貯めるポイントよりも使えるポイント 1年間で貯まったwaonポイント

スポンサーリンク

イオンが、共通ワオンポイントカードを6月より始めるようです。
DSC04256.jpg
果たしてそれは、自分の生活圏に合ったポイントとなるんでしょうか・・・?


【ポイントカード】
イオン系列のお店で買い物したとき、waonで支払うと貯まるのがwaonポイント。
イオン系列以外のお店で現金で買い物しても、waonポイントが貯まるようになるのが「共通ワオンポイント」。
・・・ということは、共通ワオンポイントというのは、電子マネーではなく、買い物した金額に応じて貯めるスタンプカードのようなものなんでしょうか?
すでにwaonカードを持っている私にとっては、これはありがたいことなのか?
単にカードが増えてわずらわしくなることなのか?
現在使っているwaonカードを提示して、waonポイントが貯まるのだったらうれしいのですが・・・。
【1年間のwaonポイント】
食料品と日用品のほとんどを、イオン系列のお店で買っている私にとって、waonポイントはもはや現金と同じです。
ポイントも一点集中で貯めると、おもしろいように貯まるので、ゲーム感覚となっています。
waonポイント2015年度
2015年度の1年間で貯まったwaonポイントは、29,200P。
上半期は、娘のスマホをイオンで購入した時のキャンペーンポイントが、半年間毎月約1,700円分もらえていました。
4月に5,700Pもついているのは、イオンカード決済で貯まったときめきP2,500Pを、waonに移行したから。
キャンペーンを利用したり、ときめきPをwaonへ移行させると、予想以上にwaonが貯まって、うれしくなっちゃいます。
waonポイントは、200円の買い物につき1Pなので、決して還元率としては高くないのですが、5の付く日のポイント2倍や、10日のありが10デーのポイント5倍を上手に利用したいものです。
といっても、必ずしもその日に買い物に行けるわけではないのですけどね・・・。
【イオン銀行ポイントクラブ】
waonポイントを貯める手段としてのもう一つ方法が、イオン銀行ポイントクラブに入ること。
イオンカードをイオンカードセレクトにすることで、イオン銀行へ口座を開設することになるので、自動的にイオン銀行ポイントクラブにも入ることになります。
イオン銀行での取引に応じて、ステージが上がっていくのですが、現在私はステージ3。
いつの間にか、最高ステージとなりました。
イオン銀行ポイントクラブ
わくわくデーのポイントは、5の付く日にオートチャージをすると、ポイント3倍。
つまり、6月・7月は、1度も5の付く日にオートチャージをしていなかったということ。
定期預金に100万円以上、投資信託に100万円以上預けると、ステージ3ではそれぞれ毎月100Pもらえます。
10月まではステージ2だったので、定期預金のポイントは毎月50Pでした。
投資信託は、1月になって100万円を超えたので、こちらのポイントももらえるようになりました。
セレクトカードでは、waonで支払った分にポイントがもらえるだけではなく、オートチャージした分にもポイントがつきます。
自分のイオン銀行口座から、オートチャージでwaonへお金を移動させただけなのに、これにもポイントがつくなんて、ありがたい限り。
そんなこんなで、毎月waonで支払ってもらえるwaonポイントの他にも、イオン銀行ポイントクラブで自動的につくポイントもあるのです。



【貯めるポイントよりも使えるポイント】
それにしても世の中ポイントカードがあふれかえっていますね。
上手に使い分けないと、財布の中がカードだらけになってしまいます。
私が使っているカードは、イオンカード、楽天カード、TUTAYA T-カード、TOYOTA TS カードの4枚。
それぞれ用途に分けて使っています。
ポイントは、ただ貯めるだけではなんの意味もありません。
使ってこそ、ポイントが電子マネーとして活きてくるからです。
だから、あちこちいろんなお店のポイントカードを持っていても、ポイントが分散されて、使えるほど貯まらない。
中には有効期限が切れるポイントもあったりして、それこそ無駄になってしまうのです。
自分の生活圏で使えるポイントを、なるべく集中して貯めて使えれば、ポイントは現金と同じ。
そうでなければ、ただのカードに表示された数字で終わってしまいます。
イオンもnanacoもPontaも楽天も・・・
いずれみんな共通ポイントになればいいのになー・・・・。

タイトルとURLをコピーしました