がんばらない節約その1 半年かかって出た答え 

スポンサーリンク

長男が大学生になり、「節約」という意識が芽生えたのが昨年。
「節約=モノを買わないこと」だと初めのうちは思っていましたが、半年が経過してようやく自分なりの本当の節約というものが見えてきました。
ドリンクバー風に?
シンプルでがんばりすぎない節約。
自分に必要なものとそうではないものを、きちんと自分で理解している。
人は人。自分は自分。
自分にできることを無理なく続けて、自分が快適に暮らせることが一番です。
そんなわけで、節約に関する自分のこれからの生き方をまとめてみました。(←やや大げさ)


【食費の節約】
主婦ができる節約の中で一番結果が目に見えてわかるのが、食費。
⇒前年度比 食費が月2万円減った理由
1年間なんのストレスもなく続けてこられたので、このまま実践していこうと思います。
本当はお菓子代をもう少し減らしたいのですが、これはこれで楽しく無理なく続けていける糧ともなっていますので、まっ・・・いっか!(←自分に甘め)
⇒お菓子代月3,000円 げん玉クーポン券利用しています
【家計簿をつける】
基本中の基本としては、やっぱり家計簿は大事です。
家計のお金の流れを把握しないことには、話になりません。
⇒最初にする節約術 家計簿から始める
お金が余るほどある方は家計簿なんてつけなくても全然いいと思いますが(←実はそういう生活に憧れる)、限られた収入の中でやっていくには、家計の収支のバランスがとても大事。
教育費もねん出しなければならないし、老後のお金も貯めたい。
家計簿をつけることで、今後の生活のめども立ちますし、万が一にも備えられる太くてどっしりとした家計の底力を目標にしています。
【資産運用を考える】
今後収入が大きく増えることもないだろうし、日本経済だってどうなるかわからない。
与えられる給料のみで堅実な暮らしも大切ですが、資産を運用するという考え方も芽生えました。
もちろんわずかな資産なので、ハイリスクハイリターンは望みません。
でも低金利の銀行に黙って預けておいたお金を、ちょっとだけ株に投資するということも覚えました。
主な目的は株主優待。
これだけでも、銀行の利子よりもずっと大きな優待や配当金が得られます。
⇒イオンの株主になりました
まだまだ株は初心者ですが、これからちょっとずつ勉強していきたいと思っています。
⇒株売った!利益出た!株初心者の小さな話
続く・・・

タイトルとURLをコピーしました