クレジットカードに泣かされない 上手なカード利用で家計管理

スポンサーリンク

クレジットカードを使うことは、まるで借金をしているかのような後ろめたさがありました。
というのは10年前の私。
いまや、ほとんどのお店でポイント制が取り入れられ、クレジットカードにもお得でおいしいポイントがついています。
クレジットカードを上手に取り入れないと、とたんに家計は破たんすることになってしまいますので、私がクレジットカードを使う上で気をつけていることをまとめてみました。


 


【今持っている現金で買える範囲のクレジット払い】
クレジット払いって、クレジット会社にお金を出してもらって、自分は後で支払うシステムなんですよね。
カードには必ず「ご利用枠」というのがあって、30万円だったり50万円だったりします。
ここを勘違いしてはいけません。
ご利用枠が50万円だとすると、自分が50万円持っているような錯覚になって使ってしまうとアウトです。
これではクレジット会社にまんまとはめられたことになります。
私はクレジットカードを利用するときは、買い物した金額をジッパーつきの袋(100均で購入)に入れてしまいます。
そして月末にその袋に貯まったお金を、引き落としになる口座にまとめて入金します。
こうすることで、支払ができない~という事態に陥ることがありません。
というか、自分が持っていないお金以上の高額商品を購入するのは、怖くてできないんだよね・・・。根っからの貧乏性です。
【ネットで明細表を必ずチェック】
カード会社から来月の支払いの案内がメールで届くので、必ずネットで明細表をチェックします。
1か月前に買ったものって意外に忘れていて、こんなの買ってた!と改めて気づくので、家計管理のヒモを再度きつくしめなおすいい機会になります。
【固定費はカード払いにする】
毎月必ず支払う固定費はカード払いにすると、どんどんポイントが貯まります。
固定費は、節約できないので削れないしね。
私は携帯電話代と光熱費を楽天カードで支払っています。
楽天カードのランクはいつの間にかダイアモンド会員になってました。
誕生月には700Pのプレゼントがあるし、毎月届くメールの利用明細書には福引がついていて、最大50,000Pが当たるチャンスも!
外れても70P(ランクにより異なる)は必ずもらえます。
こりゃあ、ポイント貯まるはずだよねぇ。



【カード利用は1点集中】
カードをたくさん持ちすぎるとポイントが分散されてしまいますので、1枚に集中するのがベスト。
私はネットでの買い物は楽天カード。
イオンネットスーパーは、イオンカード。
この2枚持ちです。
ちなみにイオンネットスーパーで買い物したものをイオンカードで支払うと、イオンネットスーパーポイントと、カード利用のときめきポイントが二重に貯まってさらにお得。
もちろん20日・30日のお客様感謝デーにイオンネットスーパーを利用します。
ポイント10倍だもんね。



【リボ払い・ボーナス払いは絶対しない鉄則】
リボ払いはぜったい、ぜったいしません。利息などという支払う必要のないお金はいっさい払う気ありません。
ボーナス払いは利息がありませんが、このご時世ボーナスをあてにして買い物はしません。大手企業はアベノミクスで景気回復などと言ってるけど、田舎の中小企業では給料・ボーナスアップなんて望めませんし。
大きな買い物をする必要があるときは、すぐには買わずに毎月少しずつ貯めて、貯まってから買う。
これが私なりの鉄則。
家電など壊れるときは一気にきますよね。なので、なるべくボーナスは温存しておいて、急な出費のために貯蓄します。
【そして貯まったポイントでプチリッチに買い物を】
今の私のシアワセは、こつこつ貯めたポイントで欲しいものを安く買うこと。これに尽きます。
あ・・・もちろん、家族の必要なものも買いますよ。家計の出費が抑えられますから。
アベノミクス効果はまだまだ田舎には普及しませんが、テレビをみていると、昨年よりは財布のヒモが緩んでいて、みなさんプチ贅沢をするようになったとか・・・。
私はクレジットカードを上手に賢く利用して、ポイントでプチ贅沢かな。

タイトルとURLをコピーしました