大学生活にかかるお金 予想される生活費と仕送り額を決める

スポンサーリンク

次男はアパートで自炊をします。
料理の経験は?と聞かれたら、「ほぼありません」と答えるしかないのですが、それでももうすぐ次男の自炊生活がスタートします。
384b49e6b0303a214598985339e5cf36_s.jpg
大学生となり一人暮らしをする次男への仕送り額を決めました。


【大学生活にかかるお金】
一人暮らしをする大学生の一か月の支出額は、平均11万円7,930円。
全国大学生協連が2013年に行った調査結果のまとめです。
最も大きな支出は家賃。
次いで食費となりますが、家賃は住んでいる地域によって差がありますよね。
収入源は、親からの仕送りが約7万円。奨学金が2万円。アルバイト料が2万円など。
20年前は、親からの仕送りが10万円近くを占めていました。
バブル崩壊後の長引く不況の影響で、いまや2人に1人は奨学金を借りる時代。
サラリーマンの年収は減っているのに、大学の授業料はじわじわと上がっているのだから、しかたがないといえばしかたがないのでしょうね。
今年大学4年生となる長男は、現在関東地方で一人暮らしをしています。
長男への仕送り額は10万円。
無題
長男が大学へ入学するときに、話し合って決めた額です。
食費は1日1,000円×30日で3万円としました。
お昼は学食で500円くらい。
残り500円は朝食と夕食分です。
とはいえ、お米はこちらで送っていますので、実際はそんなにかからないと思います。
最近の大学生の食費の平均は23,000円くらいと聞きますので、長男もこんな感じかなぁ・・・と思っています。
が、時には友人たちとどこかでご飯を食べたりすることもあるでしょう。
そんなわけでざっくりと1日1,000円と決めました。
雑費は生活用品他。
その他の9,000円は、書籍代や学用品やいろいろ・・・って感じでしょうか。
自分の衣服や交友費は、アルバイトでまかないなさいと言っています。
入学した当初は、それまで貯めてきたお年玉や入学祝を使っていたようですが、その後バイトするようになり、月2万円~3万円くらいは収入があるようです。
他に、大学生協の共済掛金が1年で12,000円くらいなので、毎月1,000円を口座に積み立てています。
【一人暮らしの光熱費】
仕送り額を決めるさいに、一番悩んだのが光熱費でした。
住む地域により、水道料金もちがいますし、電気料金だってちがいます。
プロパンか都市ガスかでガス代もちがってきますしね。
長男の場合は、光熱費予算を1万円としました。
そして、昨年の長男の光熱費をみてみると・・・。
大学生光熱費2014
*クリックで拡大
お見事!1万円以内でおさまっています。
そうそう、アパートに入居してからさっそくNHKの方がみえて、受信料の口座引落しの手続きをしました。
NHK受信料を含めても、1万円以内です。
1~3月に電気代が高いのは、冬の暖房をエアコンでまかなっているからです。
それでも日当たりのいいアパートは、日中は暖房要らずで過ごせているようです。
関東は暖かくていいなぁ・・・って、秋田の私からみるとほんとにうらやましい。
ガス代もかかっていませんね。
長男が大学1年のころは3,000円くらいだったのですよ。
最初ははりきって自炊をがんばっていたんでしょうね(笑)。
今では、あまり自炊をしていないことがガス料金からわかります。
【次男の場合 光熱費予算】
次男は東北地方の大学へ進学します。
寒いところです。
よって、光熱費は長男よりもかかると予想されます。
次男のアパートは、FF式のガスストーブが備え付けられているので、冬は暖かく過ごせることはありがたいのですが、ガス代がどれほどかかるか不安なんですよねぇ。
お風呂のお湯もガスで沸かします。料理もガスです。
大家さんに、アパートに住んでいる方のガス代をきいたところ、夏は5,000円以下、冬は1万円くらいだと教えていただきました。
次男の場合、光熱費の予算は、夏は1万円、冬は1万5千円とみたほうがよさそうです。
しかたないですよねぇ、関東と東北では気温差もあるのだから、光熱費もかかります。
【次男への仕送り額】
次男仕送り額
次男の家賃は、長男よりも少し安いのですが、その分光熱費予算は多くなりましたので、結局仕送り額は長男と同じ10万円となりました。
「おれ、1日1,000円で食っていけるのかなぁ・・・」と不安がる次男。
引っ越しの日は、次男のアパートへお米とレトルト食品や冷凍食品をたくさん置いてこようと思います。
みんなみんな誰だって、「初めて」の時が必ずあります。
少しずつ慣れていってくれればいいと思います。
最初のうちは、学食で主な栄養源をとってくれればいいんだし。(←人任せ)
次男が「やっていけるのかなぁ・・・」という不安以上に、次男へ仕送り10万円、やっていけるのかなぁ・・・という私の不安のほうが大きいかもしれません。
長男へ10万円、次男へ10万円の仕送りは、毎月の収入から出すのは無理だとわかっていますので、この1年間は貯金を取り崩して仕送りしていきます。
絶対に奨学金を借りることなく、3人の子どもを社会人にするという強い目標があります。
親のスネは細くなるばかり・・・。
でも実際に私の足は全然細くならないのですけどねっ。
⇒奨学金が返せない!どうなるの?
【節約話余談】
「仕送り額から食費や光熱費をまかなうんだから、あなたが光熱費を節約すれば、それだけ食費やその他で使える金額が増えるんだよ」
と、次男へ説明しました。
今まで当たり前のようにみていたテレビ、何を気にすることなく使っていたシャワー、ダラダラと夜更かしして点けていた電気・・・。
人が生活するところでは、必ずお金がかかるのだという話もしました。
初めて一人暮らしをする次男へ、少しでも節約意識が芽生えるといいなぁという思いで。
後日、夫が次男に言いました。
「秋田でうつらない放送局が、そっち(次男の住むところ)にはあるから、Jリーグのサッカーの試合録画しておいてくれよ」
私、速攻言いました。
「あのねー、次男はテレビしかないの!録画機能なんてないんだから!」
すると次男。
「おれ、テレビ観ねーよ。電気代かかるからね」
嗚呼、次男よ。
テレビくらい観たっていいんだよ。そこまでキツキツに切り詰めなくたっていいんだよ。
お金の話で、ちょっと次男を脅しすぎたかなぁ・・・・と、反省いたしました。

タイトルとURLをコピーしました