格安スマホイオンモバイルは手動でAPN設定をしなければネットに接続できない 

スポンサーリンク

イオンモバイルに乗り換えて、また新たにわかったことがあります。
格安SIMフリースマホは、自分で接続先を設定しなければ、ネットに接続できないということ。
DSC01903_20160324204853a3a.jpg
SIMカードとスマホ端末を別々に買うと、自分でSIMカードを設置して、自分で接続先となるAPN設定をしなければなりません。


【SIMフリーカードでネットにつながらない】
ようやくイオンモバイルで買ったSIMフリーカードが手元に届きました。
さっそくスマホに装着して、さぁ!これでネットにつながるはずだ!と思っていたら・・・。
・・・つながらない・・・。
電話はかけることができるので、SIMカードは生きている。
なのに、ネットにつながらないって、どういうこと?
もちろん、Wi-Fiのある自宅ではネットにつながります。
しかし、肝心のLTE回線ではつながらないのです。
外でスマホがつながらないなんて、意味がない!
そう思って、いろいろ調べたら・・・。
APN設定をしなければならないということに気づきました。
【APNってなんだ?】
我が家の自宅のPCをネットに接続するときは、プロバイダーはyahooを利用しています。
今や一家に1台?いや、一人に1台?というくらい、家庭にPCが普及しているので、プロバイダーという言葉もだいぶ理解が深まりましたよね。
要するに、自宅のPCをインターネットに接続してくれるサービスを行ってくれるのがプロバイダー。
そして、スマホ端末をインターネットに接続するための接続先を指定するのが、APN設定。
PCでいうプロバイダーみたいなもの?ですよね。
初代イオンスマホは、端末とSIMカードがセットになったものを購入したので、最初からスマホ端末にはSIMカードが装着されていました。
なので、お店側でAPN設定をしてくれていたのですよね。
しかし、今回イオンモバイルにともない、通信接続業者をBIGLOBEからイオンに乗り換えました。
スマホ端末もARROWS M02へと機種変更したのですが、先に端末だけを購入したので、イオンのSIMカードは後日届きました。
つまり、今回初めて自分一人でSIMカードの設置から行うことになったのです。
SIMカードを入れたら、すぐにネットにつながると思っていたのですが、実はそうではなかったんですねー。
【ARROWSのAPN設定】
スマホの画面から<設定>⇒<データ通信・機内モード>⇒<モバイルネットワーク>を開きます。
<アクセスポイント名>を開くと、最初からスマホ端末に入っているAPN先が出てきます。
IIJmo.jpとか、niftyとか、BIGLOBEとか。
ところが、イオンモバイルのAPNはここにないのですよねー。
なので、自分で新たに追加する必要があるのです。
画面上の+アイコンをタップすると、<アクセスポイントの編集>で新たなAPNを設定することができます。
DSC01916.jpg
名前:イオンモバイル(これは自分の好きなように入力してOK)
APN:i-aeonmobile.com
ユーザー名:user
パスワード:0000
認証タイプ:PAPまたはCHAP

以上を入力して保存をすればAPN設定は完了です。
はい!
これで、スマホがLTE回線でつながりました。
めでたし、めでたし。
【長男と待ち合わせ】
申し込んでいたイオンのSIMカードがなかなか届かずにいたのですが、家ではWi-FiでつながるのでLINEやメールでの連絡は不自由なく使えていたので、さほど困ってはいなかったんですけどねー。
しかし、長男のアパート契約のために、現地で長男と待ち合わせをする日が近づいてまいりました。
どこにでも無料Wi-Fiスポットがあるわけでもあるまいし、スマホがつながらなければ、現地で落ち合うこともできません。
やっと届いたSIMカードで、簡単につながるかと思いきや、ちょっとばかり手こずってしまい、焦りました。
これで長男と無事に会うことができます。
それにしても、昔は携帯なんてなかった時代。
何時に○○の前で待ち合わせと、しっかりきっちり約束しなければ、会うことは難しかったんですよね。
駅には必ず「伝言板」なんてものがありました。
待ち人に会えない人たちが、駅の黒板に伝言を託す・・・というもの。
なつかしいです。
携帯で、いつでもどこでも人とつながることができるようになった時代。
事前に詳細は打ち合わせなくても、「だいたい」「なんとなく」「適当に」でも、しっかり人と会える時代が、ありがたいのかそうではないのか・・・。
あ、
私は「なんとなく」も「適当」も大好きなので、スマホの時代まで生きてきて、本当にありがたいです。

タイトルとURLをコピーしました