定期預金の金利がさらに下がる? マイナス金利政策の我が家の対策

スポンサーリンク

マイナス金利政策によって、個人の定期預金の金利が下がるとか下がらないとか。
これまでだって金利の低さに嘆いていたのに、さらに下がったら、もう定期預金にわざわざ入れる必要もないのかな。
DSC06603.jpg
我が家のマイナス金利対策は、発想の転換で対応します。


【マイナス金利政策】
2016年2月16日から始まるマイナス金利政策とは、なんぞや?
ということで、とりあえず自分なりの解釈まとめ。
私たちが日ごろお世話になっている金融機関も、そのお金を日銀に預けているんですね。
日銀は、各金融機関から預かったお金に0.1%の利子をつけていました。
これ、知ってた方います?
私は知りませんでした。
日銀って、金融機関のラスボスみたいな感じなんですかね?ちがう?
このラスボス・・・、いや日銀の金利が、マイナス0.1%の金利になるというのが、マイナス金利政策。
つまり、金融機関が日銀にお金を預けると、逆に0.1%の手数料を払わなければならなくなるんですね。
そんな手数料、払えるか!
ってことで、金融機関は企業に融資したり、私たち個人にお金を貸すほうが得だと考えて、市場にお金がもっと出回るようになる。
というのが、政府の狙いらしいのですが・・・。
これにより、住宅ローンなどの長期金利が下がるようになるので、ローンを組んでいる人は、借り換えしたほうが得策。
しかし、金融機関はこれまで日銀から得ていた利息がなくなるので、経営状況は悪くなるかもしれないのです。
そこで・・・、私たちがお金を預けている定期預金などの利息が、今よりさらに下がることも懸念されています。
最悪の場合は、個人の預金もマイナス金利になることも、可能性はゼロではない・・・。
・・・・ってことですよね?
【定期預金金利】
私が利用している銀行は、ゆうちょ銀行、SBIすみしんネットバンク、イオン銀行などですが、定期預金の金利は本当に低い。
それでも、ゆうちょ銀行の定額が0.035%なのに対して、すみしんネットバンクの定期預金は0.2%(1年もの)、イオン銀行は0.3%(3年もの)。
*2016年2月現在
ネットバンクの金利が、ゆうちょの約10倍近い・・・といっても、100万円をイオン銀行の3年もの定期預金にした場合、3年で約7,000円ちょっとの利息。
まぁ、ないよりはあったほうがいいですが、もしも万が一、これらがマイナス金利になるとしたら、ぜーったいに銀行には預けないだろうなぁ。
だったら、投資に回す?
10年くらいかけて長期に運用するならば投資もありだけど、近々使い道のあるお金をとりあえず預けておく…という場合は、困ります。
もっとも、銀行側にとっては、私たちが投資すればその手数料が入るわけですから、どんどん投資する人が増えれば、銀行側にとってはホクホクなんでしょうけどね。
【集中買いでポイント還元】
いまやどこのお店で買い物しても、ポイントがつくのが当たり前。
このポイントも、一店集中買いで貯めれば、バカにできない額となってきます。
イオンのヘビーユーザーである私は、食料品から日用品までほぼイオンやイオン系列店で賄っています。
貯まったwaonポイントは、waon電子マネーに交換し、日常のお買い物で利用しています。
waon獲得数2015
昨年は、年間28,800円分のwaonが還元されました。
毎月2,400円分の買い物券がもらえているのと同じです。
【発想の転換】
waonポイントは、200円の買い物につき1ポイントですから、還元率にすれば0.5%。
お客様感謝デーには、ポイント2倍、ポイント5倍にもなるので、けっこうサクサク貯まりやすいのです。
でも、結局waonの電子マネーとして使うことになるのだから、貯蓄にはなりません。
だが、しかし。
私は毎月お給料が出ると、1か月分の食費と日用品費として、イオン銀行へ4万円を入金してしまいます。
4万円以内で1か月をやりくりできれば、還元されたwaonの電子マネーは、そっくりそのままイオン銀行へ貯金しているのと同じことになるんですよね。
還元率0.5%のwaonポイントは、微々たる額かもしれませんが、イオン銀行の定期預金の金利0.3%よりはずっといい!
もしも、今後マイナス金利政策によって、定期預金の金利が下がるならば、カードのポイントもバカにできないようになってきます。
⇒イオンで得する節約術
あちこち分散して買い物していると、なかなかポイントも貯まりませんが、私のようにイオンにこだわって、とことんイオンで買い物するのもアリアリです。
金利が低いかわりに、ポイントで還元してもらうという発想の転換で、マイナス金利政策を傍観したいと思います。

タイトルとURLをコピーしました