大学願書にもお金がかかる!ほんの少しだけお得に払う方法

スポンサーリンク

センター試験目前であります。
大学には莫大なお金がかかりますが、大学を受験するのにもお金はかかります。
DSC07203.jpg
先日、大学の願書を取り寄せたさいに、その料金の支払い方によっても、若干の差があることに気が付きました。
長男の受験の時には、まったく気にも留めなかったことなのですが、今回次男の受験でわかったこと。
受験生の親も2回目ともなれば、いろいろ情報収集能力も高まるもんです。


【大学願書の値段】
願書を取り寄せるのにもお金がかかります。
国立大であれば無料ですが、私立大の場合は1,000円程度。
長男の受験の時は、親子ともども受験の勝手がよくわからず、本命は国立大でしたが、私立大のセンター利用受験もしました。
大学に足を運ばなくてもセンター試験の結果だけで受験ができるセンター利用試験。
なんて便利なシステムなの!と、長男に言われるままに3つの私立大学にエントリーをしました。
取り寄せた願書にかかったお金は、たしか5,000円以上。
当時はそんなものかな・・・と思っていました。
さて、次男は国立大のみの受験です。
3校の大学の願書を取り寄せました。
1校の大学の願書は、塾の先生が取り寄せしてくれてそれをいただきましたが、残り2校の大学は自分で取り寄せました。
かかった願書の費用は650円でした。
えっ?
国立大の願書って無料じゃないの?
【願書を郵送で取り寄せる】
国立大学の願書が無料というのは、直接大学の入試係の窓口へ出向いて願書をもらう場合。
しかし、全国何十万人といる大学受験をする学生のうち、直接大学へ出向いてもらえる人なんて限られていますよね。
しかも、国立大1校だけの願書ではなく、当然複数校の願書を取り寄せるわけで。(自信がある方は別でしょうけど)
よって、それぞれの大学へは郵送で願書を取り寄せることになります。
我が家のように複数の大学の願書を取り寄せる場合は、それらをサポートしてくれるサイトがたくさんあります。
長男のときも次男のときもお世話になったのがテレメール進学サイト
取り寄せたい願書をクリックするだけで、自宅にまとめて願書を届けてくれるありがたいシステム。
願書は、大学案内などの資料もついてくるので、送料含めて300円程度。
2つの大学の願書で600円となりました。
【大学願書払込み取扱票】
届いた願書には、払込み取扱票が同封されています。
DSC07203.jpg
願書が届いてから1週間以内に支払います。
が!私は願書が届いたことに安心してしまい、開封せずにしばらく放置していたため、払い込むのが1週間以上・・・、いや2週間か?3週間か?、とにかくだいぶたってから支払いました。(良い子はマネしないでくださいね)
払込み方法には3通りあります。
■ゆうちょ銀行で払う
ゆうちょのATMで支払うと、手数料80円。
よって1校300円+80円×2校分=760円
■コンビニで支払う
コンビニで支払うと、手数料86円。
よって1校300円+86円×2校分=772円
■まとめーるで支払う
料金支払いサイト「まとめーる」でクレジットカード払いをすると、1度に6件までの支払がまとめてできます。
1回の手数料は50円。
よって2校分600円+50円=650円
支払方法による差は100円程度ですが、たくさんの大学の願書を取り寄せれば取り寄せるほど、まとめーるで支払ったほうがお得度は増します。
たかが100円、されど100円。
長男のときには、こういう支払方法があるってことも知らなかった・・・というか、私のアンテナが低く、のほほんとしていたんでしょうね。
これから大学入学費用、授業料、家賃、生活費などなど、大学4年間で1,000万近いお金が飛んでいくことを考えたら、やっぱり100円であっても無駄にはできないです。
来年度以降大学受験を考えている方の少しでも参考になれば幸いです。
・・・・って、人の心配してる場合じゃないんですけどね・・・・(汗)。
センター試験まであと1週間。
私にできることは、次男の体調管理とおいしいご飯。
そして神頼み!

タイトルとURLをコピーしました