冷蔵庫収納を新聞紙に変えたデメリットとメリット

スポンサーリンク

散らかりやすい冷蔵庫の野菜室の収納を、新聞紙に変えてから2か月。
新聞紙で袋を作り、野菜を収納するという方法は、一見めんどくさそうに見えますが、自分ではなかなか気に入っています。
DSC01658.jpg
以前よりも冷蔵庫内が衛生的に保たれるという点も、新聞紙収納のメリットかなと思っています。


【冷蔵庫野菜室の収納】
新聞紙で袋をつくり、そこに野菜類を区切って収納するという方法は、私にとってはとても画期的な方法でした。
以前は、100均のケースや牛乳パックなどを活用して、野菜室を区切っていましたが、そのうち挫折。
まず、毎回買う野菜は、同じ大きさ、同じ数とは限らないので、形が決まっているケースでは、どうにもすっきり収まりきらず、デットスペースも生まれやすい。
必ず野菜くずなどで汚れてくるので、冷蔵庫内はもちろん、収納のためのケースまでも洗うのが、やっかい。
こんな理由で、ケース収納は断念してしまったわけです。
野菜を新聞紙などにくるんで、そのままボンボン野菜室に放り込んでいたこともありますが、これだと野菜が行方不明になりやすい。
また、使うときも探すのに時間がかかり、冷蔵庫を開けている時間が長くなり、結果電気代の無駄になってしまう。
そんなとき、新聞紙で袋をつくり収納されている方をみて、これはいい!と即座に実行したのです。
⇒散らかりがちな野菜室の収納を新聞紙で整理した なかなかイケる
野菜の形や大きさによって、形を変えられる新聞紙ケースは、とてもいい。
野菜室に無駄な空間ができず、有効活用できます。
そのうえ、仕切られているので、どこに何があるかすぐにわかります。
いやぁー!新聞紙の活用法が、冷蔵庫でもできるなんて、ちょっと感激いたしました。
【新聞紙収納のデメリット】
すっかりツボにはまった新聞紙収納ですが、実はデメリットもあります。
■耐久性の問題
新聞紙ですから、いずれ形がくずれてきます。
私の場合は、1か月過ぎるころから、新聞紙収納袋が崩れだし、それでも強引に使っていましたが、2か月めで我慢できずに交換しました。
■新聞紙のインクがつく問題
冷蔵庫の野菜室の底に新聞紙のインクがつきます。
DSC01652.jpg
うっすらと黒ずむ程度なので、重曹をふりかけてスポンジでこすればきれいになります。
【新聞紙収納のメリット】
野菜に合わせて形が変えられるというメリットは、最初からわかっていたことですが、実際にやってみて、さらにメリットがあるということがわかりました。
■衛生的かつきれいさが保たれる
新聞紙の耐久性というデメリットゆえに、2か月ほどで新たな新聞紙の袋を作成しなければなりませんが、逆にこのおかげで、冷蔵庫の野菜室をきれいに掃除して、新たな新聞紙収納袋を設置することになり、冷蔵庫の中が以前よりもすっきり衛生的に保たれるようになりました。
うーん。
これは災い転じて福となす…的な感じ?
いやいや、新聞紙は災いじゃないので、ちがいますね。
新聞紙さまさまです。
DSC01653_20160216124330685.jpg
以前は、こんな野菜くずが多少あろうとも、冷蔵庫内の掃除ってここまでやっていませんでしたもの。
新聞紙収納のおまけ的なメリットでした。
【我が家の野菜室】
そんなわけで、新聞紙の袋を新たに折って、野菜室を重曹できれいに掃除して、すっきりきれいになった我が家の野菜室です。
DSC01655_20160216124333d6d.jpg
野菜室下段には、野菜を丸ごと入れていることが多いです。
DSC01656_20160216124334e43.jpg
上段には、使いかけの野菜やカットした野菜など。
ああー。
お正月の切り餅がまだ残ってるんですよね。
食べてしまわないとなぁ。
冷蔵庫内をきれいに片付けると、料理を作るときもすぐに取り出せて、時間と電気代の節約につながります。
⇒我が家の1週間節約晩ごはん
おそらく食事を作るのは、私がボケて動けなくなるまでは、ずーっとやっていかなければならないことなので、冷蔵庫とも気持ちよくつきあっていきたいものです。

タイトルとURLをコピーしました