劇団四季 ライオンキングのすごいところ

スポンサーリンク

「劇団四季のライオンキングをもう20回以上は観ている」といっている人をテレビで偶然目にしました。
うぬぬぬぬぅ~。うらやまし過ぎるぞ。。。
テレビでも生放送で劇団四季のみなさんがライオンキングを披露したのですね。
この動画をみて、また泣けた私は涙腺弱すぎっ!
劇団四季のミュージカルはまるで麻薬のようです。


劇団四季を観終わって日にちが経てば経つほど、フツフツとあらゆるシーンが脳内によみがえってきて、また観たい!と思わせるのは、脳内にアドレナリンが出まくる まるで麻薬と一緒だわ・・・。
昨年「美女と野獣」を観たときも、衝動が抑えられなくてCDまで買ってしまったもの。

ライオンキングに出てくる動物の動きは、パペットをつけている人間なのに本当に動物にみえます。
キリンもゾウもチーターもシマウマも・・・みんなみんなすばらしい!
最初に出てくる舞台の奥の、ユラユラとゆれながら出てくる太陽は、アフリカの灼熱の太陽のようで・・・そんな舞台美術もクォリティが高くて高くてすごいとです。
初めて観た舞台は、ただただあっけにとられてしまいますが、2回目3回目と観るたびにきっといろんな発見と感動を与えてくれるのでしょうね。
増え続けるリピーターで、まだまだライオンキングはロングランをし続けると思います。
遠くて簡単にリピーターになれない私は、今日もyou tubeの動画を観て我慢、がまんです。


↑ 太陽にすら感動します。

タイトルとURLをコピーしました