冷えとり めんげん 好転反応・・って怪しくない?

スポンサーリンク

冷えとり靴下を履いて2日め。
足先が冷たいからという単純な理由で、冷えとり靴下2枚の重ね履きからスタートしましたが
その後あちこち調べるうちに、「めんげん」という言葉がどうにもひっかかるようになりました。
DSC00410.jpg
めんげんとは、身体の毒が出ている好転反応だそうです。
冷えとりを始めると、吹き出物や下痢、頭痛などなど・・・いろいろな症状が出てくるそうですが、身体の不調の原因を表に出して治すのが冷えとりだそうで。
こういった症状が出るのも良くなっている証拠で好転反応というらしいのです。
めんげんが出る時期も期間も人によってさまざまで、すぐに出て数日でおさまる人もいれば何年もめんげんに悩まされる人もいるんだって。
ねーねー!!
これって、なんかどこかにある勧誘っぽくないですか?
もしくはなんかの宗教?
不調もすべてめんげんで片付ければ楽だよね・・・。


すみません。
冷えとりについてよく理解しないまま、とりあえず靴下を履いているので
こういった疑問が生じております。
昨日は「毒だしで靴下に穴があく」のを面白半分楽しみにしていましたが
いろいろな方のめんげんらしき症状をみて、なんだか怖くなってきたびびる私。
とか言いながら
本当の冷え取り生活は、靴下4枚の重ね履きに加え
半身浴とか食事とかいろいろなことをすべて含むそうなので
たった2枚の靴下を、夜だけ履いている私のような「にわか冷えとり信者」には
きっと「めんげん様」も降臨しないよね・・・。
でも、絹の靴下5本指はさらさらの感触でとっても気持ちがいいし
綿の靴下の重ね履きは足先がぽかぽか温かいので快適です。
しばらく「半冷えとり靴下生活」を続けてみます。
DSC00405.jpg
↑ う~ん・・・。おっさんくさい足元ですね(笑)。

冷え
スポンサーリンク
soratohanaをフォローする
スポンサーリンク
がんばらない節約とシンプルな暮らし
タイトルとURLをコピーしました