学資保険満期金を必ずしも子どもに使うとは限らない

スポンサーリンク

今年満期となった次男の学資保険。
これはそっくりそのままイオン銀行の定期預金に移しました。
DSC05535.jpg
学資保険は、子どもの教育資金として貯めてきたものですが、必ずしも教育費に使わなくてもいいのですよね。
以前の私ならば、考えられないことでしたが。


【学資保険】
次男の学資保険は次男が生れた年に加入し、数年間は毎月保険金を支払っていました。
別口座に貯めていたお金がある程度まとまったときに、学資保険の残りを一括全納しました。
その当時の家計簿は、ノートにつけていたようにも思いますが、もう手元には残っていません。
なので、いったいいくらを一括払いにし、いくらお得だったのか・・・というのは、もはやわかりません。
先日、次男が18歳となり学資保険が満期となりました。
実際に払い込んだお金がいくらだったのか細かい数字はわからないのですが、数十万円は得したと思ってます。
しかし、次男が生れた当時の定期預金の金利は3~4%はあったと思うので、300万円を定期として組んだほうが、お得だったのかもしれませんね。
ただし、親が途中で亡くなった場合はその後保険料は払わなくていいというのが学資保険の利点でありお得なところ。
幸い、夫も私もここまで元気で生きてこられたので、我が家にとってはこれが最大の得したことになるんでしょうけどね。
さてさて、長男のときは満期となった学資保険は、ゆうちょの普通口座に入れたままにしていて、そこから入学金や授業料など引き出して支払っていきました。
しかし、今年の私はちがいます。
次男の満期となった学資保険は、すぐさまイオン銀行の定期預金に入れてしまいました。
これから受験なのですが、定期を組んだのです。
【目的別貯金】
我が家の貯金はおおまかに分けて3つあります。
①教育費貯金
②老後貯金
③万が一貯金

①教育費貯金
文字通り子どものための貯金であり、これまでは学資保険をメインに貯めてきました。
次男の学資保険が満期になったことで、我が家の学資保険はとうとう中学生の娘一人の分だけになってしまいました。
うーん。
なんかちょっとさびしいな・・・。
②老後貯金
数年前に夫が転職しました。
その時の退職金を老後のための終身保険としました。
亡くなれば死亡保険がおりますが、生存していれば60歳過ぎから5年ごとにお金が戻ってくるというもの。
金額的には全然少ないので、老後資金としてはあまりあてになりません。
③万が一貯金
車の買い替え、大型家電の買い替え、その他入院や事故などの万が一に備えての貯金です。
定期預金と養老保険に分散させています。
定期預金はおろすことが可能ですが、養老保険は満期にならないとお金は引き出せないので、強制的に貯蓄をすることができます。
貯金もざっくりと目的別に分けておくと、整理しやすく管理もしやすいと思います。
【学資保険を定期預金へ移した理由】
次男の学資保険の満期金は、イオン銀行の定期預金へ入れました。
理由は、金利が高かったから(笑)。
以前の私ならば、学資保険なのだからどこまでも子どもの教育費に使わなければならないというアタマでした。
そのほうが自分でもわかりやすかったからです。
長男の満期となった学資保険300万円は、ゆうちょの普通口座に入れていて3年かかってなくなりました。
しかしですよ。
使い道が決まっている教育資金でも、一気にすべてなくなるわけではないのですよね。
普通預金の微々たる金利の口座に入れておくよりも、1,000円でも100円でも利息がついたほうがいい。
節約を意識するようになってから、考え方が変わりました。
口座を移すのがめんどうだ・・・なんて言っている場合ではないのです。
行動あるのみです。
イオンカードセレクトを持っていると、イオン銀行の普通口座でも金利はゆうちょの5~6倍なのです。
⇒すぐに引き出せるお金は金利6倍のイオン銀行に移します
なので満期となった学資保険は、ひとまずイオン銀行の普通預金口座に入れました。
【貯蓄をスライドさせるという考え方】
学資保険がおりたことをきっかけに、我が家の貯金を整理してみました。
すると、すみしんSBIネット銀行に昨年預けた1年ものの定期預金がまもなく満期となるではないですか。
このネット銀行の定期預金を、次男の教育資金にスライドさせればいいのです。
この時点で一番金利の高かったのは、秋の特別金利キャンペーンをやっていたイオン銀行でしたので、学資保険をイオン銀行の定期預金に入れてしまいました。
目的別貯金ではありますが、必ずしもその目的に使わなくてもいいのですよね。
どうせ懐は一緒なわけだし。
こんな柔軟な考えは、昔の私にはありませんでした。
いや、あったとしても、お金をあっちにこっちに移すのはめんどくさい・・・と思っていたでしょうね。
本気で家計管理をし本気でお金を貯めたいと思うのなら、お金にとってどこが一番居心地の良いところか真剣に考えるべきなんだなぁ・・・と、いまこの歳にして思うわけです、はい。



【投資信託積立の行方】
この秋から、投資信託を始めました。
月々1万円を海外の債券に積み立てています。
そして、もうひとつ毎月分配型の投資信託を始めました。
こちらはイマイチまだ勉強不足なので、まずは10万円を投資してみました。
その2日後に、分配金の支払日だったらしく、口座に220円ほどが振り込まれました。
わずか2日で220円。
投資ってすごいなーと思った瞬間でした。
もちろん投資は元本保証はないので、自己責任でやらなければなりませんが、この2か月で確かな手ごたえを感じています。
井の中の蛙ではなく、これからは外国にも目をむけていかなければならないんだなぁ・・・。
この投資信託が順調に育って、我が家の貯蓄の4番目の太い柱になることを、密かに願っています。

タイトルとURLをコピーしました