安物買いの銭失い 失敗しないアロマオイルは心底癒される

スポンサーリンク

このたび買ったアロマオイルが本当にほんとうにいい香りで、感激しました。
DSC00920.jpg
今まで買っていたアロマオイルは、きっと偽物だったにちがいない・・・と思った瞬間でした。
安物買いの銭失いとは、こういうことなのだと実感しました。


【生活の木】
日本におけるハーブ・アロマテラピー専門のお店が「生活の木」。
世界51か国にある農園と提携しているので、ホンモノのアロマオイルが安定して供給できるのですね。
実は友人がアロマテラピーの資格を持っていて、「生活の木のものは、信頼できる本当にいい商品だから使ってみて」と以前聞いていました。
しかし、そんな話をコロッと忘れており、私は精油と名の付くアロマオイルなら大丈夫と思い、ついつい安いものを買っていたのですよね。
5ml×5本で1,000円のものとか・・・。
これはこれで、そこそこまぁまぁだと思って、何度かリピしていましたが、ある時10ml×5本で1,000円というアロマオイルをみつけ、倍量なのに安い!と買ってしまいました。
なんにでもほとんど順応できる私が、このアロマオイルだけは・・・ダメでした。
匂いが変な油でも混じっているんじゃないかと思うくらい、ビミョー・・・というか、クサい。
安かろう悪かろう。
安物買いの銭失いとは、まさにこのこと。
このビミョーなアロマオイルのおかげで、生活の木のアロマオイルのことを思い出したのですから、私にとっては勉強代になったと思い、許すことにしました。
生活の木のアロマオイルは、1本3mlで648円ですが、楽天ショップでは3本セットで買うと送料無料でした。

柑橘系の香りが好きなので、レモンとグレープフルーツとオレンジスィートを購入しましたが、グレープフルーツの瓶を開けてみてびっくり!
本当に目の前に生のグレープフルーツがあるのかと勘違いするほど、いい香り!!
ああーーーー。
これまで私は、偽物の香りでまぁまぁ満足してたのですね。
生活の木のアロマオイルを知ったら、もう他では買えません。
ってなわけで、失敗しないアロマオイルの選び方について調べてみました。
【アロマオイルの選び方】
本当に信頼できるアロマオイルには、必ず表記されているものがあります。
■学名
■原産国
■抽出部位・抽出方法
■製造年月日
■品質保持期限
■ロット番号

特にロット番号では、産地や年や品質についての情報などの追跡調査ができるので、ロット番号がついているということは、高品質が保障されているってことなんですよね。
DSC00919.jpg
開封してからは半年以内に使うことが望ましいので、あまり容量が多くても品質が保たれない。
生活の木のアロマオイルが1本3mlだということも納得です。
ちなみに生活の木のアロマオイルグレープフルーツは、
■学名:Citrus paradisi
■原産国:アルゼンチン
■抽出部位:果皮  抽出方法:圧搾法
だそうです。
アルゼンチンのグレープフルーツの香りは、とてもとてもいい香りです。
これまで使っていた5本で1,000円のアロマオイルを、重曹のお風呂に入れるさいには、5~6滴以上は入れないと香りが楽しめなかったのですが、生活の木のアロマオイルはバスタブにわずか1滴でも、とてもいい香りがします。
容量が少なくても、使う量は少ないのだから、お値段的にもお得かなと思っています。
ただし、お風呂に入れたさいにはよーくかき混ぜてから入浴しないと、肌がピリピリすることもあり。
それくらい高品質ってことなんでしょうけどね。
ホンモノを見極めるためにも、まだまだいろんなことを勉強しないといけませんね。
というか、せっかくアロマテラピーの資格を持つ友人がいるんだから、話をちゃんと聞け!ってことですよね。はい。

タイトルとURLをコピーしました