子どもへ荷物を送る時 ゆうパックで50円割り引いてもらう方法

スポンサーリンク

「3日後に使いたいから、スーツ一式送ってほしい」と長男からの連絡。
ほんと、子どもって身勝手よね~・・・とか思いつつ、やっぱり子どもを想う母の愛にはかないません。
DSC07243.jpg
「わかったー。今から段ボールに詰めて送るね。」
と、片手では持てないようなサイズの段ボールを抱えてコンビニへ向かったのは夜の10時過ぎ。
もちろん前回送ったゆうパックの控えの伝票は忘れずに持っていきます。
だってこれがあるのとないのとじゃ、送料50円も違ってくるもんね。


【いよいよ就活始まる】
お正月に長男が帰省したさいに、就活用のスーツやグッズ一式を買いそろえました。
ズボンのウエストを詰めてもらったりしたので受取が数日後となり、就活用グッズ一式は後日長男のアパートへ荷物を送ることにしていました。
春から大学4年生となる長男。
長男の年から就活は後ろ倒しとなり、先輩たちは大学3年生の夏に就活がスタートしていたのに対し、長男の学年は大学4年生になる直前の3月から説明会などが開始となるようです。
白のリクルート用ワイシャツをあと2枚くらい買い足して、1月末にでも荷物を送ることを考えていました。
が、まさかの今ここで、就活スーツ送ってメール。
いつ必要なの?なんで今必要なの?
と、長男に聞くと
「急にインターンシップに行こうと思い立った」とのこと。
服装は自由となっているようですが、長男が自分なりにリサーチしたら、大半の学生はスーツで参加しているようなんだって。
で、そのインターンシップが3日後。
おいおい、いくらインターネットで文字や写真は瞬時に送れる時代でも、さすがに荷物はすぐには届かないよ。
「じゃあ、明日がんばって荷物送るよ」
と、いったん長男に連絡したあとで、やっぱりなんだか悶々とする私。
今は24時間コンビニで荷物を取り扱ってくれてる時代。
長男の初の就活スタートに、遅れをとってはなるまい。
長男が不安なく就活できるよう、極力協力してあげると誓ったではないか。
そうだ、今すぐ荷物を出しに行こう。
今出したら、2日後には届くはず。
と、夜の10時過ぎに段ボールを持って家を出ました。
ああ、お風呂に入る前でよかったよ~。
などと思いながら、たとえお風呂上りでも、頭から湯気を出しながら、スッピンにマスクしてコンビニ行っちゃうけどね。
【ゆうパック同一宛先割引】
いつも長男へ送る荷物は、近くのコンビニからゆうパックで送っています。
で、ゆうパックの「同一宛先割引」ってご存知でしたか?
DSC07244.jpg
次回同じ住所へ荷物を送る場合、前回送ったゆうパックの控えの伝票を持参すると、送料が50円割引になるのです。
有効期限は1年間なので、前回荷物を送って1年以内にまた同じ住所へ荷物を送る場合には割引になります。
さらにコンビニや郵便局の窓口に直接荷物を持ち込むと、100円の割り引きになるので、合わせて150円が割り引かれることになります
離れて暮らす大学生の子どもや、単身赴任中のダンナ様への荷物を送るときは、この割引を活用しないと損ですよね。
以前、夫が単身赴任をしていて荷物を送るさいに、コンビニでバイトしている友人から教えてもらって初めてわかったことなのですが、なるほど、ゆうパックの伝票をよくよく見ると、そのようなことが書かれています。
でも、なかなか控えの伝票をじっくり読むなんてことをしないですよね。
無駄のない生き方とは、なんでも説明書はきっちり読む情報収集能力が必要なのだとあらためて思ったのでありました。
夜10時過ぎにコンビニに依頼した荷物は、最速で2日後の午後2時~4時の間に届くそうです。
よかったよ~。
長男の就活スタートになんとか間に合いそうです。

タイトルとURLをコピーしました