普通預金の金利 車関係積立は4倍の口座に移籍

スポンサーリンク

車を持っていると、ガソリン代はもちろんですが、その維持費にもお金がかかります。
税金に保険に車検代。
DSC07256.jpg
我が家の車2台分の維持費は、毎月一定額を積み立てしていて、年に1度の税金や保険代、2年に1度の車検代へと振り分けられます。
何気なく銀行の普通預金口座に積立をしていたお金も、1年分になると20万円以上。
ならば少しでも金利の高い銀行へ入れたほうがいいではないですか。
今月分の積立から、イオン銀行へ移すことにします。


【普通預金の金利】
銀行によって金利のつく月の設定は多少ちがうようですが、車の積立をしているゆうちょ銀行に利子が振り込まれるのは4月と10月の年に2回。
普通預金の金利ってよくわかりにくいのですが、実は変動金利。
毎日の残高を元に、1年間365日の日割り計算をしているのだそう。
そして年に2回、利子がつくというわけです。
とはいえ、実際普通預金口座のお金は日々変動していて、利子がどのくらいかなんて考えてみたこともありません。
通帳記入をして利子がついていても、あまりにも微々たる額なので「あー、利子がついたんだ」くらいのあっさりとした感想で、すぐに忘れてしまいます。
ゆうちょ銀行の普通預金口座には、車の積立分のお金の他に、長男の学費のお金の出し入れがあるので、多いときには60~70万円、少ない時でも20万円~30万円のお金が入っています。
そんな口座の昨年10月1日に振り込まれた利子は、税込128円。
税金が引かれて103円
鼻で笑っちゃうような利子であります。
あ、いやいや、何円であろうとお金はお金。大事にしなければなりませんね。
【イオン銀行金利】
ゆうちょ銀行普通預金の金利が0.03%。(2015年2月現在)
それに対してイオン銀行の普通預金の金利は0.02%。
しかし、イオンカードセレクトを持っていると、普通預金の金利を上乗せしてくれて、なんと金利は6倍の0.12%に跳ね上がるのです。
ゆうちょ銀行普通預金と比べてみても、4倍
今までゆうちょ銀行に入れていた車の積立のお金を、イオン銀行の普通預金に移すだけで、半年で400円、1年で800円の利子となるわけです。
これでタイヤ1本分の交換賃くらいにはなりますよね?
今まで自分が管理しやすいように、車関係はゆうちょ、食料品や日用品を買うためのwaonオートチャージのためのお金はイオン銀行へ・・・と分けていたのですが、今月分からすべてイオン銀行へ移すことにしました。
そのほうが、あちこちのATMを回らなくてもすみますし。
イオン銀行なら、年中無休、お店が開いている時間滞ならいつでもATMでお金の出し入れが手数料無料で出し入れ可能なので、とても助かります。
休日も祝日も夜間も関係ないもんね。



たかが数百円のちがいでも、来年度はさらなる教育費貧乏になる我が家。
さらには、今年13年目となる私の車。
買い換えの時期が迫っております。
1円でも10円でも得する選択をしていきたいと思っています。
【追記】
イオンカードセレクトでイオン銀行の普通預金の金利は、2017年8月12日より0.1%へ引き下げられました。

タイトルとURLをコピーしました