格安スマホってつながるの?性能悪いんじゃないの?大丈夫なの?と思っている方へ

スポンサーリンク

3日間、東京で遊んできました。
イオンモバイルに乗り換えてから、わずか5日後です。
DSC01945_20160404201425c26.jpg
格安スマホって、繋がりにくいんじゃないの?とか、安いから性能が悪いんじゃないの?とか、不安に思っている方へ。
私が3日間、東京で格安SIMフリースマホ イオンモバイルのarrows M02を使ってみた感想です。


【格安スマホのデメリット】
1.格安スマホはつながらない
格安スマホを運営するMVNOは、docomoなどの大手キャリアの通信回線を借りて接続しています。
よって、回線が込み合う時間帯によっては、大手キャリアのユーザーが優先されて、格安スマホユーザーはつながりにくくなる。
なーんていう噂を聞いたのですが・・・。
実際に東京でarrows M02を使っていて、つながらなくて困った・・・ということは、ほとんどありませんでした。
ほとんど・・・というのは、2日めのディズニーランドで「TDRのリアルタイム待ち時間」を検索した時に、つながりにくいと感じた時間帯が実際あったから。
DSC01965.jpg
でも、当日のTDRは入場制限がされたほどの激混みで、6万人以上いたと思われるTDR入場者の方たちの多くが、「リアルタイム待ち時間」を検索していたと思われます。
だから、格安スマホだからつながりにくい・・・っていうのは、あまり関係ないかなぁ・・・と、思っているんですけど、どうなんでしょう。
電車時間の検索や、yahooニュース閲覧などは、サクサクつながったので、まったく困ることはありませんでした。
ゲームはしない。
動画もみない。
ネット閲覧と検索。LINEとメールができればそれでいい。
こんな使い方の私にとっては、格安スマホだからつながりにくいという問題はまったく関係ありませんでした。
2.格安スマホはインターネットのデータ容量が少ない
これはちょっと前まではそうだったかもしれませんが、今は様々な通信プランが選べるようになりました。
自分の使い方に合わせて通信プランを選べばいいのです。
私が使っているスマホのデータ容量は、月に2Gまで。
自宅ではWi-Fiがあるので、モバイルデータ量はかかりません。
前の機種のgeaneeでは、月に1Gのプランでしたが、これも半分程度しか使っていなかったので、翌月にデータ量が繰り越しになり、毎月つねに2Gはありました。
今回のように東京へ出かけたさいには、無料Wi-Fiスポットはあてにできないので、モバイルデータ量をいったいどれくらい消費するかということが気になっておりました。
Screenshot_2016-04-03-14-24-49.png
イオンモバイルを使い始めた日が3月24日。
25日も丸1日、長男のアパート契約のため遠方にいます。
そして東京へ出かけていたのが、3月29日~31日まで。
3月は8日間のうち、4日間が自宅ではない場所でスマホを使っていたことになりますが、使用したデータ量は594MB。
つまり、外出先で頻回にスマホで検索したりネット閲覧したりしていても、せいぜい300MBってところでしょうか。
旅行などに出かけるのは、年に1度か2度だと考えても、私の場合は月に2Gもあれば十分なんだなぁ・・・ということが、今回の旅行でわかったことでした。
3.格安スマホは性能が悪い
前の機種がgeaneeで、今がarrows M02。
スマホの性能が悪いだなんて、いったい誰がそんなことを言えましょう。
メモリも増えて、サクサク動く。
カメラも500万画素から810万画素になって、手ぶれ防止機能もついて快適。
それ以上のことは、わからなくても気になりません。
スマホの頭脳がどうとか、処理能力がどうとか・・・・、スマホで秒刻みで何かをするわけでもないので、十分です。
以前は、外国製の安い機種しか選択肢のなかった格安スマホですが、今は日本製の性能のいい機種も選べるようになりましたから、一概に格安スマホ=性能の悪い安い端末とは言えなくなりました。
あ!
でもひとつだけ、使おうと思ったアプリが、arrows M02では使えませんでした。
DSC02004_20160404201427f40.jpg
それは、TDRの「ワンス・アポン・ア・タイム」などのショーの抽選がスマホでもできるアプリなのですが、ダウンロードしようとしたらできなかった!
ま、別にいいんですけどね。
直接、抽選場所に行って、抽選しましたからね。
で、ハズレタからどーでもいいんですけどね。
TDRなんて、そうそう何回も行くところでないですし、別にこのアプリが使えなくてもいいのですよ。←決して強がりじゃないですよ。
4.格安スマホは通話料金が高い
基本的に大手キャリアのような家族間通話無料などというのはありません。
通話は30秒で20円かかります。
しかし、3日間東京では誰にも電話をしていません。
なぜなら、LINEのやりとりで十分でしたから。
家族への連絡もLINE。
あとは友人たちへもLINEかメール。
もともとスマホでは電話をかけるということがほとんどないので、私にとっては格安スマホの通話料金が高くても安くてもあまり関係のないお話しでした。
DSC01961.jpg
【どうしてみんな格安スマホにしないのか?】
大学へ入学するとき、長男はガラケーからiphoneへ機種変更しました。
4年間使ってきたiphoneも、バッテリーの持ちがいよいよ悪くなりました。
早くiphoneを解約して、次のスマホを買い替えてほしい。
だっていざという時に、突然iphoneが使えなくなったら困ります。
・・・というのも本音ですが、ほんとのところは、早く長男のスマホ代を払わなくてもいいようになりたい!
これが本音。
先日、長男へ格安SIMフリースマホのメリットを、得意になって解説しました。
伊達に格安スマホ使ってないからねー。
とことん調べまくっているからねー。
今までiphoneしか使っていない長男は、いまだ格安スマホに疑心暗鬼なんです。
私が格安スマホのメリットを何度も話していると
「お母さんの話を聴いていると、格安スマホのデメリットがまったくないように聞こえるけれど、だったら世の中のみんなは、どうしてもっと格安スマホにしないのか?」
そんな質問が長男から出ました。
うーん。
どうしてだろう。
格安スマホは、初期設定などみんな自分でやらなければならないから、最初はみんなちょっとめんどくさがって、尻込みしちゃうんだろうねぇ。
結局、iphone使おうと、格安スマホ使おうと、ソフトバンクで買おうと、MVNOで契約しようと、あなた(長男)の自由だけど、これから自分でスマホ代を払っていくのだから、自分がスマホ代にいくら出せるか・・・ってことだよね?
しばらく考え込んだ長男。
「格安SIMフリースマホを検討したいと思います」 だって。
そうそう。
社会人1年目。
自分の身の丈に合った暮らし方をしていってくださいね。

タイトルとURLをコピーしました