一人暮らしの大学生 仕送り額の決め方 

スポンサーリンク

帰省中だった長男が無事に向こうへ帰っていきました。
大学生活はレポートに追われながらも、サークル活動やバイトをし、充実した生活を送っている模様。
DSC01936.jpg
離れて暮らす大学生の子どもへの仕送り額は、年々減ってきていると聞きます。
それでも親にとっては、大きな大きな出費。
少なすぎても、子どもがバイトに明け暮れて学業がおろそかになっては困りますし、多すぎてもそれは子どもが将来自立するのを妨げます。
いったいいくらくらいが妥当なんでしょう・・・。


【大学生への仕送り額】
1人暮らしの大学生の親からの仕送り額は、平均9万5千円。
⇒イマドキ大学生の生活実態
仕送り額は、家賃・生活費などを含めた額ですが、年々減ってきているそうで。
景気の低迷や失業率が増える中でのことなので、しかたのないことなのかもしれません。
私の友人との話の中でも、仕送り額はだいたい10万円という人がほとんど。
中には、18万円という目玉がひっくり返りそうな人もいますが、これは医学部系の予備校に通う息子さん。
予備校の授業料に寮費・食費など含めた額ですが、なんにせよ医学部に入るのってお金がかかるんですね。
まぁ、我が家には関係のないお話なので、一般的な大学生の親からの仕送り額は10万円以内といったところでしょうか。
【我が家の仕送り額 内訳】
長男の住むアパートの家賃は、4万5千円。
食費を1日1,000円として月3万円。
光熱費が月1万円。(水道・ガス・電気・NHK受信料含む)
生活雑費が5,000円。
さらにアパートの火災保険が年間1万2千円かかるので、毎月1,000円を積み立てとして口座に貯蓄しています。
残りが9,000円。
これが長男のおこづかいになるんでしょうね。
洋服を買ったり、どこかに出かければお金はかかりますし、友達とのつきあいやサークル活動などでもお金はかかります。
9,000円で足りない分は、バイト代からねん出しているようです。
そういえば、中古の自転車も自分で買っていたなぁ・・・。
【仕送りを10万円にした理由】
2012年の大卒の初任給は20万円弱。
⇒大卒初任給が1.2%減
つまり手取りとなると16~17万円。
社会人をスタートしたら、この額で経済的に自立しなければなりません。
長男への仕送りは10万円ですが、実は他にスマホ代とネット回線使用料はこちらで負担しています。
合わせて月に1万円ほど。
当然社会人になったら、これらもすべて自分で支払うことになります。
同じような家賃のところに住んだのなら、給料から残るお金は5~6万円ですよね。
社会人になったら、交際費もかかることでしょう。
社会人としてそれなりの服装もしなければなりません。
自分の趣味としていろいろ買いたいものもでてくるでしょう。
そして貯蓄だってしなければなりません。
そんなことを含めたら5~6万円はあっという間に飛んでいきます。
10万円以上仕送りしたのなら、社会人になってからは学生時代より生活が厳しくなるんじゃないかなぁ。
長男の友人の中には、学費だけは親が支払っていて、家賃も生活費もすべてバイトで稼いでいるという人もいるんだとか。
上をみたらきりがないけど、下をみてもきりがない。
その家庭、家庭で考え方はいろいろですが、子どもが一人暮らしをする以上は、きちんと親子で話し合い、子どもにもお金の教育をするべきなんだなぁ・・・と、今更ながら思います。
今回、長男が帰省したらそんなお金の話をしようと思っていましたが、友人たちと遊び歩いてほとんど家にいなかったので、その機会がありませんでした。
まっ、いっか。
来月長男のアパートに行くし、その時にでも・・・。
あ・・・、そこまでしてお金の話をしたら、うざい親だと思われるね。
長男が社会人になるまでには、そういうお金の教育をたたきこんで、社会に送り出したいと思います。

大学生
スポンサーリンク
soratohanaをフォローする
スポンサーリンク
がんばらない節約とシンプルな暮らし
タイトルとURLをコピーしました