我が家のお菓子代は月に3,000円台 やっぱりお菓子はやめられない

スポンサーリンク

1か月のお菓子代って、いくらくらいかかっていますか?
数年前、月に1万円以上もかかってたお菓子代も、3人家族となった今では月に3,000円台となりました。
DSC01803.jpg
お菓子をやめれば、食費があと3,000円以上は減るのでしょうけど、お菓子はやっぱりやめられない。
昔も今も、そしてこれからも・・・。


【我が家のお菓子代】
節約を意識するようになり、食費を減らしたいと思った時、何にどれくらいかかっているのかが曖昧だったので、明確に分けるようになりました。
主食:お米・パン類
副食:おかずとなる食材・麺類も含む
調味料:一般的な調味料・インスタントコーヒー・ティーパックなどの茶葉も含む
飲料:ボトルに入ったジュール類
嗜好品:お菓子
外食
こんな感じで仕分けています。
私はお酒は飲みません。
夫も数年前に気胸を起こしてからは、タバコをやめ、家でお酒はあまり飲まなくなりました。
たまに飲むビールや焼酎は自分のおこづかいで買ってくるので、我が家の家計の中にアルコール代というのは含まれていません。
よって、我が家の嗜好品代というのは、ダイレクトにお菓子代。
家計簿で明確に仕分けるようになってわかったことは、我が家のお菓子代は月に1万円以上もかかっている!ということでした。
嗜好品代
2013年度は、次男高校生、長女中学生だった頃ですが、次男は本当にお菓子をよく食べる子でしたねー。
しかし1万円以上はかかりすぎだろ!
と、あの手この手でお菓子代を減らす策を考え、2014年度はなんとか半減させることができました。
⇒食費のネックの嗜好品費を減らすためにやっていること
【節約は人と比べない】
2015年度は、次男が大学生となり家を出ました。
さぞかしお菓子代は減ると思いきや、平均して1,000円ちょっとの減。
夫と高校生の娘の3人家族ですから、月に3,000円台のお菓子代なら、一人あたり1,000円ちょっととなります。
たぶん、もうこれ以上は減らせないと思います。
タバコをやめた夫は家でお菓子を食べますし、娘も私もやっぱり食べる。
ならば、一人1,000円のお菓子代って妥当な額かな・・・と思うのです。
食費を節約している中で、お菓子を買うことは、私にとってひとつの逃げ道・・・?いや、ガス抜きなのかな。
以前は月1で、ネットでお菓子をまとめ買いしていましたが、今では3か月に1度くらいの気が向いた時に買う程度。
それでも、たくさんのお菓子が家に届くと、なんだかうれしくなるのですよねー。
DSC01804_201603142100526d2.jpg
そして、棚の中にどどーんと飾って喜ぶ。
これが食費節約の原動力となっているのかもしれません。←単純
結局、お菓子代が月に3,000円だろうと1万円だろうと、それぞれの家庭の状況はみんなちがうのだから、高いとか安いとかは一概に言えません。
家計簿を見直して、減らしたいと思う項目が、その家庭にとっての無駄な項目なのですから、それを減らす工夫をしていけばいいのです。
節約は、人と比べるものではなくて、自分の過去の家計と比べるべきものなんだと、いまさらながら思ったりしました。

タイトルとURLをコピーしました