2014年度我が家の食費平均52,000円 4月からは目標月4万円

スポンサーリンク

今月の家計簿を締めました。
2014年度の食費内訳がすべてそろいました。
DSC07953.jpg
来月から、我が家の食費は4万円となる予定です。


【食費内訳】
食費内訳2014
主食:米、パン類
副食:肉、魚、野菜、果物、他乾物類、加工品など、おかずとなるもの
調味料:一般的な調味料の他、お茶、紅茶、インスタントコーヒーもこの中に含めます。
     月に1度、ネットでまとめ買いをしています。
飲料:ジュース類
嗜好品:主にお菓子類
生協:実家の母との付き合いで頼んでいるもの
外食:家族で外食したもの。私が友人たちと食事をした分は、自分のおこづかいから出しています。
【今月の反省】
外食に1万円近く使いました。2014年度の中では最高額でした。
子どもの受験や卒業式などで出歩くことが多く、外食が増えました。
それでも、5万1千円台でおさまったので、まぁまぁ良しとします。
受験、卒業、新生活準備と、今月はめまぐるしく多忙であり、それでも極力夜は晩ごはんを作ったほうだと思います。
自分に甘くさせてください。
今月の反省・・・などと言いながら、実は反省はしていません。
だって、だって
忙しかったんだもん、本当に。
だからこれでいいのです。(開き直り)
【食費を節約する方法】
■買い物は週に2回
■調味料類はほぼトップバリュ商品、ネットで月に1度のまとめ買い
■イオンで集中買いをし、waonポイントを駆使する
私が今までやってきたことですが、その他にも冷蔵庫にあるものを最後まで使い切る・・・という意識も大切です。
晩ごはんを作るのがめんどうだな・・・と思う日でも、冷蔵庫の食材を使ってしまわないと、そろそろヤバいと思えるので、晩ごはんを作る原動力となっています。
また、家族で外食をしたら、1回で5,000円なんて簡単に出ていきますよね。
節約を意識するようになってからは、5,000円あったら5日分の晩ごはんが作れるのに・・・って、思うようになりました。
食費を節約する一番の方法は
自分の意識を変えることなのだということがよくわかりました。
【2015年度の食費予算】
4月以降、1か月の食費は4万円となる予定です。
長男が高校生で家にいたころは、我が家の食費は7~8万円でした。
長男が大学生になり家を出ると、4人家族となった我が家の食費は6万円台になりました。
その後、節約を意識するようになり、食費は5万円程度となりました。
なので、次男が家を出たら単純に1万円くらいは減るのかな・・・という理由で4万円。
夫、私、高校生の娘の3人家族になるので、4万円でいけると思うのですが、こればっかりはフタを開けてみないとわかりません。(けっこう弱気)
わかりませんが、今年は大学生を2人かかえる家計として、さらに無駄を省き節約を意識したいと思います。
この1年を乗り越えることができたら、
長男の就職が無事に決まったら、
次男も長女も学生生活が順調にいけたら、
きっときっと、大丈夫なはずだと信じています。

実写版 我が家の食費と晩ごはん

タイトルとURLをコピーしました