お金の貯め時払い時 今はじっと耐える時

スポンサーリンク

結婚してからの人生で、お金の貯め時は2回あると思います。
1回目は、子どもが高校入学するまで。
そして2回目は、子どもが社会人になった後。
DSC06927.jpg
今の我が家は全然貯め時じゃない。
だから焦ってもしかたがない。
人生の生活設計をきちんと組み立てると、老後の不安は少し和らぐのかもしれません。


【お金の貯め時】
*あくまでも我が家の場合です。
●子どもが高校入学するまで
子どもが義務教育の間は、実はさほどお金はかからない。
・・・というのは、今だから言えることなのですが、極端な贅沢もせず無駄な浪費もしなければ、日常的に暮らすのには困らず、かつそれなりに貯金もできました。
学校に納めるお金は、教材費や給食費など月に1万円程度。
その他、子どもの衣食住に関わる出費を含めてもだいたい2~3万円。
習い事をすればプラスαでしょうか。
いずれにしろ毎月の出費が決まっているので、お金の管理もしやすいのです。
中学や高校に入学する時は、制服や通学用の自転車、学校指定の鞄や靴など、こればっかりは値切ることのできない出費がありますが、10万円もあれば足りるので、親戚や祖父母からいただいた入学祝も合わせて、なんとかなりました。
その他、部活にかかるお金もバカにできない額となりますが、これらも毎月の収入でなんとかなりました。
DSC05416_201412172308464c2.jpg
⇒高校サッカー部でかかったお金 25万円で得たものはなんだろう
●子どもが社会人になったあと
この部分は、まだ未経験なところなので、あくまでも私の推測になりますが、子どもたちが独立すれば再び夫婦2人の生活になるので、支出はぐんと減るのはわかっています。
現在、大学生の長男へ毎月の仕送り10万円(家賃+生活費)。
高校生の次男へは4万円、中学生の長女へは3万円を1か月の予算として袋分けしています。
別途、高校の諸集金として口座からの引き落としが月に1万円。
長男と次男のスマホ代が月に1万3千円。
合計19万3千円を、夫と私の毎月の収入からねん出している計算となるので、3人の子どもたちが晴れて社会人になって独立した日には、毎月20万円は確実に貯蓄に回せるってことになります。
夫婦2人ならば、食費や日用品費だって今よりは減るわけですし。
【お金の払い時】
人生の中で一番出費がかさむときが、住居購入時と子どもが大学生になったとき。
我が家は、住居購入時期はもう過ぎましたが、現在大学生を抱える我が家の家計は、まさに出費の嵐。
高校までとちがって、大学というところは何十万円というまとまったお金が一度に飛んでいくのです。
それは受験の時に始まり、アパートの入居費、引っ越し費用、生活必需品、そして授業料。
これらは、毎月の収入からは払えませんので、ここで貯蓄を切り崩す生活へと突入するわけです。
少しずつ増えてきていた貯蓄が、お金に羽が生えたかのようにバカスカ飛んでいく。
不安になります、恐怖です。
例え、そのお金が子どものために貯めてきた教育資金であったとしても、貯めたお金がどんどん減っていくという現実に、ため息が出ます。
子育てにお金がかかるという話をよく聞きますが、教育費の最大のピークは大学時代。
身を持って実感しました。
⇒大学生にかかるお金 1,000万円は本当だった
【ライフイベントとお金の把握】
高校のころ、家庭科の授業で「ライフイベントと生活設計」のような表を書いた記憶があります。
何歳で結婚して、何歳で子どもが生れて、何歳で家を建てる・・・なんていう人生の生活設計。
高校生だった私にとってその授業は、ただ課題をこなすだけの、まるで絵に描いた餅。
なんら心にも響きませんでしたし、だから今後はどうしようか、なんて意識づけにもなりませんでした。
(家庭科のS先生、ごめんなさい)
人が何かを学ぼうとするときは、必ず何かの動機があり、意識があり、そこではじめて吸収する能力が生れるのだと思うのです。
高校時代は、まったく頭に入ってこなかった生活設計も、今ならすごくよくわかります。
来年は、長男大学4年生、次男大学1年生(予定)、長女高校1年生(予定)。
大学生2人に高校生1人。
大大大ピンチの我が家の家計です。
今年以上にお金が束になって飛んでいく年になりそうです。
いや、確実になる。
私が節約を意識するようになったのは、長男が大学生になってから。
貯金できない、貯金がどんどん減っていく我が家の家計に、焦り不安を覚え脅えました。
しかし、こうやって今後の我が家のライフイベントと必要なお金のことを考えると、今はひたすら耐える時期なのだということがわかります。
その先の予定をきちんと把握すれば、漠然と不安になることはないのです。
とりあえず来年を乗り越えたら、長男は社会人(の予定)。
そして3番目の娘が大学を卒業するまであと7年(の予定)。
きっと必ず貯め時がやってくると信じています。
もっとも、我が家のライフプランの前提には、私も夫も健康で働けるという条件があります。
健康な身体は、食生活が基本だと思っています。
だから、私は今日も家族のためにご飯をつくるのです。
⇒実写版 我が家の食費と晩ごはん
ふぅ・・・。
まだまだ先は長いなぁ。

タイトルとURLをコピーしました