1年間で貯まったwaon電子マネー 2年前の4.5倍

スポンサーリンク

イオンネットスーパーで注文したものが届きました。
それらを一か所に集めて収納し、これで今年の調味料類の注文は終了です。
DSC01234.jpg
さて、今年はどのくらいのwaonがたまったのか、調べてみました。


【waon獲得数】
イオンのお店で、waonで支払うとwaonポイントがもらえます。
200円につき1waonポイント。
waonポイントは、お店のwaonステーションで、waonという電子マネーに交換しないと使えません。
waonポイントはあくまでもポイント。
それをお金と同じように使える電子マネーが、waon。
ややこしいですよね。
私も最初のころは、いったい何がどうちがうのか、よくわかりませんでした。
さて、今年1年で貯まったwaonです。
waon獲得数2015
28,800円分の電子マネーです。
2年前と比べて4.5倍増えました。
【waonポイントのためかた】
1.お店でwaonで買う
200円につき1waonポイント。
5のつく日はポイント2倍。10日はポイント5倍を上手に活用できればなおいい。
2.イオンカードで支払う
いわゆるクレジットカード払いです。
私の場合は、イオンカードセレクトゴールドなので、旅行の代金はなるべくイオンカードで支払うことにしています。
旅行傷害保険が自動的につくからです。
また、イオンネットスーパーでの支払いも、イオンカード決済にして、ときめきポイントを貯めています。
イオンのクレカ払いで貯まるのが、ときめきポイント。
たまったときめきポイントは、商品と交換することもできますが、waonポイントへ移行することもできます。
ときめきポイントが1,000Pたまれば、waonへ変更しています。
3.キャンペーンの利用
不定期に行われるキャンペーンを利用すると、驚くほどwaonポイントがたまります。
娘のスマホを買った際に、半年間はwaonポイントが還元されましたし、投資信託積立を始めたときも、waonがもらえました。
今年になってwaonが多いのは、そのためでもあります。
【もらったwaonの使い道】
1年間で28,800円分。
これでお正月が迎えられますねぇ。
毎年大晦日に食べる毛ガニも買うことができるし、お節料理もまかなえちゃいます。
とはいっても、還元されたwaonは、そのままイオン銀行へ貯金している形になっています。
食料品や日用品などのお金は、毎月一定額をイオン銀行へ入金していて、そこからオートチャージでwaonへ入金するようになっています。
なので、予算オーバーしない限りは、イオン銀行へ入金したお金の範囲内でwaonで買っていることとなり、還元されたwaon電子マネーは、そのまま貯金しているのと同じなのですよね。
1月の食費は、お正月を挟むのでどうしても高騰しがちですが、私にはwaonがついていると思えば、怖くない(笑)。
そろそろお正月準備を始めたいと思います。
来年も、waonさまさま、よろしくお願いいたします。

タイトルとURLをコピーしました