特定扶養控除 子どもが大学卒業で親の税金はどれくらい上がるのかということ

スポンサーリンク

子どもが大学生となると、本当にお金がかかるものです。
しかし同時に、税金面でも優遇されているということを、知りました。
3c42ff05e8c2075dbad446aaecdf5bbd_s.jpg
この春大学を卒業し、4月から社会人となる長男。
親の扶養から外れると、親の税金はいったいどれくらい上がるのでしょうか。


【特定扶養控除】
我が家の3人の子どもたちは、夫の扶養に入っています。
よって、税金の扶養控除を受けています。
扶養控除は16歳以上が対象。
高校生になるとお金がかかるよねー・・・という税金の優遇措置。
え?
小学生だって中学生だってお金がかかるやん!
と、思われますが、「子ども手当」の支給があるからという理由で、16歳未満は数年前に扶養控除は廃止となりました。
そして、扶養控除の中に、さらに特定扶養控除というものがあります。
19歳以上23歳未満の子どもを扶養する場合は、特定扶養控除となり、さらに税金が優遇されているのです。
大学生はもっとお金がかかるよねー・・・という、政府の優遇措置。
え?
高校だって義務教育じゃないから、お金かかるやん!
と思われますが、高校授業料無償化により、扶養控除の額が減らされました。
高校生を持つ親の場合・・・
・所得税 38万円 
・住民税 33万円
合計71万円の控除。
大学生を持つ親の場合・・・
・所得税 63万円
・住民税 45万円
合計108万円の控除が受けられます。
【子どもが社会人となると】
春から長男は社会人となり、自分で稼いで自分で税金を納めることになります。
よって、夫の扶養控除から外れることになるので、これまで特定扶養控除を受けていた分がなくなるのですよね。
考えてみると、昨年度は大学生2人に高校生1人。
我が家は、最大限に税金の控除を受けていたことになります。
単純に税率10%と考え、108万円の控除がなくなると、年間約10万8千円分の税金が増えるという計算。
1か月あたり9,000円のマイナス。
うーん。
先日、長男へ仕送りしていた10万円を、春からまるっと貯蓄に回そうと思ったばかりでしたが、増税分を減らして9万円にしようかな。←セコイ?
給料のベースアップは望めないし、税金は増えるで、再度給料の振り分け方を考えなければなりません。
毎月給料から天引きされる税金など。
節約するようになって、お金にきちんと向き合うようになったからこそ、いろいろわかってきたことなんです。
【子どものバイト収入】
目下、絶賛バイト中の次男。
週3~4で、飲食店でバイトをしていますが、毎月のバイト料は5万円ほどになるのだとか。
実は、子どものバイト料が年間103万円を超えると、特定扶養控除が受けられなくなり、親の税金が高くなってしまいます。
年間103万円だと、月に約85,800円。
次男に念を押しました。
「毎月のバイト料、8万円を超えないようにね」・・・って。
「そんなに働いているヒマないよ」と、次男。
そうよ、そうよ。
学生は勉強が本業。
バイトに精を出して、留年してもらっても困ります。
しかし、そこそこバイト料が入るようになって、先日次男と相談しました。
4月からは、次男への仕送りを1万円減らして、これを国民年金保険料の一部にあてること。
さらに、自動車運転免許取得のために昨年次男へ貸した27万円を、毎月1~2万円ずつバイト料から返済していくとのこと。
⇒大学生の運転免許費用 親は払わず子どもに貸す
あまり稼ぐな。
でも、貸したお金は返してくれてもいいよ。
次男の負担にならない程度に、応援したり催促したり・・・。
これも、我が子が社会に出てから困らないようにという、親心なのです。
わかってるかな~・・・・、子どもたち・・・。

タイトルとURLをコピーしました