人のふり見て我がふりなおせ おばさん化がちょっと見苦しいなと思った件

スポンサーリンク

駅のみどりの窓口での出来事。
ご婦人のグループ7~8名が、にぎやかにおしゃべりをしながら、受付カウンターをふさいでいます。
DSC00966_201602142049519a1.jpg
その後ろに並んで待つこと30分。
人のふり見て我がふりなおせじゃないけれど、いろいろと思うところがありました。


【おばさん化行動】
「おばさん化」だと周囲にみられるのは、年齢や見た目ではありません。
年齢でくくられたら、私もおばさんなんですけどね。
でも、70歳になっても80歳になっても、素敵な女性だなぁと思う方はたくさんいるのに、いかにもおばさんっぽいなぁと思う方もいるのですよね。
周囲からみて、おばさんっぽいなぁと思われてしまう行動は
①周囲への配慮が足りない・厚かましい
②声が大きい・笑い方がでかい
③愚痴や他人への攻撃が多い
④身だしなみを気にしない
⑤匂いがきつい(化粧品臭い・加齢臭など)
⑥おばさんをネタにしたギャグを連発

などですが、思わず「うん、うん、わかる~」と思ってしまう私も、やっぱりおばさんなんですよね。
加齢とともに体形の変化は、自分でもどうにもできないけれど(←あきらめている)、せめて行動は意識することで、おばさん化を防ぐことはできるのではないかと考えました。
【身近なおばさんたち】
駅のみどりの窓口のカウンター前をふさぐように立ちはだかるおばさんたち。
年齢は、私よりも一回りくらい上かなぁ。
60歳前後だと思うのですが、若い人からみれば、私もそのグループの方も同じように見えるでしょうね。
私は、えきねっとで予約していた新幹線の切符を取りにきたのですが、そのおばさん軍団を一目みて、「うわぁ・・・時間がかかりそうだなぁ」と、一抹の不安。
そのおばさんたちの後ろにじっと並んでいると、おばさんたちの現状が手に取るようにわかってきました。
だって、すごい大声で話し、これまでのいきさつを何度も繰り返し言うのですから、聞きたくなくてもわかります。
おばさんたちの旅行日程は
・1泊2日の列車の旅
・行先の温泉へ向かう列車が、悪天候のため運休になってしまった
・急きょ行先を変えるべく、切符の払い戻しを求めて窓口に並んでいる
・今後は、タクシーで他の駅へ向かい、そこから別の目的地へ向かうようである
・ところが払い戻しをする切符の日時が、発行した「びゅう」のミスで「明日の日付」で発行されていた
・よって払い戻しが簡単にできずに、みどりの窓口で大騒ぎしている
わずか数分で、おばさんたちの旅行日程をここまで把握するって、いかにおばさんたちがその場でまくしたてているかが、わかりますよね。
残念だよねぇ。
せっかく楽しみにしていたお友達との旅行なのに、列車が運休になって予定が狂っちゃったよねぇ。
そのおばさんたちがちょっと気の毒になりながらも、だんだんイラっとしてきたのは、やっぱり「おばさん化な行動」だったからなんです。
【おばさん化な言動】
まず、声がでかい。
大声で笑う。
まぁ、まぁ、100歩譲って、そこは我慢できます。
お友達同士の旅行ですから、テンションも上がっているし、お気持ちはよーくわかります。
でもね、まず狭い窓口のカウンター前に横並びで広がるのをやめていただきたい。
できれば、窓口で交渉するのは、代表者1人か2人にして、ほかの方は駅の待合室で待っていてほしい。
それから、要所要所で登場するおばさんっぽい冗談やネタを、窓口の駅員さんにいちいち言うのは、とても聞き苦しい。
駅員さんは、一生懸命業務を円滑に遂行しようとがんばっているのに、おばさんに口を挟まれるものだから、そのたびに返事をしなければならず、手がとまるんですよね。
「まさかねー、切符の日にちがまちがってるなんてねぇ。
私たちも信頼しているもんだから、日にちを確認しなかったんだけどね。
がはははは! 」
「お兄さん(←駅員さんのこと)、私たちがやさしい人でよかったわよねぇ。
これが気難しい人だったら、大変だったわよぉ!
がはははは! 」
「ま、お兄さんがいい男だから許すけどぉ!
ほんと、若くていい男だわね!
がはははは! 」
「だけどさぁ、列車が運休になるなんてねぇ。
わたしなんて、孫に「おばあちゃん、また旅行にいくの?」って言われてきたのよ。
あーはっはっは! 」
「ダンナはどうでもいいけど、孫のことは気になるわねぇ。
がはははは! 」

こんな話を繰り返し、何度も何度も大声で話されたら、さすがの私もいらっとするわけですよ。
それに30分も待たされたしね・・・。
おばさんたちって、ほんと声がでかくて、ところかまわず笑うものなんだなぁ・・・・ということを、客観的に見ることができた良い機会でした。
【おばさんでも気を付けること】
実は、娘と出かけると娘によく言われることがあります。
「お母さん、声でかいよ」と。
例えば、宿泊したホテルのドアの鍵がうまく開けられなかったとき
「あれ?これ、なんでこうなってんの?」とか言いながら、鍵をガチャガチャいわすわけですよ。
私は、娘に話しかけているつもりなのですが、娘にしてみれば
「なんで独り言をそんな大声で言うのか」ってことになるらしいのです。
50歳。
私も立派なおばさんです。
だけど、若くてもおばさんでも、他人からみて見苦しいなぁという行動は、極力しないように気を付けよう。
人のふりみてわがふり直せとはよく言ったものです。
私も、春になったら友人たちと1泊2日の温泉旅行に出かけます。
今回は、私が幹事。
交渉窓口は、私一人で対応しようと、心から思ったのでした。
あ・・・。
公共の場でも、やたら大声で話したり笑ったりするのも慎まないとねぇ。
友人たちとの旅行で、テンションマックスになっているので、難しいかもしれませんが、周囲への配慮は忘れずにいようと思います。
しかし・・・。
あの駅員さん、おばさんパワーに圧倒されながらも、笑顔を絶やさず的確な言葉で対応し、謝罪もきちんとされていて、ほんと立派な若者でした。
30歳前後だと思われますが、あんな息子がいたら、頼もしいなぁ・・・・なんて、私もついついおばさん目線で眺めていたのも事実。
謙虚なおばさんになりたいものです。

タイトルとURLをコピーしました