50代は最後の貯め時 収入が減るのなら生活をコンパクトにしていけばいい

スポンサーリンク

50代は、人生最後の貯め時だといいます。
しかし、今後収入は確実に減っていくことが予想されます。
6e27f1a3ab6961c75b509e71b1882641_s.jpg
子どもが独立したー!
と、両手を上げて万歳している場合ではなく、老後の不安を少しでも減らすべく、これから我が家はさらに暮らしをコンパクトにしていかなければなりません。


【老後貧乏・老後破産】
いったいいつから、「老後貧乏」とか「老後破産」という言葉を耳にするようになったんでしょうね。
私が子どもの頃は、定年退職後に表される言葉は「悠々自適」だったのにな・・・。
お年寄りたちが、オレオレ詐欺に騙されて数千万円を振り込んだ・・・なんていうニュースを聞くと、お年寄りってお金持ってるんだなー・・・とびっくりしてしまいます。
今のお年寄りが悠々自適かどうかはわかりませんが、私たち世代の老後は絶対悠々自適ではない。
これだけは、今からわかっています。
だからこそ、収入のある今からお金は貯めていかなければなりません。
子どもが社会人になったぞー!
仕送りしなくてもいいぞー!
そのお金は、パーッと使っちゃおう!
などとふさけたことを言っている場合ではありません。
【収入が減る恐怖】
定年まであと10年。
再雇用で働いたとしても、収入ダウンは予想がつきます。
その後は、年金生活となるので収入はさらに大きく減ることになります。
就職した当時は、バブリーな時代でもあったため、黙って働いていれば収入は右肩上がりに増えていくものだと思っていました。
しかし、これから先に見えるのは、収入ダウンの構図という恐怖。
だからといって、ただ怖がっていてもなんの解決にもなりません。
収入が減ることが予想できるのなら、その収入で暮らせるようにその都度家計を見直していけばいいのです。
【貯め時は今】
とはいえ、今、まだ働いている限りは、収入があります。
さらに、教育費に莫大にかかっていた時期も、子どもが社会人となり独立することで、必ず終わりが来る時が訪れます。
50代の今が、お金を貯めるラストスパートなんですよね。
そして、その貯め時は60歳まで。
夫や私が、健康上の理由で仕事を辞めなければならない時がくるかもしれないし、実家の両親の介護などで私も仕事を辞める日がくるかもしれない。
だからこそ、今年1年が最後の貯め時だと常に思って、しっかり家計管理をしていきたいのです。
【暮らしのスリム化】
今まで築いてきた暮らし方を、急に変えるのは大変です。
生活様式や習慣を変えるのは、自分一人だけではなく家族全員が変えなければならないことですから。
ある日突然、「シャワーは一人5分以内」とか「夜は10時に消灯」なんて、できるわけがありません。
あ・・・、我が家の場合です。
しかし、固定費を見直すことで、生活様式は変えなくても、支出は減らしていけるんですよね。
例えば、子どもの独立をきっかけに保険を見直すとか、毎月かかる携帯代のプランを見直すとか。
自分の家計で、何が減らせるか検討するためには、やっぱり家計簿が重要な役割となるんです。
今春、長男が大学を卒業し、社会人となって独立します。
次男は大学2年生、長女は高校2年生になります。
家族に変化があり、お金の流れも変わりますので、新年度の予算を新たに組みたいと思います。
1年前よりも、さらに暮らしがスリムにできるよう、予算を立てます。
【プレ年金生活】
50代の暮らしをコンパクトにするのは、年金生活にスムーズに移行できるためでもあります。
日々の暮らしは年金収入だけで生活をするのが理想的。
だからこそ、今から無駄をとことん減らしていきたいのです。
年金生活になったら、ボーナスなんてありませんからね。
ボーナスをあてにした予算は絶対に組みません。
だからといって、あまりにも切り詰めた生活は、生きていても楽しくない。
自分が何に価値観を置いて、何にお金を使うのか・・・。
これは、みんなそれぞれちがいますからねー。
私は、元気に動けるうちは、劇団四季とか劇団四季とか年に1~2度は行きたいし、旅行も楽しみたい。
50代の最後の貯め時に、いくら貯められるかで老後の暮らし方にも影響が出てくると思うので、新年度からも、長男が社会人になったからといって羽目を外さず堅実に暮らしていきます。
もっとも、羽目を外すなんてことは次男と長女がいる限り、無理なんですけどねー。
50代は、年金生活のお試し期間だと思って暮らします。

タイトルとURLをコピーしました