエふけるようになるまでは、クラリネットも練習するから、リードも使うよ」と娘。
そーか。
そーなのか?
リードは決して無駄にはならないんだよね?娘よ。
毎日学校から帰ってきては、楽しそうに部活の話をする娘を、これから3年間全面的に応援していきます。
もちろん無駄のない節約生活は続行です。

タイトルとURLをコピーしました