セキセイインコの換羽期 まるで元気のない様子とヤマアラシのような頭

スポンサーリンク

「カモーン!カモーン!」と、セキセイインコのソラが叫んでいます。
カゴに張り付いて、猛烈出してよアピールです。
DSC00684.jpg
少しばかり長く続いた換羽期が、ようやく終わりました。
インコの換羽期って、やっぱり元気がなくなり、体調を崩しやすくなるものだと、このたびつくづく思いました。


【セキセイインコの換羽期】
「換羽」という羽が生え変わる時期があります。
家の中で飼っているセキセイインコは、季節の温度変化を感じにくいため、時期や期間はその環境によりまちまちなんだとか。
この換羽期は、新しい毛が生えるためにたくさんのエネルギーを使うので、体力が消耗しやすかったり、体調を崩しやすいもの。
いつもより、あまり動かなくなったり、イライラしやすくなるんだそうで。
うーん。
まるで更年期のように、ホルモンバランスの変化で体調を崩しやすくなるのと一緒だなぁ・・・なんて、ついつい自分に置き換えて考えてしまう私ですが、そんな私はいたって元気で、なんのストレスもない(感じないのか?)。
セキセイインコのソラが、以前よりもカゴの中から出ようとしなくなったり、飛んでいる途中で失速し不時着するという場面が、何度か見られるようになったのも、これは歳をとったせいだと、単純に考えておりました。
【換羽期の特徴】
ある日、娘がソラをみて言いました。
「お母さん、ソラって換羽期なんだよ。だって頭の毛がこんなにツンツンしているもん」
DSC00394.jpg
なるほど。
言われてみれば、ソラの頭はまるでヤマアラシのような固い毛がツンツンしています。
「オレに触るとヤケドするぜ」と言わんばかりの、剛毛が生えているではありませんか。
これまでも、頭の毛がツンツンしていることはありましたが、ここまで激しいツンツンぶりはみたことがありません。
DSC00393_20151113231529bc4.jpg
ソラがここまで大々的に換羽期に突入したのは、初めてかもしれません。
換羽期の特徴として
・新しい毛(筆毛)が生えてくるのでツンツンしている
・体をふるわせただけで毛がふわっと落ちる
そうですが、ソラの場合はいずれも当てはまります。
その他にも
・カゴから出たがらない
・出てもじっとしていることが多い
・飛ぶ力がなく壁にぶつかることもある
なんていう状態が、1か月くらい続きました。
ソラ、6歳。
人間で言えば初老期とも言われるお年頃。
まさかここに来て、本格的換羽期かー。
それとも、これまでも何度か換羽期があっても、若さゆえに元気さ有り余って私が気づかなかっただけなのか?
【換羽期の過ごしかた】
換羽期は、相当体力消耗が激しいってことなので、なるべくそっとしておくのが一番です。
必要であれば、タンパク質やビタミン類を多めに補ってあげることも。
青菜は欠かさずあげること、タンパク質としてえさにきな粉をまぜてあげるのもいいのだとか。
換羽は自然現象なので、そっと見守るのがいいそうですが、極端に元気がないなどの時は、体のどこかに負担がかかっているかもしれないので、病院でみてもらうことも必要です。
【換羽期が終わって】
カゴの扉を開けても、出ようとしなかったソラが、最近「出してくれー」と猛烈アピールするようになりました。
DSC00681_2015111323153161e.jpg
なんだか以前にも増して、元気になったソラ。
そうか、換羽期が終わったのですね。
DSC00690_201511132316002a2.jpg
頭も、ツンツン頭ではなくなり、以前のフワフワの頭に戻ったソラ。
DSC00685.jpg
カゴの扉を開けると、猛ダッシュで飛び立ちます。写真ぶれまくり。
DSC00687.jpg
勝ち誇ったように上から目線のソラ。
換羽期以前よりも、元気になったような気がしますが、ひとつだけ以前と比べて変わったことがあります。
それは、吐き戻しをしなくなったということ。
あんなに毎日、鏡に向かってはゲロゲロ、お気に入りのマスコットに向かってはゲロゲロ、大好きな娘の足の親指の爪に向かってはゲロゲロしていた吐き戻し行為が、ピタリとなくなりました。
ソラも、やっぱり歳をとったのですよね。
まだまだ長生きしてもらうためにも、もっと注意して見守らなきゃダメだなーと思った、今回の換羽期の経験でした。

タイトルとURLをコピーしました