中学生 吹奏楽部 意外にかかる消耗品

スポンサーリンク

「このチョコレート食べていいの?」と次男が間違うほどに、高級な包に入っているのは、リードです。
DSC01415.jpg
中学生の娘は吹奏楽部で使うクラリネットのリードは、トラディショナル青箱がお気に入り。
すごく使いやすいんだって。


【リードってなんぞや?】
リードってなに?と思ったあなた・・・いえ、私。
娘が吹奏楽部に入るまで、リードって知らなかった!
DSC01417.jpg
リードは、クラリネットの口の部分に固定させて息を吹き込むことにより、竹でできたリードが振動して音を出すのです。
なんて、知ったかぶりです。だって私はクラリネットは音すら出せないんだもん。
このリードが硬いとかやわらかいとかで、ずいぶん音色が変わってくるそうです。
【中学生 吹奏楽部にかかるお金】
長男や次男がサッカーにかかっていたお金に比べたら、吹奏楽部にかかるお金はそれほどでもありません。
楽器さえあればいいのですから。
けれどもクラリネットのリードは消耗品。

1箱10枚入ったリードは、半年ほどで買い替えています。
リードもピンきりありますが、今のところ娘が気に入っているリードは一箱2,000円弱。
年間4,000円弱のリード代と、吹奏楽部の部費が年間36,000円。
うーーん、年間40,000円か・・・。
こうやって考えるとやっぱりそれなりにかかっているもんですね。
リードは近くの楽器店で買うよりもやっぱりネットで買うほうが安いです。
なんにせよ、教育費ってかかるもんだなぁ・・・。

中学生
スポンサーリンク
soratohanaをフォローする
スポンサーリンク
がんばらない節約とシンプルな暮らし
タイトルとURLをコピーしました