【断捨離】洋服を捨てる基準 

スポンサーリンク

時は12月。
別に年末だからといって、大掃除をしなければならないとは思っていませんが、モノを片づけるきっかけにはなります。
DSC06867.jpg
今回は、洋服の断捨離を。
前回、大々的にやってから1年半が経っています。


【洋服を捨てる判断基準】
昨年の夏に、洋服の断捨離をしました。
そのときの、自分なりの判断基準は
・収納スペースに入るだけの量であること
・3年着てない服は処分する
というものでした。
今回新たに加わった基準は
・着れない服は捨てる
ということ。
買ってみたけど、ちょっと着心地が悪かった、ちょっとサイズが合わなかった、という残念な理由でふだんほとんど着ない服。
こういう洋服って、比較的新しい状態のままなので捨てるにはためらってしまいます。
しかし、「捨てる」=「もったいない」のではなく、「着ない服をしまっておく」ことが「もったいないこと」なんだと思うのです。
洋服は着てもらうために作られたものですから、しまっておいて日の目をみない洋服は処分します。
逆に、とても気に入っていて何度も着ている洋服は、だいぶくたびれてきています。
外出用では着なくとも、部屋着としてなら着るかも・・・という理由で洋服をしまっておいても、そういう洋服って着ていません。
だって、部屋着はもっとラフで着心地のよい服を着るので、外出用のきちんと感のある服って部屋では着心地が悪いものです。
よって、くたびれ感のある外出着も処分します。
DSC06871.jpg
というわけで、今回捨てる洋服はゴミ袋一つ分。
何年も使わなかったバック類も捨てました。
1年半前に断捨離と称してクローゼットを整理したのですが、それでもゴミ袋一つ分は出るのですね。
以前は3年着ない服は処分の対象としていましたが、2年着ない服を処分の対象とします。
⇒3年着ない服は捨てた!断捨離でお宝発掘
痩せたら着るかも・・・という服も、思い切って捨てました。
だって・・・
この歳になると、たとえ体重は落ちても体型的には昔とビミョーに変わってきてるのですよね(泣)。
あーーー。
捨てる、捨てる。
着ない服はみんな捨てる。

【断捨離のメリット】
これはもう気持ち的にスッキリするということが一番のメリットです。
クローゼットの中のゴチャゴチャ感がなくなり、片づけがしやすくなります。
DSC06869.jpg
現在、私のクローゼットの下半分は空きスペースがあります。
ここは、ファンヒーターをしまう場所としています。
DSC01985.jpg
↑ 断捨離に目覚める前の私のクローゼット。(ひどいな、オイ)
洗面所と夫の作業デスクの周囲に、冬はファンヒーターを置くのですが、以前は2階の納戸にしまっていました。
こうなると、持ってくるのもしまうのもとても面倒で、ついついズルズルと片づけるのが遅くなっていました。
今は同じ1階のスペースにしまえるので、ずいぶん楽になりました。
歳もとるし、なるべく移動は楽なように収納場所も考えていかなければなりません。
洋服などスッパリと断捨離したおかげで、クローゼットの中にも空間ができました。
断捨離をすると、家の中がちらかりにくくなりますし、無駄なモノの移動も最小限に済むので、自分の身体にもやさしい。
12月いっぱいかかって、他の空間の断捨離も徐々に進めていきたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました