はじめての株 最初に準備するもの3つ

スポンサーリンク

秋田もようやく梅雨明けしました。
子どもたちは夏休みで、町はお祭り。
あああっ、もう晩ごはん作るのやだ~っ!ってなわけで、夕食は回転寿司。
DSC01818.jpg
ここで株主優待券の登場です。
外食も格安で食べることができる株主優待は、本当にありがたい。
⇒カッパ寿司株主優待券は届いたけれど 配当金はなくなりました
今月は「株」についてもっと勉強したいと思います。


【株をはじめる準備】
イオンの株主優待がおいしいという噂を耳にして、見よう見まねでイオンの株を買ったのが今年になってから。
とりあえず勢いで株を買ったけれど、その後いろんなことがわかってきましたし、まだまだわからないこともたくさんあります。
⇒私的トップニュース!イオンの株主になりました
株を買ってから半年が過ぎた今頃、株を始めるにあたって必要なことをまとめてみました。自分のためにね・・・。
1.パソコン操作
2.証券会社に口座開設
3.口座に入金
と、この3つの準備をすれば、誰でも株を買うことができます。
【パソコンがあればできる】
実は私は株初心者ではありますが、昔株式投資をしたことがあります。
といっても、当時は知り合いの証券会社の方にお金を預けて、その方が運用してくれていたので、私は銀行にでもお金を預けているような感覚で、自分で株に投資しているなんてまったく思っていませんでした。
当時、50万円預けたお金は数か月で89万円となり、100万円預けたお金は140万円になって戻ってきたという記憶があります。日本が好景気に沸いていたバブルのころのお話です。
昔は株に投資するには、証券会社に出向いたり、証券マンを通して株を売買するしかありませんでしたので、庶民にはとても敷居が高かったのですが、今はパソコンがあればだれでもオンライントレードができるのですよね。
手数料も安いし、本当に簡単に株が始められる世の中になりました。
【証券会社に口座開設】
証券会社はたくさんありますが、唯一ネットバンクの口座を持っていたのがSBI銀行。よって、迷うことなく証券会社もSBI証券にしました。
⇒無駄な支払はしたくない 振込み手数料は無料に限る
もともと株主優待目的で株を買うつもりでしたし、10万円ほどで買える株が狙いでしたので、売買手数料が一番安いSBI証券は魅力的でした。
その後、楽天にも口座開設したので、今後はSBI証券と楽天証券を比較しながら、自分にとって満足できるほうを選んでいきたいと思っています。
【証券口座に入金】
SBI銀行のネットバンクから、SBI証券にお金を入金します。
入金といってもパソコンの画面上で、SBI銀行からSBI証券に数字を移動させるだけなので簡単です。
あまりにも簡単なので、ほんとにこれで大丈夫かと不安になりますが、今のところトラブルはありません。
あとは、自分が投資したい会社の株を証券会社の株式ページで買うだけ・・・なのですが、どの銘柄にするかはやはり自分で勉強するしかありません。
なんだかよくわからない・・・という人は、とりあえず私のように使える株主優待を選ぶというのもありですよね。
イオンの株は、近くにイオンのお店がある方にはホントにオススメです。
オーナーズカード提示で、イオンで買い物した代金の3~5%がキャッシュバックされるんだもの。
半年分ずつまとめてキャッシュバックされるので、けっこうまとまったお金になります。
⇒イオン株主優待をとことん使おう

タイトルとURLをコピーしました