格安イオンスマホ iphone5との違いはなんだろう

スポンサーリンク

娘がスマホデビューしてから早半月。
娘のスマホはイオンスマホidol2sですが、不自由なく使えているようです。
DSC07867_20150320223720677.jpg
長男も次男もiphoneを使っているので、娘がイオンスマホで大丈夫かなぁ・・・という、余計な親心で心配していましたが、全然問題ありません。
そもそもiphoneとイオンスマホって、性能にどのくらいちがいがあるんでしょう。


【格安スマホ】
イオンが新たにスマホを出しますね。
格安スマホの代名詞として定着した感もあるイオンスマホですが、今度は「こだわりスマホ」なんだとか。
日本のブランド、スペック、通信速度、通信容量にこだわり、今度のターゲットは20~30代の男性。
イオンスマホのユーザーは40歳以上が7割を占めるといいます。
「スマホに月に7,000円も8,000円もかけるのが無駄」なんて思っていた私のような世代を、まんまと取り込んだわけですね。
実際、40代50代は子どもの教育費がもっともピークを迎える時期。
さらに、バブルの時代からその後の崩壊も経験してきたので、節約志向が強いと思うのです。
なので、月に2,000円以下でスマホが持てると聞き、しかも今まで使っていたガラケーよりも安いとなれば、飛びつきますって。←私。
【イオンスマホ請求額】
今月のスマホの請求額が確定しました。
基本料金1,352円+税108円=1,460円
通話は一度もしていません。
LINE電話で事足りています。
家族間の連絡もLINEのみです。
ふだんから、スマホではゲームや動画はみないという私のような使い方の人は、イオンスマホで十分です。
どんなにメールを送受信しても、料金は変わらないのですから、ガラケーを使っていたときよりも、利用料金は安くなりました。
【イオンスマホgeaneeとidol2sのちがい】
さて、スマホデビューした娘の機種は、idol2s。
私のスマホgeaneeが、イオンスマホ第2弾で、idol2sは第3弾。
後に出た機種ほど、使い勝手はよくなっていきますよね。
DSC07865_201503202324113c5.jpg
娘のスマホの初期設定をするにあたり、数日間は私もidol2sを使ってみたのですが、geaneeの不満がクリアされていたので、ちょっと娘のスマホがうらやましくなりました。
geaneeの機種は、マイクロSDカード32Gまで対応なので、写真などの保存は本体ではなくSDカードに保存しています。
ところが、geaneeはスマホ本体の操作で、SDカードの中身を本体に移動させたり削除したりできないのですよ。
これがちょっとだけ不自由なんですよねー。
変な写真や何枚も同じような写真が簡単に削除できないって、なんかヤダ(笑)。
その点、idol2sでは本体から削除も移動もできるので、これいいなぁ・・・。
スマホでは写真は撮ることはめったにないのですが、友達から送られてきた写真がけっこう貯まっていきます。
ま、SDカードの容量が32Gもあるから、空きスペースは十分あるのでいいんですけどね。
その他、idol2sは容量も増えたし通信速度もLTE。想像以上にサクサクつながります。
私は、家でWi-Fiでつなぐことが多いので、4G回線のgeaneeでもいいんですけどね、別にっ!
娘に、(イオン)スマホ使っていて(友人たちと比べて)何か不自由はないか聞いてみました。
「全然問題ないよー。」と娘。
「だけどー・・・」
だけど?
「みんなに比べて、バッテリーが早くなくなるような気がする」
ああ、やっぱり?
イオンスマホのバッテリーは、日本のブランドのスマホと比較すると、70%くらいのバッテリーの持ちだと聞いたことがあります。
ま、これも学校が始まったら、学校では電源OFFにしなければならないから、問題ないよねー。
と、娘には強引に結論を押し付けました(笑)。
【iphoneとイオンスマホの比較】
スマホの性能を比較するものとして、CPUやメモリなどがありますが、素人な私にとってはなんのことかよくわかりません。
わかりませんが、わからないなりに、最低限これを比較したらいいんじゃないかなーという目安はあります。
で、私と娘が使っているイオンスマホと息子たちが使っているiphone。
そんなにちがいはあるものかしら?と気になったので、比べてみました。
無題
CPUは、頭の賢さ。仕事の処理能力の差がでます。
数字が上なほど、優秀。コア(メイン回路)の数も多いほうが仕事が早い。
RAMメモリは、快適動作。サクサク動くかってこと。
ROMメモリは、写真などを保存する場所。
やはり多いほうが、いいですよね。
カメラの画素数も多いほうが、きれいな写真が撮れる・・・と理解しています。
となると、まぁ、私のgeaneeは必要最低限のスペックなわけで、それでも月額1,500円だから全然かまいませんとも。
しかし、idol2sとiphoneって、スペックに大差ないんです。
ROMメモリこそ、iphoneは2倍の容量がありますが、idol2sはSDカードが使えるので(iphoneは使えない)、32Gのメモリカードをでカバーできるのですよねぇ。
カメラの画素数もほぼ同じ。
なんとなくiphoneのほうがきれいな写真が撮れるんだろうなーって思っていましたから、これには驚きました。
そして何より、スペックがほぼ同じなのに、月額利用料のこの差!
娘のスマホはまだ1か月経っていないので、請求額は確定されていませんが、予想される利用料金は1,700円くらい。
iphoneと3倍以上の開きがありますよね。
6,971-1,782=5,189円!
月に5,000円の差が出るのなら、年間6万円の差!
これは大きすぎる固定費です。
ああー。
娘が高校生になる前に、格安スマホ時代がやってきてほんとによかったです。
数年前までは、娘が高校生になったら、子ども3人のスマホ代だけで月に
7,000円×3台=21,000円
と考えていて、もう私は一生ガラケーでいいわ!って思っていましたもん。
⇒イオンスマホ利用5か月の使用料金と感想
【メーカーが違うものを一概に比較はできない】
ところが・・・です。
CPUがどうとか、メモリがどうだとか比較しても、結局メーカーがちがうと一緒に並べて比較するのは難しいそうです。
メーカーの技術力などの違いもあるんでしょうね。
大手キャリアが提供している最新機種とは雲泥の差があるのかもしれませんが(イオン様、ごめんなさい)、なんてったって月額利用料にはかないません。
LINEとメールと、ネット閲覧ができれば満足と思っている私にとっては、イオンスマホで十分なんです。
だけど、次に買い替えるときは、geaneeよりもidol2sがいいなぁ・・・と、ちょっとだけ思ったりもするわけです。

タイトルとURLをコピーしました