3,200円と1,772Pのお得 国民年金保険料の払い方

スポンサーリンク

長男にもついに年金手帳が届きました。
20歳になったら国民年金。
保険料の支払いは義務です。
DSC02233.jpg
我が家の場合、大学生の長男の国民年金保険料は親が立て替えます。
就職してから返してもらいますよ、ちゃんとね。


【国民年金保険料を納付するまでの流れ】
20歳の誕生月の1日に国民年金機構から、加入の案内が届きました。
必要事項を記入して郵送すると、1か月ほどで国民年金保険料の納付書が郵送されてきました。
国民年金加入はわかっていたことなので、前もっていろいろ調べました。
いかに安くお得に支払うかってことを。
⇒収入がないのに払えだなんて!学生の国民年金保険料
今回郵送されてきた封筒には、ご丁寧に「1年分前納用」「6か月分前納用」「毎月納付用」と、何枚も納付書が入っています。
DSC02234.jpg
こちらは毎月支払う納付書。
長男は8月生まれなので、8月から来年3月までの納付書が8枚。
DSC02236.jpg
私はもちろん前納でいきます。
しかし、誕生月の8月分は前納できないのでこれだけは1か月分の支払いで15,040円。
平成25年9月~平成26年3月分を前納で 104,250円。
合計で119,290円! 郵便局から納めてきましたともっ!
たっ・・・高いよ・・・・。
でも、前納すると毎月納付した場合より1,030円の割引となります。
たった1,030円?
いやいや、貴重な1,030円ですよ。
1円たりとも余計に支払いたくないですから。
1,030円あったらランチに行ける。
1,030円あったら我が家の1日分の食費となる。
1,030円あったら・・・・
などなど、アタマの中で計算してしまう私。
【初年度はお得な支払ができないわけ】
前納することにより、若干安く支払える国民年金保険料ですが、もっとお得に支払える方法が実は使えませんでした。
クレジットカード納付ができないのです。
クレジット納付は、2月末か8月末に申し込みをしなければならないので、今年度分は間に合いませんでした。
クレジットカード払いを希望する場合は、近くの年金事務所へ申込みが必要なので、さっそく問い合わせをしてみます。
ちなみに、現金で1年分前納する場合もクレジットカードで前納する場合も、納付額は同じ177,280円で3,200円の割引です。
しかし、口座振替で1年分を前納すると176,700円。580円安い
でもね、私はクレジットカード払いで行きます。
だって楽天カードで支払うと、楽天ポイントが1,772Pもらえますから♪
580円よりも1,772Pです♪



来年度はクレジットカード払いで、割引は3,200円になります。
3,200円あったら何しよう?(笑)
そして楽天ポイントで何買おう?
長男には
「国民年金保険料を支払った分以上に年金が受け取れるよう、長生きしてください」
とメールしました。

タイトルとURLをコピーしました