イオンカードセレクトの最終形 ゴールドカードの招待がキター!

スポンサーリンク

ずーっと待ち望んでいたイオンからの招待状が、ついについに届きました。
DSC07365.jpg
イオンゴールドカードを持ってもいいよ~・・・と、イオンからの許可をいただきました。
私のイオンカードセレクトは、ついにその最終形イオンゴールドカードセレクトへと進化を遂げます。


【イオンカードゴールドの条件】
一般的なゴールドカードって、年会費がかかるものが多いですが、イオンゴールドカードは年会費永年無料のありがたいカード。
しかし、ゴールドカードになる条件というのは、イオン側では明らかにしていないのです。
「一定の基準を満たしたお客様へ発行させていただきます」というもので、その一定条件を満たして初めて、イオンから招待状が届くのです。
いわば、イオンカードの最終形。
イオンカードの頂点。
イオンカードのBEST。
ちょっとプレミア感のあるカードですが、ついについに私にも招待状が届きました。
そこで、イオンゴールドカードになるための条件ですが・・・。
まずは、イオンカード、イオンwaon一体型カード、イオンカードセレクトのいずれかを持っていないことには、ゴールドへは成り上がることができません。
これらのカードを持ったうえで
1.年間カード利用金額が100万円以上
2.カード入会からのカード利用金額累計が500万円以上
3.年間のカード利用件数が120件以上、かつ利用金額80万円以上
4.イオングループのみの利用が直近1年間で60万円以上

ということが条件となるようです。
さらに、私が持っているイオンカードセレクトでは
5.イオン銀行の住宅ローンを利用
6.定期預金残高が500万円以上
7.投資信託残高がある
8.個人年金保険を契約

などが追加となるようです。
1~8の条件のうち、どれかひとつをクリアすると、招待状が届きます。
*ゴールドカードになるための条件は、イオン側では明らかにしていません。
以前の条件が変更となることもありますので、上記の条件はあくまでも噂の範囲であります。

招待状が届いたら、同封のハガキに必要事項を記入してゴールドカードを申し込みます。
申込みから2~4週間で、ゴールドカードが届くようです。
うはははは。
楽しみ、楽しみ♪
DSC07367.jpg
【イオンゴールドカードの特典】
さてさて、ゴールドカードに進化をするとどんな特典があるのでしょう。
1.海外国内旅行傷害保険に無料で加入できる
何度旅行しても、その都度保険が適応されます。
国内旅行の場合、傷害による死亡は3,000万円、傷害による入院は日額5,000円、通院は日額3,000円など。
ただし、宿泊施設などの旅行代金をイオンゴールドカードで支払うということが条件です。
旅行の保険をかけるとなると、そこそこいい値段ですが、これがゴールドカードを持っているだけで自動付帯されているのだからすごいですよね。
というか、今まで国内旅行で保険なんてかけたことがなかったのですが、今後の旅行の支払いはイオンゴールドカードにすれば安心です。
2.カード盗難保障
カードの紛失などで不正に使用された場合は、損害額を補填してくれます。
3.ショッピングセーフティ保険
イオンゴールドカードで買い物をした商品が偶然の事故により損害を被った場合、年間300万円まで補償されます。
そんな300万円も買い物しないけどね・・・(汗)。
4.ラウンジサービス
イオン店舗のラウンジが利用できるのはもちろんですが、羽田空港のラウンジが利用できるのは、ちょっとうれしい。
ちょっとセレブな感じですが、きっと初めて利用するときは、挙動不審になりそう・・・。
同伴者は原則有料となるようなので、もし私と娘が羽田空港を利用する場合は、いったい娘はラウンジ利用でいくら支払わなければならないのかしら?
今度、一人で羽田空港を利用したさいに、ラウンジで聞いてみようっと。



【ちなみに私の場合】
私は、条件をクリアして約2か月後にゴールドカードへの招待状が届きました。
一度ゴールドカードが発行されたなら、その後条件を満たしていなくてもそのままゴールドカードは継続できるそうです。
えっ?
私が満たした条件ですか?
6番の、イオン銀行定期預金500万円です。
ゆうちょ定額貯金の解約、次男の学資保険の満期金、ボーナス、その他銀行にあったお金をかき集めて、イオン銀行定期預金500万円を入金しました。
100万円ずつ入金時期をずらして入れたので、満期となる時期もちょっとずつ違います。
とりあえず1年が経過したところで、再びそれぞれ必要な場所へ割り振りしたいと思っています。
イオン銀行の定期が500万円じゃなくなっても、ゴールドカードは継続となるんだもんね。
イオンをこよなく愛する私が、とうとうゴールドカードを手に入れる時がきて、今はただただ感無量!
まぶしいゴールドカードを振りかざして、羽田空港のラウンジに入ること。
これが今年の目標。(ぜったい挙動不審)

タイトルとURLをコピーしました