年金支給までの無収入期間5年間をどうやって乗り切るか

スポンサーリンク

「定年後、年金をもらうまでの間のお金を準備しませんか?」と言われ、養老保険加入を勧められました。
434107de3f46157aa5cfb58825d2d151_s_20151217223303f89.jpg
定年60歳。
年金支給開始65歳。
5年間の無収入期間、どうやって生き延びるか、それが問題です。


【養老保険】
かんぽの学資保険や養老保険など、保険金を振り込みする口座の登録をしました。
今までは保険金が満期となると、その都度支払請求手続きをしていたのですが、振込口座を登録することで、満期金が自動的に口座に振り込まれるようになります。
手続きが終わると、待ってましたと言わんばかりに郵便局の職員の方が、老後に向けての養老保険加入を勧めてきました。
「定年退職後、年金支給までの数年間、不安ではありませんか?」って。
そりゃあ、不安に決まってるよっ!
60歳で定年で、年金支給開始が65歳。
5年間の無収入期間を、いったいどうやって暮らしていけばいいのさっ!
勧められた養老保険は、300万円の満期保険金額で、10年後の60歳で受け取ると、前納払込み保険料額は303万円になるという、いわゆる元本割れ商品。
まぁ、保険も兼ねているのですから、こんなもんでしょうか。
しかし、これを5年間据え置いて、65歳で受け取ると前納保険料額は284万円。
16万円の利息ってことになるのですが、300万円を15年間預けて16万円って・・・、利率1%にも満たないんじゃない・・・?
だったら投資に回して5%で運用するわ!
こんなことを、頭の中ですばやく回転させながら思えるようになったのも、節約生活が板についてきたから・・・と思いたい。
準備されていた養老保険の設計書を見せられて、切々と説明を受けましたが、もちろん笑顔で断りました。
「うちは、まだ2人の子どもにお金がかかるので、余裕がないです」って。
【無収入期間】
夫と私は同い年なので、2人とも60歳で定年で65歳から年金支給開始となります。
あれ?
私は64歳から支給かな?
まぁ、いいや。
今後、年金支給はもしかして先延ばしになるかもしれませんしね。
つまり・・・
60歳からの5年間は、無収入で暮らさなければなりません。
こんな恐ろしいことがあるでしょうか。
夫も私も退職金なんてあてにできません。
もらえたらラッキー程度に思っていますので、自分たちでなんとかするしかないのです。
【収入を得る方法】
65歳までの5年間、収入を得る方法ですが
1.働く
2.個人年金や確定拠出年金に加入
3.年金の繰上げ請求
などという方法があります。
我が家の場合、3の年金繰り上げ請求はしない予定です。
5年も早く繰上げ請求すると、年金額が3割も減って、これが一生続くらしいので(正確に計算したわけではありませんので、定かではない)、平均寿命までは生きる気満々の夫と私は、65歳からの年金支給を待ちたいと思います。
2の個人年金や確定搬出年金は、夫が前に会社を辞めたときの退職金をあてていますが、これも微々たるもの。
ならば、残された道はただひとつ。
働くという方法です。
夫は可能な限りは働くと言っていますが、私はいつまで働けることやら・・・。
親の介護問題も今後出てくるだろうし、定年前に仕事を辞めなければならない時がくるかもしれません。
【50代が貯め時】
夫婦2人で1か月の生活費を20万円とした場合、1年では240万円。
5年間では1,200万円。
無収入期間を乗り切るためのお金は1,200万円と想定します。
ならば、50代の10年間で、貯めるべきお金は最低でも1,200万円。
その他にも、老後資金や家の管理修繕費、はたまた子どもたちに残してやりたいお金や、自分たちの楽しみのお金などなど・・・は貯めなければいけません。
で!
気づいたのです。
この4年間で、長男へ毎月10万円を仕送りしていました。
来春、長男が社会人になったら、この仕送りがなくなるので、少しばかりホッとしていました。
しかし、これからも長男へ仕送りしていた時と同じように、毎月10万円を貯金に回していけば、年間120万円。
60歳までの10年間で1,200万円が貯まることになります。
今までやってこれたのだから、きっとこれからもやっていける。
あとは、これまで通り投資信託積立と、ボーナス全額貯金。
これでなんとかなりそうかな・・・。
もちろん予定通りにいかないことだって、たくさんあるでしょう。
その時は、夫よ。
再雇用制度でもなんでも利用して、65歳まででも70歳まででもがんばって働いておくれ。←丸投げ
子どもが社会人になっても、節約生活と貯蓄体質は、さらなるパワーアップを図っていかなければならないのですねぇ・・・。

タイトルとURLをコピーしました