牡蠣が食べたい!仙台港かき小屋は女性と財布にやさしいマイペースプランあり

スポンサーリンク

牡蠣のおいしい季節であります。
せっかく仙台に行ったのだから、牡蠣を食べよう!ということで、かき小屋へ行ってきました。
DSC00708.jpg
仙台港かき小屋は、他のかき小屋にはないマイペースプランがあり、私にとってはとてもよかったです。


【仙台港かき小屋】
仙台駅から車で20~30分。
仙台港かき小屋があります。
ここのいいところは、マイペースプランがあるってこと。
多くのかき小屋では、食べ放題プランしかないのに対して、仙台港かき小屋は、食べられる量だけの牡蠣を注文できるってこと。
食べ放題プラン2,700円、しかも時間無制限。
すごくお得ですが、牡蠣食べ放題で元がとれるほど、牡蠣は食べられないわー・・・という、人にはオススメのマイペースプラン。
牡蠣一皿8個で1,000円。
1個あたり125円。これでも十分お得感があります。
娘と2人で、牡蠣2皿、帆立2枚、白ハマグリ一皿5個を注文しました。
DSC00715.jpg
炭火で焼く牡蠣は、それだけでテンションが上がります。
DSC00712_201511151817358b2.jpg
5分間蒸し焼きにします。
5分の砂時計があるので、じっと砂が落ちることを待ちます。
軍手と殻を開けるナイフも貸してくれます。
焼きたての牡蠣は熱いので、注意しながら牡蠣の殻をパカっと開けます。
DSC00716_20151115181735ebf.jpg
牡蠣はちょっと小ぶり。
でも、焼きたてのアツアツの牡蠣はサイコーにおいしい!
お醤油とポン酢もありますが、なんにもかけなくてもおいしい。
海水の塩味だけで食べるほうが、旨みがあって私は好き。
DSC00726.jpg
帆立もおいしい!
DSC00719.jpg
白はまぐりはダシがよーく出て、すごくおいしい!
【牡蠣はしょっぱい】
最初の1個めの牡蠣を食べた時、あまりのおいしさに
「あれ・・・、これ8個で足りないかも。やっぱり食べ放題プランにしておけばよかったかも」なんて思いました。
ところが、2個、3個と食べていくうちに、牡蠣の天然塩分がとても効いていて喉が渇いてきました。
かき小屋に飲み物の持ち込みは禁止されていて、飲みたい場合はそこで買わなければなりません。
娘と2人で1本500mlのお茶を買いました。
牡蠣4個を食べ、そのあと帆立と白ハマグリを食べ、最後にまた牡蠣4個。
味に変化があって、おいしく食べられました。
しかし、喉乾くーーー!
周囲を見回すと、食べ放題プランの方たちは、バケツにザクザク牡蠣を入れて持ってきて(中央に牡蠣が山積みになっている牡蠣バーがある)、ビールやノンアルビール、お茶などどんどん追加で買ってます。
そりゃそうだよな・・・。
あんだけ牡蠣食べたら、飲み物ガンガン飲んじゃうよなぁ・・・。
牡蠣は海の塩分なので、嫌な塩辛さはないのですけどね。
牡蠣8個に帆立やハマグリ。
これで十分お腹いっぱいになり大満足でした。
【かき小屋でわかったこと】
牡蠣食べ放題2,700円。しかも時間無制限。
男性一人で黙々と食べている方もいます。
バケツにどんどん牡蠣を持ってきて、ジャンジャン焼いて、バクバク食べて・・・。
こんなんでかき小屋は儲けがあるんだろうか・・・と、ついつい余計な心配をしてしまいます。
マイペースプランの牡蠣8個で1,000円だって、十分に安い。
1個125円。
秋田の道の駅で売られていた牡蠣は、2個で600円でしたもんね。
でも、実際にかき小屋で牡蠣を食べてわかったことがあります。
それは500mlのペットボトルのお茶が1本200円だったってこと。
スーパーでは1本100円以下で売られているお茶です。
ビールやノンアルの飲料の値段は覚えていませんが、それだってきっとそれなりの価格でしょう。
つまり、かき小屋は牡蠣を破格で提供する代わりに、飲料で回収しているんでしょうね。
8個の牡蠣を食べただけでもめちゃくちゃ喉が渇いたもんなぁ。
牡蠣食べ放題の人たちは、おいしい牡蠣にビールやノンアル飲料がすすむだろうなぁ・・・。
それと、マイペースプランでは、炭代一人100円かかります。
こんなところでも回収するんでしょうね。
なーんて、旅先でおいしい牡蠣を心から楽しめばいいものを、家計を握る主婦はついつい損得勘定をしてしまうのでした。
DSC00710_20151115181732322.jpg
・牡蠣2皿(16個) 2,000円
・帆立1枚200円×2枚=400円
・白ハマグリ5個 700円
・お茶 200円
・炭代2人分 200円
合計 2人で3,500円

牡蠣を炭火で焼いて、自分で殻をむいて食べるというのも雰囲気があって、とっても楽しめました。
大満足の仙台港かき小屋は、小食な女性と財布にやさしいかき小屋でした。
そうそう、牡蠣を焼いていると牡蠣の汁が炭火に落ちて、バチバチと炭がはじけて灰が宙に舞います。
確実に洋服は灰をかぶりますので、汚れてもいい恰好で行くことをお勧めします。
それと、11月のこの時期、かき小屋といっても簡易テントを組み立てただけで、入口は開放されていますので、寒くないの?と思っていましたが、大丈夫ですよ。安心してください。
炭火の輻射熱で暑いくらいでした。

タイトルとURLをコピーしました