入学金で達成感と授業料を一括全納しなかったわけ

スポンサーリンク

次男の大学入学手続きが完了しました。
指定期間内に入学金を振り込み、入学手続き必要書類を郵送して終わりです。
DSC07891.jpg
入学金とともに、授業料も一緒に納付することも可能です。
めんどうなので、1年分の授業料も一緒に納付しようと思いました。
が・・・、やめました。
入学金と前期の授業料のみ振り込みました。


【受験の達成感】
長い間必死に勉強をしてきて、その結果が「合格」であれば、子どもにとっては一番の達成感が得られるのではないでしょうか。
ところが、親である私。
達成感を得られたのは、入学金を振り込んだ時でした。
受験勉強は子どもがするもの。
親として手伝えることはなにもありません。
しかし、大学合格後にこそ、親の出番なのですよね。
これから4年間の大学生活を送るうえで、経済的な部分の援助は、親しかできません。
「学ぶことに関して、やりたいと思ったことは極力協力する」
子どもたちが小さいころから、この方針は伝えてきましたし、今でもこの部分はぶれていません。
なので、子どもが安心して大学生活を送れるよう、私はこれからきっちりお金の面でサポートしていきたいと思います。
銀行で、入学金と授業料を振り込みました。
お金がまとまって飛んでいきました。
喪失感とともに、不思議と達成感もありました。
DSC04698.jpg
【授業料の納め方】
次男の大学では、入学金を振り込むときに、授業料も一緒に納付することができます。
もちろん入学金だけの納付でもかまいませんが、なんでも一括全納が好きな私は、入学金と前期後期授業料、総額81万7千8百円を振り込むつもりでいました。
そこでふと気になったこと。
あれ?
1年分の授業料を納めてしまって、もし途中で次男が退学してしまったらどうするのだ?
はははは・・・。
まだ入学さえしていないのに、どうして退学する場合を考えるんでしょ。
自分でもバカだなぁ・・・と思うのですが、気になりだしたら止まらない。
さらに、払込み用紙に「817,800円」と記入してから、他のことをいろいろ調べたら、3月中に約50万円がかかるということが判明。
アパート契約初期費用、大学生協共済保険、PC購入費用などなど。
次男にかかる費用として、手元に100万円を準備しましたが、今1年分の授業料を前納してしまったら、アパート契約費用など払えなくなるではないか・・・ということに気づいたのです。(←遅っ)
いえね、言い訳をさせていただけるのなら、長男の時は入学手続きのさいには、入学金のみの振込でよかったのですよ。
授業料はあとで口座引落しだったので、まさかのここで選択肢が分かれることは想定していませんでした。
長男も次男も国立大なのに、大学によってちがうものなんですね。
結局、入学金と授業料前期分、総額549,900円を入学手続きとして振り込むことにしました
ちなみに、大学の授業料は分割しようが一括全納しようが、割引制度はありませんので、個人のお財布事情で選ばれるとよいと思います。
【退学した場合の授業料の行方】
振込用紙に817,800円と記入してしまったので、銀行の窓口お姉さんには大変迷惑をかけることになってしまいました。
「振込依頼書」は、二本線で訂正した金額を記入し、訂正印を押して振り込むことができません。
銀行にある他の用紙に再度記入しなおして、入学金などを振り込みました。
しかし、大学に提出する「納付証明書」は、果たして訂正印を押したもので受領可能かどうかは、大学に聞いてみなければわかりません。
銀行の窓口のお姉さんが、直接次男の大学へ電話をかけて聞いてくださり、納付証明書は訂正印のものでも受領可能だということがわかりました。
さらに、授業料を一括全納し、途中退学してしまった場合・・・・というパターンも聞いてくださいました。(ほんとにお手数おかけしました)
後期授業料は10月1日からのものなので、9月中に退学する旨を申し出ると、後期の授業料は返金するとのこと。
10月を1日でも過ぎてしまった場合は、返金しない・・・とのこと。
いやはや、勉強になりました。
次男には、辞めるのなら9月中に言うように!と言っておかなくては。
・・・って!ちがう、ちがう!
問題がすり替わってますよね。
次男よ、大学生活4年をきっちりしっかり送っておくれ。
授業料はきっちりしっかり納付するからね。
【金銭感覚がマヒしないように】
今週中に、次男の住むアパートを決めてきたいと思っています。
アパートの初期費用や、生協共済、PC購入費用など、50万円を持って現地へ行ってきたいと思います。
もちろんこれらも、後で振込用紙にて振込可能ですが、振込手数料をとられたくないので、直接ニコニコ現金払いをしたいと思います。
3月から4月にかけては、お金がン十万単位で飛んでいきます。
すると金銭感覚がなんだかおかしくなってきて、数千円の出費が安くさえ感じてしまいます。
新生活準備品も、あれこれ揃えなければならないので、本当にそれらが安いのか、お得なのか、高いのか、アンテナが鈍ることがないよう下調べを十分にしたいと思います。
とか言いながら、残された時間はあとわずかなのですよね~・・・。

大学生
スポンサーリンク
soratohanaをフォローする
スポンサーリンク
がんばらない節約とシンプルな暮らし
タイトルとURLをコピーしました