一人暮らしの家具選び テレビボードは買いません

スポンサーリンク

大学生活をスタートする次男の引っ越しする日が着々と近づいてきています。
家電製品や家具も発注しました。
DSC07919.jpg
通販でテレビボードを買おうとしたところ、お届け予定日が4月中旬となるとのこと。
なのでやめました。
やめて正解でした。


【必要な家具・インテリア】
人が一人で新生活を始めるということは、一からすべて揃えなければなりません。
学生ですから、必要最小限のものでいいのですが、それでもそれらをそろえるとなると、けっこうな量になります。
無題
かなり絞ったのですが、それでもこのくらいになりました。
ベッド・布団3点セット・こたつテーブル・ミラー付収納棚は、大学生協でセット購入したもの。
生協の説明が長すぎて、辟易していたのでめんどうになりセット購入してしまいました。
その他のものは通販のセシールで買いました。
貯まっていたポイントがあったのと、カーテンサイズが豊富なので、部屋の窓にぴったりのカーテンがあったからです。
ついでに、布団カバー類なども一緒に購入しました。
このとき、一緒にテレビ台を注文したのですが、お届け日が4月中旬になるとのこと。
テレビ台って、とても頑丈で重いうえ、自分で組み立てなければならないのですが、引っ越しする日に届かなければ意味がないのです。
その日は、夫と私と長女と家族総出で引っ越し作業をしますので、私たちがいる間でなければ、組み立て作業が困難となります。
なので、テレビボードだけは注文を取りやめました。
DSC07920.jpg
【一人暮らしの家具選び】
その後、冷静になってよーく考えてみると、テレビボードなんて必要ないという結論に至りました。
カラーボックスで十分なのです。
カラーボックスといっても、よくある3段式のものではなくて、キューブボックス。

これならば、組み立ても簡単だし、軽いので取扱いもしやすい、運びやすい。
お部屋のサイズに合わせてレイアウト自由。
今後、引っ越ししても、持ち運び便利だし、部屋の大きさが変わっても、縦に置こうが横に並べようが、いかようにも対応可能。
次男の部屋用に、扉付3つと棚付2つのキューブボックスを買いました。
耐荷重は約5kg まで。
23Vテレビの重さが3.2kgなので、テレビを置いても大丈夫です。
キューブボックスは2個あれば、テレビを置くスペースとしては十分なのですが、他にパソコンとプリンターを置くスペースが欲しかったので、5個買いました。
部屋が狭ければ、縦に積み重ねればいいのだし、もう少し置くスペースが欲しいのならば、あとでキューブボックスを買い足すことも可能です。
長男のときは、L字型のカラーボックスを4つ買って、縦横自由に組み合わせて置くことができたので、この時もL字型カラーボックスを買ってよかったーと思いましたが、今回のキューブボックスをみて、こっちのほうがいいなぁ・・・と思いました。
キューブボックスを5個買っても、4,000円。(100円以下の端数を楽天スーパーポイントで消化)
最初に買おうとしていたテレビボードの半額以下で、いいお買い物ができたと思います。
カラーボックスなので、何十年と耐久性があるわけではありませんが、それでも壊れた部分のみを1個ずつ買い換えられるのはいいかもしれません。
テレビが大型(重さ5kg以上)になったら、その時はテレビボードとしてではなく、本棚や収納棚として活用すればいいわけだしね。
楽天市場で買ったものは、お届け日も指定できるので、引っ越しする日に次男の住むアパートへ配送してもらうよう手続きしました。
今は、家から荷物を運ばなくても、買ったものを直接引っ越し先へ届けてもらうことができるので、助かります。
次男の引っ越しまであと少し。
早く必要なものの手配を済ませて、次男へはお金の使い方と生活費について、伝授したいと思っています。
そーいえば、銀行のATMでお金をおろしたことのない次男。
これも教えておかなくては。

タイトルとURLをコピーしました