株初心者 どの株主優待を選んだらいいの

スポンサーリンク

忘れていたころに届いた株の配当金は899円。
モスフードの株はもう売ってしまったのですが、権利確定日に株を持っていたという事実だけで、配当金がしっかりもらえるなんてちょっと得した気分。
DSC01603.jpg
モスフードの今期の配当金は1株10円。
よって100株保有していた私は1,000円の配当金がもらえましたが、ここもしっかり所得税が引かれて899円となっています。


株を持っているんだから、もっと経済について勉強しなければならないとは思っているんだけど・・・そこはにわか弱小株主なので適当なところです。
でも、先日本屋で経済情報誌を立ち読みしてきました(←買えよ)。
私のように株主優待目的で株を買う超初心者が選ぶべき株は
株主優待の品が自社製品であるということなんだって。
例えば、モスフードならばモスバーガーで使える商品券だったり、日清食品であれば日清製品であったり。
会社が経営困難になったときに、まっさきに削られるのが株主優待だったりするそうですが、自社製品であれば簡単に削ることはないそうで・・・。
ということは、株主優待を図書カードとかクオカードなんていうものにしているところは、要チェックなんですね。
株って動かしてなんぼ・・・って世界だと思うので、私のように仕事をしていて、ろくに株価の変動もチェックできないようなものは、せめて株主優待をもらってホクホクしているところが関の山です。
しかも、塩漬けどころか塩の上に石を置いて長期保存してしまっているような株は、もはやどうしていいかわからない状態です、はい。
やはりこれからは、経済雑誌を立ち読みではなく、ちゃんと買ってじっくり読まないとダメなんでしょうねぇ。
⇒株売った!利益出た!株初心者の小さなお話

タイトルとURLをコピーしました