イオンスマホを買ったら最初にやる設定 まとめ

スポンサーリンク

春から高校生になる娘へ買った格安イオンスマホ。
DSC07867.jpg
大手携帯会社で買うスマホは、お店でなんでも設定してくれますが、格安スマホは自分でやらなければなりません。
最初に私がイオンスマホgeaneeを購入し、そのあと夫も購入。
そして今回娘がイオンスマホidol2sを購入。
初期設定も3台めともなれば、さすがに要領もよくなるもんです。
そんな私の自分の覚書として、イオンスマホを買ったら最初にやる設定のまとめです。


【高校生へ持たせるスマホ】
スマホの利用料金ってなんであんなに高いんでしょうね。
月に7,000円とすると、年間84,000円。
高校3年間では252,000円!!
この25万円があったら、そっくりそのまま貯金して、大学進学のためのお金にしたいものです。
しかし、我が家の長男も次男も持っているのはiphone。
2人の月々かかるスマホ代は、約14,000円。
もちろん親が負担しています。
長男や次男のころは、携帯大手3社しか選択肢がなかったもんなぁ・・・。
ところが、今ではSIMフリーが登場し、格安スマホという選択肢もできました。
利用料金も半額以下。
親のスネカジリの高校生に持たせるスマホは、これで十分です。
そんなわけで、この春から高校生となる娘へは、迷わずイオンスマホ第3弾 idol2sを購入しました。
⇒高校生 初めてのスマホはイオン格安スマホ 6か月間の通信費無料キャンペーン
【イオンスマホidol2sの初期設定】
イオンショップで購入したイオンスマホは、基本的に自分で設定しなければなりません。
簡単な説明書もついていますが、実際に使用するにあたっては、ほとんど役に立ちません。(失礼)
スマホ本体には、すでにSIMカードがセットされた状態で届くので、電源を入れるとすぐに使える状態にはなっています。
さて、ここからです。
最初にこれだけはやったほうがいいよ・・・という、私なりのまとめ。
■オートコネクト設定
自動でWi-Fi通信に切り替えてくれるアプリです。
イオンスマホidol2sには最初からインストールされています。(私が使っているgeaneeではイオンストールしなければならなかった)
自宅にWi-Fi環境があるならば、自宅のWi-Fiを登録しましょう。
これで、自宅でスマホを使うときは通信量を気にせず、サクサク使うことができます。
■セキュリティアプリ インストール
イオンスマホの安心パックに入っている方は必要ないと思いますが、入っていない方はセキュリティは絶対入れたほうがいいと思います。
無料アプリで優秀なものがたくさんありますので、スマホに入っている「Playストア」で「セキュリティ」で検索するとたくさん出てきますよ。
ちなみに、私が使っているのは「AntiVirus」です。
⇒格安イオンスマホのセキュリティってどうしてますか?
■BIGLOBEでんわアプリ インストール
イオンスマホは、通話料が30秒で20円かかります。
大手携帯会社の通話料もこのくらいかかりますが、家族間通話無料やソフトバンクユーザー同士なら通話無料などありますよね。
しかし、イオンスマホにはそのようなサービスはいっさいありません。
BIGLOBEでんわアプリを経由して電話をかけると、通話料が半額(30秒で10円)となります。
ちなみに、私は現在楽天でんわアプリを入れています。
以前はこのアプリ経由で電話をかけると3分間無料だったのですが、今は30秒で10円。
なんとなくそのままになってしまっていますが、BIGLOBEでんわアプリに変えようかと思っています。
なぜなら、スマホの利用料金はBIGLOBEに払い、通話分は楽天へ払うという、管理がめんどうなのですよね。
もっとも、家族間や友人へ電話をかけるのはLINE電話を利用していますので、通常の電話料金が発生することはほとんどないのですが、たまに外出先で公的機関へ電話をかけるような場面もあります。
■Gmailアカウント登録
イオンスマホでメール送受信をする場合、BIGLOBEのメールアドレスを利用することになります。
しかし、これがけっこう難点でして・・・。
まず、大手携帯3社のガラケーユーザーは、基本的にBIGLOBEなどのメールアドレスは受信拒否設定になっていることが多いです。
よって、友人たちへ連絡して、自分のメールアドレスを受診許可設定にしてもらわなければなりません。
これで、auやソフトバンクユーザーはメールの送受信が可能になりますが、問題はdocomo。
BIGLOBEのメールアドレスでdocomoユーザーへメールを送ると、文字化けしてしまうのです。
なので、この時点でBIGLOBEのアドレスが使えない。
Gmailならば、どこのユーザーでも文字化けはしないので、だったら最初からGmailのアカウントをとって、Gmailアドレスを友人たちに受信許可設定にしてもらえばいいのです。
よって、イオンスマホでは最初からGmailのアカウント登録をしちゃいましょう。
■LINE登録
使う使わないは個人の自由と判断ですが、長男も次男も友人間の連絡手段はLINEが中心です。
そしてLINEでは無料電話も使えますので、家族間の連絡もほぼLINEとなっています。
よって、娘のスマホももちろんLINEアプリをインストール。
■google日本語入力アプリ
イオンスマホで最初から入っている日本語入力キーボードはSimeji。
でも、私はこれが使いにくかったので、アンインストールして、google日本語入力アプリをインストールしました。
■スマホロック設定
スマホの画面を開くさいに、誰でも開けないようロックをかけます。
スマホ画面の「設定」⇒「ロック設定」⇒「画面をロック」で、暗証番号などを入力してロックします。
万が一、娘が学校でスマホを紛失あるいは盗難に合っても、とりあえず簡単に開けないようにしておきます。
以上で、娘のスマホの設定終了です。
もしも、他にやっておいたほうがいいよ・・・というものがあれば、教えてください。
DSC07865.jpg
さっそく好きな写真を画面に登録した娘。
さてさて、娘に買ったイオンスマホidol2sは、私のgeaneeに比べて一段と使い勝手がよくなっていました。
この違いについては、また後日記事にしたいと思います。
長男や次男が使うiphoneと比べたら、もっと格段に差があるのかもしれませんが、格安スマホというのは、電話をほとんどかけない人で、家にWi-Fiがあるのであれば、その使い勝手に差はないように思われます。
大きなちがいは、月々の使用料金。
利用料金を考えたら、やっぱり格安スマホしか我が家には選択肢はありませんでした。

タイトルとURLをコピーしました