イオン銀行口座開設して良かった点 普通預金の金利が他行定期預金に匹敵する勢い

スポンサーリンク

マイナス金利の影響は、じわじわと地方にまで広がってきています。
先日、地元の銀行もとうとう普通預金の金利を0.001%に引き下げました。
100万円を1年間預けての利息が10円って・・・!
イマドキ駄菓子ですら買えません。
DSC01724.jpg
しかし、イオン銀行でセレクトカードを持っていれば、その金利は地銀の120倍!
これは、もはや定期預金の金利に匹敵するほどお得すぎます。


【イオン銀行口座開設】
イオン銀行に口座を作ったのは、単にセレクトカードが欲しかったから。
イオン銀行セレクトカードであれば、これ1枚で銀行のキャッシュカードとなり、クレジットカードにもなり、waonカードとしても使えるのですから、財布にすっきりと収まります。
いえ、そんなことでセレクトカードを作ったのではなく、waonで支払う時に、オートチャージ設定をしておけば、オートチャージ分でもwaonがもらえるのです。
自分の口座にお金を預けていて、それをwaonカードに移すだけで、waonがもらえる
こんなタダ取りできるポイントが他にあるでしょうか。
イオンカードセレクトを持つには、イオン銀行へ口座を開設することになりますが、使い始めてみるとこれがすごく便利でした。
夜間、休日、お正月も祝日も関係なく、イオンのお店が開いている時間であればいつでも、手数料無料でイオン銀行への入出金ができるので、仕事をしている身にとっては本当に助かります。
いまや、我が家のメインバンクはイオン銀行となりました。
【マイナス金利】
イオン銀行へ口座を開設した当時は、ゆうちょ銀行の普通預金の金利が0.02%でしたから、6倍のお得感がありました。
それでもゆうちょ銀行の定期の金利は、0.2%だったので、ある程度お金がたまったらゆうちょ銀行で定期を組むか、またはすみしんSBIネットバンクの定期に預けていました。
金利が0.02%だとか、0.12%だとか、本当に微々たるちがいなんですけどね。
それでも同じ預けるならば、やっぱり金利が少しでも高いほうがいい。
100万円預けて、1年後に200円もらえるよりなら、1,200円もらったほうが、ランチ代にはなりますもんね。
ところが、先日日銀が発表したマイナス金利政策で、あれよあれよという間に、大手銀行の普通預金の金利が下がり出しました。
それに追従する形で、地方銀行も軒並み金利を下げています。
まさかの0.001%!!!
100万円預けて10円って・・・、子どものお駄賃にもならんわい!・・・と、叫びたい。
しかし、叫んだところでどうにかなるわけでもなく、ならば自分の家計は自分で守るしかないのですよね。
大手百貨店のデパート積立は、1年間積立すると10%分の商品券がもらえるとか、大手航空会社の旅行積立も、飛行機にのる人ならば、お得度がぐっと増しましたもんね。
⇒ANA旅行積立は得なのか?3%の得か補償をとるか自宅で楽をとるか
こういうところが大人気となるということは、世の中の人々がただじっとしてお金を使わないように耐えているのではないということがわかります。
自分にとって価値あるものにはお金をかける。
使わなければならないものを、いかにお得に使うかという、もはや知恵比べのようなものですよね。
【イオンカードセレクト】
イオンカードセレクトならば、普通預金の金利が0.12%
マイナス金利で、大手銀行の普通預金の金利が軒並み0.001%になると、もはやイオン銀行普通預金の金利に後光がさしてみえます(笑)。
2016年3月現在、オリックス銀行は定期預金の金利0.2%と大健闘しておりますが、すみしんSBIネットバンクでさえ、0.03%に引き下げましたもんねぇ。
これまで、ゆうちょ普通預金の口座にはだいたい30万円は入れていて、いつでも何かあった時にすぐに引き出せるようにしていましたが、いまやなんでもかんでもまずはイオン銀行に入れるようになりました。
金利0.001%と0.12%。
その差120倍!



イオンカードセレクトならば、いまや他行の定期預金の金利に匹敵するくらいになりましたもんね。
イオンカードセレクトを作ってよかったな。
イオン銀行に口座開設してよかったな。
マイナス金利のおかげで、さらにイオンカードセレクトのありがたみが身に染みる今日この頃・・・。
【追記】
イオンカードセレクトでイオン銀行の普通預金の金利は、2017年8月12日より0.1%へ引き下げられました。

タイトルとURLをコピーしました