安い鶏肉でも親子丼をレベルアップする方法

スポンサーリンク

最近、親子丼をおいしく作る方法を極めました。(←大げさ)
実は親子丼はあまり好きではないのですが、家族は大好きなので作ります。
私は、鶏肉を除いた卵と玉ねぎの部分だけをごはんにのっけて食べてます。
何が苦手って、肉を煮たのがどうもダメでして・・・。
焼いた肉は大好きなんですけどねぇ。
そんな我が家の親子丼。
DSC01323.jpg
これぜったいおいしい!
たぶん店を開ける(爆)。


【我が家の親子丼の作り方】
いつものように親子丼を作る前にちょっとひと手間加えます。
1.鶏肉に塩を振る
DSC01316.jpg
2.魚焼きグリルで鶏肉をパリっと焼く
DSC01317.jpg
3.焼いた鶏肉を適当な大きさに切って、あとはいつもの親子丼を作る
なんのことはない・・・。これだけなんですよね。
鶏肉をグリルで焼くことにより、余分な脂が落ちて肉の臭みがなくなります。
テレビで、親子丼の有名なお店が鶏肉を炭火で炙ってから作るのをみて、まねっこしたんですけど(汗)。
比内地鶏なんかのおいしい鶏肉だったら、臭みもなくふつうにダシ汁で煮てもおいしい親子丼が作れるんでしょうけど、なんてったって節約メニューを作る我が家で買う鶏肉は、外国産だったりしますから。
そして密かな贅沢に・・・
DSC01313.jpg
鶏肉に使った塩は「雪塩」
東京ソラマチで買ってきた私のちょび贅沢です。
⇒東京ソラマチ商店街 見所いっぱい
DSC01323.jpg
鶏肉が香ばしくて、食欲をそそります。
この親子丼なら私も食べられます。
安い食材にちょっとのひと手間で、おいしく食べられる。だから節約メニューはやめられないっ。

タイトルとURLをコピーしました