投資はリスクではない 投資を学ばないことがリスクだ

スポンサーリンク

頭を殴られたような衝撃を受けました。
「投資はリスクではない 投資を学ばないことがリスクだ」
4773902915aa533845c609e9756d8cc9_s.jpg
「金持ち父さん貧乏父さん」の著者、ロバート・キヨサキ氏の言葉です。
久々に震えました。
声を大にして「御意!」と叫びたいくらいに!


【株の保有】
イオンの株主優待が欲しいがために株を始めたのが2年前。
証券会社に出向かなくとも、自宅のパソコンで株が買えるような時代です。
おかげで、私のようなお金に無知な者にも、株とはなんぞや?という興味を持たせてくれました。
イオンの株を買って、簡単に株の売買ができることを知った私は、その後生活に密着した身近な株をいくつか買いました。
もっと株について学んで、そのうち株主優待だけではなく、株で利益が出せるようになれたらいいな・・・という、小さな野望もありました。
しかし、現在保有している株は、イオンとマックスバリュのみ。
食料品や日用品の購入に、株主優待を活用させてもらっています。
結局、株の売買で利益を出せる人というのは、集中力と決断力のある人なんだと思っています。
仕事の合間に株の売買なんてできるほど器用じゃないし、今が売り時かどうか瞬時に判断できる決断力もありません。
いや、これもきっと株に対してまだまだ勉強不足なゆえの言い訳かもしれません。
しかし、今の自分にとって株は、優待目的で保有するというのが一番合っているということがわかりました。
おろらく今後も、イオンとマックスバリュの株は持ち続けていくと思います。
⇒株主生活
【投資信託】
今年になってから、投資信託なるものに興味を持ちました。
投資信託は、ざっくりくくれば株と同じような投資の枠に入りますが(←自己解釈)、自分の資産を投資のプロにおまかせして運用してもらうというもの。
なので、投資をしようと思っても、いったいなにをどのくらい買ったらいいかわからないわ・・・という、ズブの素人初心者にはオススメです。
特に、毎月数千円から始められる投資信託積立は、10年以上の長期運用を目指してコツコツと積み立てるだけ。
あとは投資のプロの方が、そのときに応じたいろんな投資先で運用してくれるのです。
まさに、私のような「とりあえず何か投資したい。でも高額なお金は出せない。毎月ちょっとずつなら積立できるわ」という人にはうってつけの投資だと思います。
毎月自動的に積み立てられるし、運用損益はネットで確認できるし、それをみながら「おお!わずか1か月でこんなに増えるの!?」とウハウハできます。
もちろん投資は自己責任で・・・が大前提です。
【投資を学ばないことがリスク】
ロバート・キヨサキ氏によれば、私たちは子どものころから何年も学校に通っていながら、お金のことに関してはなにひとつ学んでいない・・・ということが、最大の不幸のようで。
将来仕事をして社会の中で一人で生きていけるように、子どもにはお金をかけて教育するのに、肝心のお金の教育に関しては学校では教えてくれない。
お金のすばらしさ、お金の怖さをもっと学べば、お金を活かすこともできるし、自分の身の丈に合わないようなお金の使い方もしないだろうし、ひいては借金や自己破産なんてこともなくなるのかもしれないかもなぁ・・・・、なんて思いました。
そして冒頭の「投資はリスクではない、投資を学ばないことがリスクだ」なのです。

これって、投資だけに限らないですもんね。
うわべだけのイメージや想像だけで判断するのは、自分の不勉強さを露呈するようなもの。
人の噂に左右されず、まずは自分で納得いくまで調べてみる、学んでみる。
それから判断しても遅くはないのです。
20代のころ、証券会社の方に株をすすめられたことがありました。
「えっ!株なんてこわい。投資するほどお金持ってないし。こわい、こわい、株ってキケン」
なにひとつ自分で勉強することなく、自分の勝手なイメージだけでシャットアウトしていた私。
株がこわいのではなく、自分の不勉強さがこわかったのですね。
大切なお金について、もっと勉強しないとお金に失礼になりますもんね。
でも、今からでも遅くはないと思っています。
学生のころできなかったお金について学ぶことを、これから自分のペースで納得できるようやっていけばいいのですから。

タイトルとURLをコピーしました