化粧ポーチの収納整理で時間の無駄を省きたい

スポンサーリンク

ふだん、化粧はどこでしてますか?
私はリビング。
テレビの前のテーブルだったり、ダイニングテーブルだったり、その時々で場所を変えています。
冬はもっぱらストーブの近くでぬくぬくと化粧をします。
DSC07370.jpg
コンパクトで持ち運びできる化粧ポーチは、これまたコンパクトな鏡と一緒に置いていて、いつでもどこでも自由な場所で化粧ができるので、とても重宝しています。
この化粧ポーチの中。
いつか使うかも、そのうち使うかも・・・と、いつの間にかサンプルやら使わないようなものまで詰め込みすぎ。
なので、使うものだけ残して仕分けします。


【不要なものまで詰め込むポーチ】
ごちゃつく化粧ポーチの中をガラガラと探してテーブルの上に広げる。
それから化粧をするのですが、片づけるときもガラガラと化粧ポーチに放り込む。
この作業がちょっとだけイラつく。
朝の出勤前はただでさえ時間がないのに、アイブロウはどこ?ビューラーがひっかかって取れない!なんて、あたふたしてしまうのですから。
そうなる前に片づけろって話ですね。
DSC07372.jpg
化粧ポーチの中って、いつの間にかサンプル品が貯まっていませんか?(私だけ?)
ローションだったり乳液だったり、洗顔石鹸だったり。
これらを使うのは、洗面所で顔を洗ったとき。
だったら洗面所に置いて使えばいいものを、化粧ポーチに放り込んでいるから、いつまでたっても使わない。
だったら片づけろって話ですね、はい。
【化粧ポーチの中の断捨離】
DSC07373.jpg
まずは中身を全部出す。
片づけるときの基本です。
DSC07377.jpg
中身がほとんどないグロスまで出てきました。
捨てろって話です、はい。
DSC07375.jpg
サンプル品は、洗面所に移動。
いつまでもとっておいてもしかたがないので、今夜にでも使います。
DSC07376.jpg
化粧ポーチの中に入っていた頭痛薬。
薬入れ用のポーチに移します。
【化粧ポーチの収納】
化粧ポーチは中がガランとしているから、細々としたメイク用品が散乱するのですよね。
仕切りがあれば少しはすっきり整理できるかも。
というわけで、100均グッズ。
DSC07371.jpg
本来の目的は鉛筆立てなのかなぁ?
ちょうど化粧ポーチに入りそうなサイズ。
本当は、クリアで薄手のケースがよかったんだけど、とりあえずないのでこれで妥協。
DSC07374.jpg
化粧ポーチにちょうど収まりました。
DSC07378.jpg
仕切りがあったほうが、一目瞭然で取り出しやすい。
見た目もスッキリ。
これで朝のメイクも少しは時短になるかもしれません。
といっても、もともとメイクにかける時間は10分程度で終了するんですけどね・・・。
それでも朝の1分はとてもとても貴重な時間です。
DSC07381.jpg
ちなみに職場に持っていくポーチは別にしていて、コンパクトとリップとグロス、アイブロウ、ビューラーを入れています。
化粧ポーチの中は知らず知らずのうちに、余計なものを詰め込んでしまいますので、定期的に中身をチェックして、必要のないものは入れないようにする習慣を身に着けたいものです。
今さら女子力アップは狙っていませんが、時間の無駄はとことん省きたいのです。
DSC07379.jpg
ちなみにこの化粧ポーチは、娘が誕生日プレゼントに友達からもらったもの。
でも使わないというので、ちゃっかりしっかり私が活用させてもらってます。
親というのは、子どもが使わないというものを、無駄のないようすかさず使うものなのです。
私が子どものころ、母がそうであったように・・・ね。

タイトルとURLをコピーしました