狭いアパートでも満足できる収納棚はレイアウト自由なキューブボックス

スポンサーリンク

この春から次男の一人暮らしが始まりました。
DSC07985.jpg
大学に合格してから引っ越すまでわずか3週間で、バタバタと必要なものを買いそろえましたが、キューブボックスは買ってよかった収納棚でした。


【狭いアパートの収納棚】
長男のアパートには、L字型のカラーボックスを4つ置いています。
縦横自由に組み合わせて置けるので、狭いアパートの一室でもレイアウト自由で、これを買ってよかったと思いました。
さて、今回次男の引っ越しにあたり、L字型のカラーボックスをさがしたのですが、どこにも見当たらない。
テレビやパソコンを置くことができればいいのですが、長男の時に買ったような手頃な価格のL字型のカラーボックスがないのですよね。
いっそのことテレビボードを買ってしまおうかと思いましたが、テレビボードと名前のついたものって、それ以外の用途に使うのは融通がきかなさそう・・・。
学生の狭いアパートの一室に置く収納棚は
■部屋のサイズに合わせてレイアウト自由なもの
■いずれ引っ越すことを考えて持ち運びしやすいもの
■テレビ台として必要がなくなった場合は、その他の収納棚として活用できるもの
が理想的。
そんなときに見つけたのがキューブボックスでした。
【キューブボックス】
次男の部屋に買ったキューブボックスは全部で5つ。
縦横34.5cm、奥行29.5cmサイズのものなので、配送業者の方も持ち運び楽々。
ひとつのキューブボックスを組み立てるのに要した時間は約20分。高校生の娘でも組み立てることができました。

実は、アパートを下見したときに、テレビのアンテナ線の位置を確認し、キューブボックスは5つ横に並べて置くイメージをしていたのですが、引っ越しした当日部屋の中をみてびっくり!
部屋の真ん中にはFF式のストーブが備え付けられているのです。もちろん動かすことはできません。
あっれー?おかしいな(汗)。
下見のときにストーブのことも確認していたはずなのに、キューブボックスを5つ並べて置くという発想はどこから出てきたのでしょう。
アパートの下見のさいには、写真をきちんと撮ることも大切ですが、不覚にもストーブ周辺の写真だけは撮っておらず、イメージからすっぽりと抜け落ちていたようです。
でも大丈夫!
キューブボックスならば、こういう不測の事態にも柔軟に対応できます。(←ホント不測だわ)
DSC07987.jpg
ストーブを挟んで、片側に2つ、もう片側に3つのキューブボックスを配置しました。
耐荷重は5kgまでなので、薄型テレビを置いても大丈夫です。
キューブボックスは、オープンタイプ、棚つきタイプ、扉つきタイプと3つの種類から選ぶことができますが、値段は同じ。
だったら、オープンよりも棚つきか扉つきを選んだ方がいいですよね。
棚は必要なければつけなければいいのだし、扉もつけてもつけなくてもいいのだし。
あとで気が変わるということだってあるのだし。
【引っ越ししてから1週間後】
再度、次男のアパートを尋ねました。
この1週間で増えていたものは、大学生協で買ったパソコンとプリンター。
DSC08056.jpg
そして、次男はプリンターを置いている隣のキューブボックス2個を縦置きにしていました。
用途に合わせて縦置き、横置きにできるキューブボックスは、やっぱりいい!
しかし、いろんな配線がゴチャゴチャしていてアブナイので、これらをきれいにまとめてきたのですが、もうひとつ気づいたのですよね。
例えば、キューブボックスの中に配線があるような機器を置いた場合、後ろの板を外してしまえば、配線をキューブボックスの後ろから出すことができ、表側はすっきりするんですよね。
こんな融通がきくのも組立型のキューブボックスならでは・・・かな。
【おまけ・・・100均グッズ】
狭いキッチンなので、水切りカゴなんて置くスペースはありません。
DSC07989.jpg
シンクのサイズに合わせて長さを調節できるたためる水切は大変便利でした。
一人暮らし用の食器なら、水切り場所として十分ですし、狭い調理台の上もまな板をのせるスペースが少し広がって、重宝します。
これ、ホームセンターなどでは1,000円以上で売られていますが、なんと同じようなものが100均にもあるんですよ。
100均の水切で十分活用できます。
こんな風にサイズが自由に変えられるものって、やっぱり便利ですよね。
*「実写版 我が家の食費と晩ごはん」は、ブログを引っ越しいたしました。

⇒我が家の食費と1週間晩ごはん献立

タイトルとURLをコピーしました