重要なのは実質負担額ではなく月額利用料金なのに

スポンサーリンク

新型iphone SEが安い!
実質負担金は、月額500円台とか600円台!?
DSC01932_2016032822342594b.jpg
そんなに安いなら、私もiphone買っちゃうよ!?
なーんて、以前の私ならすぐにお店に走っていたかもしれません。


【携帯の料金体系】
携帯電話の料金って、かなり複雑ですよね。
昔は、携帯本体が無料で配られていました。
街で呼び止められて「携帯電話差し上げます」と何度言われたことか。
タダでもらった携帯本体の申込書で通信業者と契約し、毎月の利用料金も基本料金と通話した分だけの請求。
ものすごくシンプルでわかりやすかったのに、いったいいつからこんなに料金体系が複雑になったんでしょう。
さらに時代はガラケーからスマホになって、ますます料金のしくみがわけわからなくなってきました。
2年くらい前、長男のスマホのバッテリーがそろそろ怪しくなってきたので、「今ならiphone5が0円」という噂を聞き、2人でいそいそとソフトバンクのお店に出向いたことがあります。
確かにiphone5の16Gは、端末0円でした。
買い替える気満々で、お店の方のお話しを伺うと、「0円端末の場合は、このプランでなければ適応適用にならない」とか「このパックをつけることが条件だ」と言われ、最終的に月額利用料金は9,000円!!
そそくさと帰ってまいりました。
携帯料金は、端末代金と毎月かかる通信プラン料金。
これだけでいいじゃないですか。
基本料金に接続料金、定額データ料金。
○○パックに、××モード。
そこに、月々割りが引かれーの、のりかえ割りが引かれーの。
さらに端末分割代金がプラスされ、お店の方の説明が終わるころには、まるで煙に巻かれたかのようになります。
自分が必要のない料金プランまで盛り込まれても、よくわからないものだから、そのまま受容していたんですよね。
以前の私の話です。
【端末代金よりも月額利用料】
iphone SEの端末代は、5万円とか6万円とか。
テレビの情報番組では、「安い」と絶賛していましたが、私はちっとも安いと思いません。
たしかに、その前のモデルのiphone6の端末は10万円近くしますから、それに比べたら半額。
安いと思うでしょうね。
だけど、スマホって端末を買ったらそれで終わりではなく、その後ずーっと月額利用料金を支払っていかなければならないのです。
重要なのは、端末の価格ではなく、月額利用料金!
5万円のスマホが、月々サポート適応で、実質負担額は月500円。
5万円のiphoneを、500円×24回払いで実質1万円ちょっとで買えるのなら、こりゃお得だわー・・・と、思うことなかれ。
毎月かかる通信料金は、いったいいくらなの?
大手携帯3社は、携帯料金を見直したとはいえ、やっぱり月に5,000円とか6,000円とか7,000円とか・・・かかってます。
iphone5を使っている次男のスマホ料金は、月に7,000円くらいかかってますもん。
高校3年間で7,000円×3年=252,000円。
大学4年間で7,000円×4年=336,000円。
ああ・・・、ホントだ。
7年間のスマホ通信料金総額588,000円を思えば、たしかにiphone SEの端末代5万円って、安いのねー・・・。
私が、こんな風に考えるようになったのも、自分で格安SIMフリースマホを使うようになったからなんですよね。
自分の身の丈にあったスマホ端末を購入し、自分の生活に合った通信プランを選択する。
ただそれだけで、毎月のスマホ利用料金は1,300円くらい。
これが一番自分に合ったスマホの料金なんです。
大手携帯3社も、月々割りとか、実質○円とか、そういう複雑な表現をやめて、格安SIMフリースマホを扱うMVNOのようにわかりやすい料金体系でいいのにね・・・。
iphone SEのニュースをみて、ふと、そんなことを思いました。

タイトルとURLをコピーしました