ゴムパッキンの黒カビ退治にドメスト・パテが効果あり  

スポンサーリンク

お風呂のドアのゴムパッキンの黒カビ。
もう取れないと諦めていましたが、ダメ元で挑んでみました。
DSC01547.jpg
基本は、家にあるものでなんとかする・・・です。


【ゴムパッキンの黒カビ】
お風呂のドアのゴムパッキンの部分の黒カビ。
いつのまにやら、ゴムの部分にはこすっても落ちない黒カビが、根をおろしていました。
浅い黒カビならば、重曹とお酢で落ちますが、ゴムの中に深く入り込んだ黒カビは、簡単には落ちません。
DSC01526_201602072224269cf.jpg
こうなってしまうと、本当にやっかい。
こうなる前に掃除しましょう、はい。
というわけで、いつもは塩素系漂白剤をふきかけて、こすってもびくともしない黒カビを、ちょっとだけひと手間かけて、お掃除してみました。
【黒カビ退治方法】
ドアのゴムパッキンは、上から下まで一直線なので、漂白剤を吹きかけても、すぐに下に垂れてきてしまいます。
そこで、用意するもの。
・ドメスト(塩素系)
・片栗粉
・絵筆
ふつうの漂白剤よりも、ドメストのほうがとろみがあって付着しやすいのですが、さらに片栗粉をまぜてドロッとさせます。
ドメスト・パテの完成です。
DSC01528.jpg
これを、黒カビに絵筆でぬりぬりしていきます。
これ、意外と楽しくて、まるで職人になったよう。
DSC01529.jpg
塗ったら、上からキッチンペーパーで覆い、さらに泡ハイターを吹きかけて、キッチンペーパーをよく付着させます。
そのまま放置。
待っている時間がもったいないので、浴室内のいたるところに、ドメスト・パテを絵筆で塗り込んでいきます。
天井の隅とか。
DSC01533.jpg
角の部分は、プラスチックやゴムで付着させていることが多いので、やはり黒カビが発生しやすい。
でも、これくらいの黒カビならば、ドメスト・パテを塗っているそばから、みるみる黒カビが取れていきます。
DSC01536.jpg
浴室内の物干しざおの部分にも、黒カビ。
ここにも、ドメスト・パテ。
蛇口周りにも、窓枠にも、なんでもかんでもドメスト・パテ。
絵筆で塗るのって、楽しーーー!!
ついつい夢中になること30分。
さて、ドアのゴムパッキンの黒カビは、どうなったでしょう。
【ドメスト・パテ After】
今まで、ゴムパッキンの黒カビはどうやっても取れなかったのに、ドメスト・パテを塗って30分放置後、キッチンペーパーごとふき取ると・・・。
DSC01537.jpg
びっくりです。
完全には取り切れないものの、ここまで黒カビが取れました。
DSC01541.jpg
天井の角も、まぁまぁ、そこそこきれいになりました。
DSC01540.jpg
物干しざおの部分も、まぁまぁ、そこそこきれい。
・・・って!
ドメスト・パテですっきりきれいに黒カビが取れましたー!って、言えないのが悲しい。
しかし・・・。
DSC01546.jpg
窓枠の部分もきれいになったし。
DSC01544.jpg
蛇口周りもピカピカ。
DSC01542.jpg
換気扇のフィルターも真っ白に。
【まとめ】
液垂れしやすい部分には、ドメストと片栗粉を混ぜてパテにすることで、付着時間が長くなり、ある程度の黒カビには効果あり。
私は30分しか放置しませんでしたが、この時間をもっと長くすれば、黒カビは取れるのか?
ゴムの中に根付いた黒カビをとるのは、なかなか大変ですが、浅い黒カビならドメスト・パテで十分いけると思います。
筆で塗り込む作業も楽しかったしね♪
久々の休日、夫も娘も不在で、時間的にも気持ち的にも余裕ができるようになりました。
ずっと気になっていた箇所の掃除に、気合を入れて取り組むというのも、子どもたちから手が離れた今だからこそ、できるようになったこと。
お風呂の天井のわずかな黒カビが、きれいになったところで、家族のだれも気付かないんですけどね。
でも、私の気分はすっきりして晴れやかなんです。
掃除は自己満足。
でも、きれいになるとうれしい。
今後も、今まで手をかけられなかったところの掃除に取り組んでいきたいな。
子どもに手がかからなくなったから、のんびりぼーっとすればいいものを、休日も何かしらやっていたいんでしょうね。
だって、同じ時間を過ごすのなら、今日は「○○をやって過ごしました」と言えるような時間を過ごしたい。
時間がとても貴重で大切だと、最近つくづく思うのです。
私は確実に、人生の復路を歩き出しているのだから・・・。

タイトルとURLをコピーしました