大学生一人暮らしの光熱費平均 暖房費が比較的抑えられた理由と息子への願い

スポンサーリンク

大学2年生へ進級した次男。
昨年度1年間の水道光熱費平均が出そろいました。
6db4b8860e01a7f4e6575e4f0073aa88_s.jpg
冬の暖房費がさぞかしかかるかと思いきや、それほどでもなかった1年間でした。


【一人暮らしの水道光熱費】
子どもへの仕送り額を決める時、光熱費にいくらかかるのかがわかれば、比較的決めやすいのではないでしょうか。
4年前に長男が大学生となり一人暮らしをするときに、光熱費の予算は1万円と想定しました。
水道・電気・ガス代。
実際には、これにプラスしてNHK受信料も必要でした。
4年間、関東地方で暮らしていた長男の水道光熱費+NHK受信料の月平均は、8,000円程度。
夏は冷房費がかかりこそすれど、冬は日当たり良好のアパートで、日中は暖房要らず。
都市ガスだったおかげもあり、ガス代も比較的安かったのです。
さて、対する次男。
東北地方のとある街。
当然冬は暖房必須。
しかも、次男のアパートには最初からFF式の暖房器具が備え付けられていたのですが、これがガスストーブ。
冬場はガス代だけで1万円くらいになるのではないかと思っていました。
ちなみにガスは、料理をするときのガス台、お風呂などのお湯を沸かす給湯器、そしてガスストーブに使われます。
大学生光熱費2015
1年間アパートで過ごしてきて、1月・2月の真冬でも、ガス代は6,000円くらいで収まっていました。
【ガス代があまりかからなかった理由】
昨年の秋ころからバイトを始めた次男。
週に3日くらい飲食店でバイトをしているのですが、夜は8時頃から4~5時間の勤務だそうです。
日中は大学で過ごし、夜は週の半分をバイト先で過ごしているので、アパートの部屋でガスストーブをつける時間はあまりなかったのですよね。
とはいえ、次男の暮らす地域は、水道代がとても高い。
長男は、水道代が月に1,000円程度だったのに、次男の住む地域は水道一定量までは定額制。
NHK受信料も、次男のアパートはBS受信ができるところなので、見もしないBSに受信料を払わなければならないという・・・。
アパートを探すときは、そんなところまでみて選べるわけではないので、なんだか無駄な出費だなー・・・と、後になってから思ってもしかたのないこと。
光熱費って地域によってかなり差がありますが、目安としては月に1万円くらいと思っていればいいのではないかと思います。
【次男への願い】
先日、次男の大学授業料前期分を入金しました。
267,900円。
年に2回、前期と後期の授業料納入があるので、大学4年間では全部で8回。
今回の入金で、3/8の授業料を納入したことになります。
あと5回か・・・。
道のりはまだまだ長い。
授業料を入金した翌日、次男の1年生の時の成績表が郵送されてきました。
「なんで単位を落としてるのさ!!!」
次男へ速攻LINE。
かろうじて2年へ進級できる単位は取得していましたが、1年で単位落としていたら、これからますます大変になるじゃん!!
「ごめんなさい。
でも、留年は絶対しないから」
次男からの返信に、鼻息荒くすぐさまLINEに文字を打つ私。
「当たり前!留年したら、大学辞めてもらうからね!」
・・・と、文字を打ったところで、ハタと考えました。
いかん、いかん。
センター試験でボーダーぎりぎりで入った大学ではないか。
この1年間、次男なりに一生懸命やってきたと思う。
一人暮らし、自炊。
朝、一人で起きて大学へ行く。
バイトだって時間厳守で行かなければクビになるだろうに、今まで続いているのは、ちゃんと時間を守れてるからにちがいない。
高校生まで、朝は一人で起きられない、時間にルーズでいつも遅刻ギリギリで学校へ行き、ダラダラとナメクジのような生活をしていた次男。
そんな次男を知っているからこそ、大学生となったこの1年間は、ものすごい進化を遂げたではないか。
LINEの文字を打ちなおしました。
「当たり前!あなたは普通にやっていればちゃんとできるんだからね。
2年生は、がむしゃらになってやってみなさいね」
「大丈夫っす!」と次男からの返事。
なにが大丈夫なんだか・・・・。
ふーっ・・・。
それから数日後、次男からLINEが届きました。
「母の日に贈り物を送ったけど・・・」
!!!!
えっ?!!!!
この私に?
バイト代で贈り物?
うっそ!
めっちゃ感動して涙出そう。
「そんな気をつかわんでいいよ。
あのね、私の願いはあなたが社会の中で一人で生きていける力を持つこと。
そのためにも、今は一生懸命勉強してくださいね。」
「気まぐれさ~。
5月8日に届くから」
と、次男。
単位を落とした後ろめたさからのプレゼント攻撃なのか、そんなのはもうどうでもいいわ。
「ありがとう。うれしいよ。」
素直に次男に言葉を伝えました。
「ところでさ、プレゼント送ったんだけど、まちがって着払いになっちまったんだよね。
オレの(バイト代が入る)口座から、払っておいてください。」
・・・って!
着払いのプレゼントかーいっ!!!

タイトルとURLをコピーしました